« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »

2011年8月21日 - 2011年8月27日

2011年8月27日 (土)

農業のこと

少し涼しくなったと思ったら、また暑さがぶり返しました。

一万歩歩いています。コレステロールが高いとか脂肪肝だとか医者に言われたので、意地

になって、倒れても歩くつもりです。

でも、木陰に入ったり、田んぼからの風が来ると何となく、秋を感じます。

神社で銀杏が落ちていました。

P1040320

田んぼは2~3日ほど前稲穂が出てきたと思ったのですが、あっという間に全部出そろい

ました。

P1040316_2

あと少しと言うところですが、大きな台風が来なければ良いのですが。


今の農業は、ハウス栽培が多くなっています。

P1040325_2

ここではミニトマトを作っています。ここの半分くらいのところで、親子3人植え付けをしてい

る方に聞いたら2500本ほど植えるそうです。中はこんな感じです。

P1040312

このビニールの穴に一本一本苗を植えていきます。この暑い中、風も入らないビニール

の中で作業をするのですからどれだけ大変か、実際に作業をした人しか分からないでしょ

う。

このミニトマトは冬に皆さんの食卓に出るものです。元来トマトは夏の野菜ですが、こうして

育てられ冬にも食べられるのです。

P1040306_2

上はアスパラガスです。私の家でも五株ほど植えていたのですが、3年ほど楽しみました。


P1040311_2

今、整地中のビニールハウスですが、多分、イチゴかスイートピーを植えるのでしょう。

皆さん方のクリスマスに間に合うように。本当はイチゴは春の果物ですが。

いつも草が生えている土手の所に行ったら綺麗に払っていましたが、

P1040339P1040342_4

払っているのは女性の方。たった一人です。農家では女性も労働力なのです。

農家の親はそのしんどさを知っているので娘を農家に嫁がせたがりません。娘さんももち

ろんです。

おかげで40~50歳の独身男性はごろごろいます。


甥も、妻にしんどい仕事をさせているから、少しでも給料をやりたいのだが、と言っていまし

た。私は「体で払えば」と言ってしまいました。もちろん冗談でですよ。冗談。でも「なるほ

ど」と言っていたので、後は知りません。

知人のと話をしていると今日は、自分と、ばあちゃん、子どもの3名で2~3万個タマネギを

植るそうです。明日は400ばかりカボチャの苗を植えると言っていました。

そう儲かる仕事でもありません。野菜を食べるときは味をかみしめて食べてください。


私のかみさんは5人兄弟、3名が専業農家ですが、兄弟会で連れ合いも含め10名集まる

と、お前たちサラリーマンは良いなと始まりますが、最後には「やっぱ、百姓は面白かもん

な」「そうそう百姓が一番たい」「誰に頭も下げんで良かし」と言う結論になってしまいます。

やはり、農業には農業の楽しみもあるのでしょう。


私のかみさんが小さい頃(今と違って可愛いらしかった頃)、父親が田植えが終わったば

かりの田んぼを小高い所からずっと眺めていたそうです。

「なにしているの」ときくと「綺麗かろが、ほら、綺麗かろが」と言って、いつまでも見ていたそ

うです。


2011年8月26日 (金)

雲仙で八十八カ所めぐり

久しぶりに用事があり雲仙に来て、あちらこちらぶらしぶらり。

一乗院の釈迦如来像を見たことが無いので行って見ました。

P1040241_2

高さ約5m金箔張りです。もちろんお賽銭をあげお祈りを捧げ、許しを得て(お釈迦様に)写

真をパチリ。

さて、外へ出て何気なく見るとずらりとお地蔵様。

P1040242

何だろうとみると

P1040244P1040247_4

四国八十八カ所のご本尊様の像なのですね。

P1040246P1040250_5

P1040250_6裏を見ると寄進者の名前等が入っていましたが、薄れてよく見えないのもありました。

左の方には、寄進者の子孫の方でしょうか、花が添えてありました。


釈迦堂からの階段を上がるとそこにもずらりと仏像が。

P1040255

その広場から道があるのでたどっていくとそこにも点々と仏像が。

P1040258_4P1040262_3


最後はどこに行くかと思うと

P1040263


歴代住職さんのお墓でした。


しかし、なんでこんな所に四国八十八カ所の仏像がと思い、あちらこちらで聞いて回ったの

ですが要領が得ません。

最後に思いついたのが、「お山の情報館」。なんと、ここの職員の方に、一乗寺の血縁の

方がおられました。。

話に寄れば、何代前の住職さんか分かりませんが、四国八十八カ所を巡り、自分の所か

ら四国まで行くことは、困難であり、同じような事ができないかと思い立ったそうです。

多分寄進者の方を募り、作ったのでしょう。

長崎でも、諫早でも四国まで行かれない方のために、長崎八十八カ所、諫早八十八カ所

があり、そこを全部回ると四国巡礼と同じ功徳が得られると言うことですが、それと同じ事

でしょう。

雲仙を訪れた方、この際です、是非八十八カ所巡礼をされては。一時間もかかりません。

それで、四国巡礼の徳が得られると思えば楽なもんです。


調べるのに半日かかりましたが、最後に一乗院の血縁の方に会えたのは何かのご縁みた

いな気持ちがしました。、

なお、一乗院は歴史の変遷がありますが、下の写真をクリック拡大してお読みください。

P1040236_2

なお、一乗院と満明寺の古い階段でしょう。私は何となく、古い階段に愛着を持つのです

が。左が一乗院右が満明寺です。

P1040267_2P1040282_8

ところで私、八十八カ所巡りのCDをもっていて時々聞きますが鄙びて良いですね。

P1040303_2


第一番 霊山寺

       霊山の釈迦の御前にめぐり 来て よろずの罪も消えにけり

第二番 極楽寺

       極楽の弥陀の浄土行きたくば 南無阿弥陀仏とくちぐせにせよ

第三番 金泉寺

       極楽のたからの池を思えただ 黄金の泉すみたたえる



最後まで書くと朝までかかるので、興味のある方は自分でCDをお求めください。

 

2011年8月25日 (木)

(愛)全国亭主関白協会だよ

全国亭主関白協会と聞いて、反感を持たれる女性の方、また、「そうだ」男が威厳を持たなけ

ればと思う男性の方、どちらも間違っていますので最後までちゃんとお読みください。

最近TV等で取り上げられ、徐々に浸透はしていますが、まだ、本来の精神が理解できていな

いようです。亭主関白というとちゃぶ台をひっくり返すイメージがあるみたいで・・・


リンクは下に張っておきますが、会長の言葉を書いておきます。

「全国亭主関白協会」としているから、かなり誤解を受けている。

そもそも、関白の語源をひも解けば、時の権力者の2番目の位。 つまり、亭主関白も家庭で

はカミさん(神)に頭のあがらない2番目の位置。 考えれば、すぐわかる。

もし、愛妻が神でなければ、毎日毎日、次から次へと亭主にこれほどの 試練を与えるはずが

ない。古い亭主関白達は、歴史的認識が甘かった。亭主関白が一番エライと勘違いして「風

呂、メシ、寝る」で事を済ませていたのだ。云々

後は、会長の歴史的認識をお読みください。


さて、会員になるには検定試験があります。インターネットでできます。あと、会費800円納入

すれば 認定書と会員書が送られてきます。私は残念ながら2級しかなれませんでした。

段位クラスの人はかなり難しいみたいです。

P1040224

P1040226_2

会員書はカードサイズですから私はいつも免許証入れに入れています。いつも裏側に書いて

ある事を心に刻みつけるために。

P1040229_2

愛の三原則、良いですね。最後の「愛してる」は近頃の若い夫は平気で言っている見たいで

すが私の世代は、なかなか照れくさくて言えたものではありません。


    わが妻よ愛していると言いたくて30年の日々の過ぎゆく  by sugikan


いつか言ってみたいと思っているのですが、まあ、鼻の先であしらわれるのがおちでしょう。

ホームページには、三原則がいろいろ書いてあります。「夫婦・ウル・オス三原則」「お返事三

原則」等々、三原則ばかりなのですが、会長曰く「人間三つ以上のことは覚えられない」まっ

たくその通りですね。「成功する100の原則」なんてありましたが、読んで成功した人はまあ

いないでしょう。


ホームページ「愛妻の素晴らしき進化年表」は是非お読みください。笑えますよ。

それなりの年の方はうなずけるし、(私の所もまったくその通りでした。)新婚の夫の方はこれ

を読んで心の準備を。最初は一つだけだったあのですがいつの間にかパート6まで増えてい

ましたが・・・


「風呂、メシ、寝る」で済ませているあなた。熟年離婚の地獄が待っていますよ。早く協会に入

って生活態度を改めましょう。



                    全国亭主関白協会





2011年8月24日 (水)

千々石海岸・晩夏~マイ・ウォーキングロード2

まだ東京に住んでいた頃、湘南海岸に行きました。晩秋。誰もいない海でした。ボンヤリ座

っていると遠くに白い洋服を着た美少女(顔は見えませんでしたが、白い服を着た少女は

美少女に決まっています)が白い小さな犬を連れて散歩していました。湘南海岸、美少女、

白い小犬。まるで映画の一シーンを見ているようでした。


マイ・ウォーキングロード、千々石海岸は雑種犬を連れたおばさんばかりです。何とかなり

ませんかね。せっかくの「日本の自然100選」「日本の白砂青松100選」に選定された

ところなのですから。

海水浴場も終わり、釣り人が2~3人だけでした。

マイ・ウォーキングロードです。2往復で一万歩になります。

P1040137

今日の海岸は特にひどかった。精霊船まで流れ着いて。

P1040109

P1040104

ここは橘湾の一番奥だからゴミがたまりやすいのでしょうか。潮の満ち引きで綺麗な砂浜

にもなるのですが。

すこし面白い流木があったのでお楽しみください。

P1040130_2P1040126_2

P1040110_2P1040113_12

さて、この流木はまた沖に流されていきますが、後はどうなるのでしょう。波に揉まれ朽

ちて散り散りになり、消滅するのでしょうか?

自分を見ているようです。かみさんに揉まれいつか消滅する自分を・・・


夕方、田んぼを歩いていたら稲穂が出始めていました。

P1040157_3

爽やかかで良いですね。かみさんにもこんな爽やかな時代があったのですが。






2011年8月23日 (火)

あたり前田のクラッカー

ありました、こんな所に、ココウォークは、だがし夢や。

P1040050

(写真は70g、他に110g、180gあり)

「あたり前田のクラッカー」です。一斉を風靡したことがありましたね。これを知っているあな

た、世代が分かりますね。

1960年代「てなもんや三度笠」という番組がありました。TV局もまだVTRが無かった時代

で、ぶっつけ本番の舞台劇でした。主役が藤田まこと、脇役が白木みのるでした

藤田まことは「必殺シリーズ」で皆さんご存じだと思いますが、その藤田まことが、懐から前

田のクラッカー(ただし写真のではなくランチクラッカーでしたが)を出し「俺がこんなに強い

のも、当たり前田のクラッカー」と言いながらカメラに差し出すコマーシャルでしたが、これ

で人気商品になったのです。

これが、ここ数年見当たらなかったので会社が潰れたものと思っていたのですが、去年、

近くのマルキョウで見かけたので買っていったのですが、これが、うまい。

2~3日していったらもう全部売れ切れ。それから、数ヶ月してコスモスというスーパーに行

ったら置いてあったので買っていったのですが、またもや2~3日するともう売り切れ。

思うことしばし、この世の中「前田のクラッカー」の隠れファンが多いのではないか。


さて、今一番見受けられるのが



P1040049

P1040060_4

これを比べるとRITZは約4.5cm,で4g、前田クラッカーは約2.2cm×2,5cmで1g。

これが何に影響するかというと食べ屑に影響するのですね。前田クラッカーは一口で食べ

られます。RIYZは男子は一口で食べられますが、女性は上品ぶって、失礼、上品に二つ

に割るか、二口くらいで食べるでしょう。その時、どうしても割れた屑が出るのですね。子ど

もならなおさらです。他のクラッカーでも試しましたが、やはり一口で食べられるのは前田ク

ラッカーだけでした。食べ屑はあまり気持ちの良いものではないですね。

味は好き好きですが、私はやはり前田クラッカー派です。



さて、この会社あまりPRは見受けられません。大阪が本社なので関西ではどうか知りませ

んが、長崎でPRはまったく見たことがありません。

この会社のスローガンが「品質本位」「無声呼人」(むせいこじん。声無くして人を呼ぶ。徳

のあるところには呼ばれなくとも人は集まってくる。)です。良い商品はPRをしなくても売れ

ると言うことでしょう。

ところで、この会社のドメインはhttp://www.atarimaeda.comです、「あたりまえだ」というとこ

ろが面白いですね。

ところで、三袋かってきて二袋食べたのですが、もう一袋行方不明です。さては、かみさん

が・・・


2011年8月21日 (日)

八手観音~西有家?北有馬?

雲仙から西有家へ下る道を行くと、北有馬へと分かれる道があります。この分かれ道に八

手観音があります。千手観音は聞いたことがあるのですが、八手観音とは?


先日「論所原」のところでもその意味を書きましたが、ここの八手観音がどこの市町に属す

るかも良く分からないのです。

P1030541_2


いろんな地図で確認すること半日、この観音様の敷地に沿って南島原市に属すると言うこ

とがやっと分りました。昔は、ちょうど、西有家、北有馬、小浜に接するところで、南島原市

なら北有馬町か西有家町でしょうが・・・

P1030542_2

これだけ立派な観音様なら、由来などが西有家か北有馬の町史(町誌)に載っているはず

なのですが、どちらにも名前さえ記載がありません?バス停が近くにあり北有馬町丁にな

っていたのですが、道一本で町が分かれる所です。バス停が北有馬で、八手観音が西有

家という可能性もあります。どちらでしょう?しかし、北有馬町に3年ほどつとめていました

が、八手観音については一度も話は聞いたことはありませんでした。もっとも北有馬町な

ら国指定の日野江城の調査で手一杯ですから・・・


中を見ると、思わぬほど綺麗にしてありました。

ちゃんとお賽銭を入れお祈りし、お許しを得て写真をバチリ。恐れ多く、ご本尊様までは写

真に撮れませんでした。

P1030546

P1030545_3


これを見ると手足が不自由な方が祈願に来られる観音様なのでしょうか。

不自由な自分の手で作られたのはないのではないでしょうか。

P1030543_2


クリックすると写真が大きくなります。

管理人さんがユーモアのあるかたなのでしょう、観音様の話をウルトラマンでたとえ話を書

いておられます。

由来についてはまた調べに行きたいと思います。





« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ