トップページ | 2011年7月10日 - 2011年7月16日 »

2011年7月3日 - 2011年7月9日

2011年7月 9日 (土)

夏だ!ところてんだ!便秘にもいいよ!

「ところてん」は「心天」とも「心太」とも書きます。良い字ですね、「天」の「心」、「心」が「太」い

何かその姿とはちぐはぐですが・・・

ところてんは、海草類で作りますが、乾燥させた海草ををゆでて溶かし(寒天と同じ作り方)

冷やし固めたものです。

腸の中で消化されないため整腸効果があり、便秘にも良いそうです。(そういえば数年前寒

天ダイエットがはやり、店から粉寒天が全部姿を消したこともありましたが、寒天も海藻から

作るのでところてんも同じ効果でしょう)また、カロリーが少ないため、私もダイエットをして空

腹に耐えられないときはところてんを食べたものです。

最近は店屋さんでもあまり見かけないか、片隅にひっそりおいてあるだけです。なにか寂しい

気持ちがします。

ところで千々石のところてんやさんも開店しました。開店といっても毎年7月から9月までで

すが。この店が開くと夏が来たなと思います。

Tokorotennya

あるのは、ところてんとラムネだけです。

Ramune

もちろん手作りで、近隣の町にも有名で、わざわざ買いに来る方もおられます。

こんな感じで冷やしています。上にうっつているのはところてんを突き出すものです。

店には電気クーラーはなく、自然の風のクーラーです。

場所は千々石のヤマト醤油さんから少し入ったところ。

店で食べても良し、持ち帰っても良し。今日家で青のりを少し振りかけて食べたらお

いしかったですよ。

夏です!ところてんを食べましょう。

2011年7月 8日 (金)

田んぼの風

田んぼの中を歩いてきました。田んぼの中を渡る風はとっても気持ちよく、心身ともにすっ

きりとしてきます。

田植えの前は、あちらこちらから田に水を引く音がして、田植えのシーズンが来たこと

を感じさせます。

           水音の今年も田植え始めかな   by sugikann

田植えも昔は集落全員協力しながら、大勢でしたものですが、小昼(10時か3時頃食べる

おやつ)には誰かが作ってきた田舎まんじゅうを囲んで話をし、田植えが終わると「さなぶ

り」といって全員集まり、飲んだり食ったりして馬鹿話をして楽しかったそうです。

今では、広い田も一人でトラックターと田植機を使って植えてしまいます。田植機は一年に

一回の出番です。2~3日の役目が終わるときれいに洗われ、納屋にしまわれます。

            田植機の今は静かに納屋のなか by sugikann

人と人とのつながりがだんだん薄くなっていくのは都会だけの話ではないでしょう。

しかし、実際に農業をやっている方に聞くと、仕事は昔より格段に楽になったそうです。

どちらの方が良いのか、わたしは実際に農業に携わっているわけではないので、なにも

いえないところです。

でも、田舎においても、新しい、人と人とのつながりを考えなければいけないい時代だとは

思います。

Tannbo1

植えられたばかりの時は、頼りげなかった苗もだんだんしっかりしてしきました。思春期の

成長著しい子供たちを見ているみたいです。稲がだんだん育ていくのを見ているのは気持

ちがいいものです。

2011年7月 7日 (木)

日本一小さな水力発電所げな?

Hatudennsho1

千々石の第3発電所です。発電力では日本で一番小さな発電所げな(※注 げ

な)。

千々石の国道下の谷間にあります。

確かに九州電力電力の九州管内水力発電所資料をを見れば九州内では一番

小さな発電所です。

長崎県内では、8カ所の水力発電所がありますが、そのうち5つの発電所が

千々石にあります。

松浦水力発電所700.000KW、相浦発電所875,000KW、鰐川発電所

320KWだそうです。

千々石は第一発電所170KW、第二発電所150KW、第四発電所330KW、第五

発、電所120KW、そして第三発電所が65KWです。大正7年から運用を開始し

ています。

これに続いて小さいのが熊本県の下滝下水力発電所で68KWで34軒分の電気

をまかなっていたそうです。

Photo

このような送水管から、水を流して発電機を回します。水源がどうなっているの

か見にいきたかったのですが、フェンスがはられて入れませんでした。若いころ

ならよじ登ってはいていたのですが・・・

さて、これに対して、玄海原子力発電所では1号機から4号機まで合わせて電力

出力3,478,000KWだそうです。3,478,000KW対65KW、横綱と幼稚園生

の相撲にもなりません。

いま、原子力発電に対して賛否両論ありますが、こんな小さな水力発電があり、

私たちの家に電力供給をしていることを忘れてならないでしょう。

原子力発電の危険性が分かった今、いろいろな発電の可能性について、この発

電所をみて考えています。

※げな~自分で見たり確認した事ではないが、他人から聞いた噂話など等を           

      するとき使う言葉「あん(あの)二人はよか(良い)仲げな」

      「あん人はげなげな話が多して。」 と言うように使います。        
     

 
さて、これを書いたのは7月でしたが、もう一度調べると、福岡県の筑後川支流の栗木 

 野発電所が60Wで千々石が5W負けていました。申し訳ありませんお詫びいたします。

 はやり、私のは「げなげな」話だったみたいです。(^-^;


またまた訂正ですm(_ _)mもっと小さいのがありました。9月21日のブログを見てく

ださい。

申し訳ありません。(9月21日訂正)





2011年7月 6日 (水)

千々石(ちぢわ)です

Chidiwa1

千々石町(ちぢわちょう)です。雲仙の麓にあります。7町合併で雲仙市千々石町になりました。以前は、南高来郡(みなみたかきぐん)千々石町でした。

東京から荷物を送るとき、伝票に住所を書いたら「みなみこうらいぐんせんせんいしちょうですね」といわれ、落ち込みましたが、こちらで東京の「狸穴」を「たぬきあな」と読む人がいることを考えると同じようなものですね。地名の読みはなかなか難しい所があります。

「町」とかいて「まち」と読む場合と「ちょう」と読む場合がありますが、長崎県では「愛野町」「加津佐町」「宇久町」「厳原町」の4町のみが「まち」と読み後は全部「ちょう」と読みます。

皆さんのところではどうでしょうか?

出身は長崎市内ですが、結婚詐欺(妻にだまされて)にあって妻の住んでいる千々石町に住むことになりました。住んで30年近くになります。

プロフィールに書いているように、趣味は多かったのですが、どれもこれも中途半端なものばかりになりました。このブログもどうも中途半端なものになりそうですが、適当にお付き合いください。

トップページ | 2011年7月10日 - 2011年7月16日 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ