« ありがとう | トップページ | ケーキの思い出~悪夢の一日 »

2011年12月 1日 (木)

秋の収穫祭(キノコ)&「雲か山か」~雲仙市愛野町

P1060888

先週の日曜日でしたが、たまたま、愛野から島原のグリーンロードを走っていたら、「雲仙

きのこ本舗」という、キノコ栽培をしているところで、収穫祭をやっていたので立ち寄ってみ

ました。いつも、この道は通っていて遠くから工場は見ていたのですが。

この犬、作り物ではなく、本物です。お出迎えです。

P1060882 P1060883

収穫祭はなかなかのにぎわい。プチきのこ詰め合わせ500円と、きのこ鍋のスープを買

ってきました。

P1060887

見学会もあったので、一緒に参加してみました。

P1060893 P1060890
P1060908 P1060895

P1060897P1060901


やはり、キノコ作りは種類によって湿度、温度管理が違い、工場管理もかなり厳しいものの

ようでした。

P1060911 P1060912

特に右側「酸素欠乏危険作業主任者の職務」まで貼ってありました。すごいいですね。「酸

素欠乏危険作業」とは。(クリックすると大きくなります)

ナメコ、エノキダケ、舞茸、エリンギ、椎茸を作っているそうですが、エノキダケは九州での

生産の80%を占めているそうです。きのこだけでなく、素麺、うどんなどの即席麺も作って

いるそうです。

工場に入ったのは初めてで良い経験でした。企業秘密の所はしっかりと見せてもらえませ

んでしたが。日曜気はキノコ鍋でした。ヘルシーでなかなか、いけますね。

P1060923

さて、工場の横に直営店「雲か山か」があります。

多分、頼山陽の漢詩「泊天草灘(あまくさなだにはくす)」の最初の行「雲耶山耶呉耶越・・・

(くもかやまかごかえつか)」によったものでしょう。

Photo

そともなかなかのガーデニング。興味のある方はご参考に。


今日12月1日は病院へ。帰りがけ思い出して店に入ってみました。商品の販売コーナーも

あるのですが、一階の食事所です。ちょっとしゃれてますね。

P1070048_3

頼んだのは「養々麺定食」。炊き込みご飯、きのこの天ぷら、自社製品の養々麺でした。

養々麺はお湯をかけて3分間の即席麺ですが「おぬし、なかなかやるな」という感じでし

た。

箸の下にちらっと見えているのは、京都の一休堂の天然薬味です。

P1070053_2

さて、コーヒーを2階で。なかなか良い感じ。

P1070060_2 P1070059_2

窓からは、多良岳が。本でも読むか、ブログの下書きでもするか。落ち着いたところです。

P1070071_2

もう一つ、店の中できのこ狩りが出来るのです。市価より安く、何より取り立てが魅力です

ね。

P1070082_2

入り口の看板ですが、少し地味なので注意を。愛野町~島原市のグリンロードの愛野口

からすぐ入ったところです。

P1070088_2

通りががっかたら寄って見ませんか。

« ありがとう | トップページ | ケーキの思い出~悪夢の一日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

食生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/53349458

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の収穫祭(キノコ)&「雲か山か」~雲仙市愛野町:

« ありがとう | トップページ | ケーキの思い出~悪夢の一日 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ