« 虹の湯柱~小浜歴史資料館(雲仙市小浜町小浜温泉) | トップページ | 「ぼくを探しに」「ビッグオーとの出会い」「人間になりかけたライオン」~シェル・シルヴァスタイン »

2012年1月31日 (火)

国崎半島(長崎県雲仙市南串山町)~素敵な海水浴場&「喫茶・国崎ふくろう」

  Photo

グーグルアースから見た国崎半島です(国東半島ではありません)。

長崎県雲仙市南串山町にある、小さな(私の家より少し広いが)半島です。真ん中の茶

色いところはジャガ畑です。南串山町はジャガイモの生産地として有名なところです。

さて、半島の突端付近、綺麗な白いところが分かると思いますが、海水浴場です。


ここがそうです。綺麗な砂浜と、透き通った海です。

P1290204

数十年前に何回か来たことがあるのですが、アースを見ていると何となく足が向いて。

ここへ来るには、漁港方面から海岸を辿って行く道、といっても数年前まではコンクリート

道を作ってあり、軽トラックくらいなら通れたのですが。

P1290180

今はこの通り、石が落ちてきてズタズタ、といっても行けないこともありません。足元に注

意すれば。海風に当たりながら歩いて行くのも楽しいものですが、ちょっと大変。


島原半島のここ一帯は約130万年に噴火した安山岩で出来ているそうで、この半島の入

り口あたりは輝石安山岩の土石流で固まった地層だそうです。また、対岸の13キロばか

り離れた有喜というところも同じ頃噴火したそうです。橘湾ができる以前は一つの大きな

火山だったと考えられるそうです。(島原半島ジオパークをひと筆書きで一周するより)

P1290191

土石流で出来た地層だそうです。


さて、もう一つの道は、数年前に出来たそうですが、半島の中央を縦断する道を行くこと。

海水浴場までは行けません。途中歩きです。(金持ちさんなら舟を雇って海水浴場まで直

接行けますが)

道が終わる頃十台くらい止められる駐車場があります。少し行くと、こんなところに一軒家

が、何だと思ったら、「国崎 ふくろう」という喫茶店でした。後で寄ることになりますが。

P1290253

この道を少し行くと。こんな階段と、坂が。下ること15分程度でしょう。(下るのは楽だった

が、登るのはきつかった。当たり前か。)

P1290196

下につくと、なんとトロピカルなことか。

P1290198_2

さっきの海岸を反対から撮ると。

P1290211

あまり、広くはありませんが、夏場はもってこいの海岸でしょう。そんなに知られてなく、車

横付けの、どこかの、芋の子を洗うような、大腸菌うようよの海水浴場とは違いますよ。も

ちろん、シャワー、トイレ付き。ただ、食堂がなかったみたいでご準備を。

P1290209 P1290213

小さいながらも灯台と、住吉神社(半島の先の方にあります)。文政二年建立だそうです

が、何回か建て変えられたそうです。言い伝えがあるようですが、武神であり、漁業者の

方には海上安泰の神様です。裏に回ると、二体の神様と立派な花立てが

P1290216  P1290221

右が花立てです。明治四五年の文字が左右の柱にありましたが、何方かの寄進でしょう。 

でも、この花立は立派な物で、これを見ただけでも眼福でした。


天気は良いし、暖かいし、海風は気持ちいいし、海岸独り占め。はやり、海は冬。天気の

良いときですね。夏来たって私は泳げないし。面白くもない。

しばし残り少ない人生のことを考え・・・(あと50年も生ききれば良いか)


さて、又、階段、坂道を上がったところで疲れて(年かな?)、先ほどの「フクロウ」さんへ。

登って来て暑かったので、外のテラスの方でコーヒーを。良い景色。中を見ると。なかなか

アットホームな感じ。

P1290245

P1290247

内装は、全部手作りだそうです。フクロウの飾りものが多かった。定年して、建てられたそ

うですが。ブログがあったので読んでみたら、ステンドグラスをかなり作っているみたいで、

ひょうっとしたらプロかな?

この、店は縁起が良いですよ。なにしろ「ふくろう」=「不苦労(ふくろう)」ですから。

苦労している方。失恋して悲しんでいるあなた。少し寒いけど、テラスで良い風景を見なが

ら、潮風にあったっていると辛い心も風が持って行ってくれますよ。初めての人は分かりに

くいのでホームページを「喫茶 国崎ふくろう」


« 虹の湯柱~小浜歴史資料館(雲仙市小浜町小浜温泉) | トップページ | 「ぼくを探しに」「ビッグオーとの出会い」「人間になりかけたライオン」~シェル・シルヴァスタイン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 虹の湯柱~小浜歴史資料館(雲仙市小浜町小浜温泉) | トップページ | 「ぼくを探しに」「ビッグオーとの出会い」「人間になりかけたライオン」~シェル・シルヴァスタイン »

フォト
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ