« 「とぎや」さん~雲仙市千々石町 | トップページ | 気になる言葉&「観櫻火宴」のお知らせ »

2012年1月20日 (金)

大掴(おおづかみ)源氏物語~小泉吉広

Photo

さて、好きな本を読む時間ができてきたので、長編をと思い、最初に中国の三大奇書とい

われる「三国志」から、吉川英治、宮城谷昌光、北方謙二と3種類、「水滸伝」「西遊記」と

読み、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」「翔ぶが如く」「坂の上の雲」と読み続けたのですが、日

本古典の代表作も読まなければと思い「源氏物語」に挑戦しようと思い立ったのですが、

原文はとても無理。高校の古典の時間で「いづれの御時にか、女御、更衣あまたさぶらい

たまいけるなかに・・・」と最初の部分だけは不思議と覚えているのですが。


訳本も現代語訳は与謝野晶子をはじめ、何十種類と出てはいるのですが、とにかく人間

関係だけでも複雑で。

芸能人の相関関係図より複雑でないの?

Keizu

(「カラダで感じる源氏物語」より)

いきなり取りかかるより、概略を知って読んだ方がと思い。

Photo_2
なにせ、本の裏表紙の解説が気に入りました。


■「源氏物語」はエロ本である。どんなにエロテックか、そしていかに現代的であるか、をあ

ますことなく暴きだす。気鋭の古典エッセイストの『源氏物語』論。「病気好き」「ブス好き」

「コンプレックス」だらけの男たち、「ストレス過多」で、「拒食症」でその中で自己を見出して

いく女たち、当時の時代背景、経済事情まで解説し、さらにオナニーにも使えると喝破す

る。(解説 小谷野敦)


と書いてあるではありませんか。解説にしてはなんと過激な、特に最後の部分は。

読んでみて、なるほどと思ったので、さっそく大塚ひかりさん訳の本を買ってきました。

Photo_3

読み始めたのですが、なかなか進みません。進まない訳をつらつら考えるに、要するに、

「光源氏」なんて、私よりもてる男の事が嫌いなのです。女から女を渡り歩く男が気に入ら

ないということが原因で、読み進めないということがわかったのです。

某国のゴルファーのタイ○ー・○ッズがセックス依存症と言われましたが、光源氏の方が

ひどいんではないですか?

ということで、読書は中止しましたが、日本人としては大体の事は知っておいた方が、と思

い手に入れた本が「大掴源氏物語」この「大掴(おおづかみ)」と言うのが良いですね。

中は、漫画ですが、ちゃんと抑えてある所は抑えてあります。

作者は「ブッタとシッタカブッタ3・なんでもないよ」で第45回文藝春秋漫画賞を受賞した

小泉吉宏です。

Photo_7

2

いずれにしても、大掴みの事はこれで分かりました。まあ、気が変わったらまた挑戦しよう

と思いますが、とにかく、もてる男は嫌いだ!



« 「とぎや」さん~雲仙市千々石町 | トップページ | 気になる言葉&「観櫻火宴」のお知らせ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/53781535

この記事へのトラックバック一覧です: 大掴(おおづかみ)源氏物語~小泉吉広:

« 「とぎや」さん~雲仙市千々石町 | トップページ | 気になる言葉&「観櫻火宴」のお知らせ »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ