« 橘神社(雲仙市千々石町)/世界一大門松完成~速報・本日、大門松竣工清祓式挙行 | トップページ | この一曲~高石ともや/野の花のうたが聞こえますか »

2011年12月24日 (土)

餅つき機?餅こね機?

さて、正月といえば、お餅。

昔は、杵と臼でついて、一家中、一日がかりでつくったものでした。人手もいりました。

いまは、スーパーに行けば、パック入りの餅がいくらでも手に入る時代。杵と臼を使った餅

つきは、テレビで見るくらいで、経験したことがある方は少ないでしょう。杵のつき手と、臼

のこね手のタイミングは以外と難しく、私もやってみましたが、危なくて止めました。

いまは、家庭用の餅つき機があり、蒸すところから、つくところまでやってくれ、便利になり

ました。これなら、小家族の所でもできますね。

Dscn0722

昔は、義弟のところで大人4人子ども4人の8名で、わいわいやっていたもんですが、いまは

夫婦二人で内職みたいな感じでやっています。

Dscn0724_2 Dscn0727_2

左は、まだまだ、右はできあがり。まるで奥様の肌のように、真っ白で、すべすべで、ふっく

らしたお肌。(単なる太り過ぎの肌か)。 失礼しました。bleah

こうしてみると、餅つき機?餅こね機?

さて、できあがったら、桶に取り、ちぎりますが、ちぎっていく仕事が大変。とにかく、熱い上

に、分量も揃うように、ちぎっていきます。だいたい、お年寄りの仕事でした。

Dscn0729_2 

Dscn0733_4

今日は、あんこ入りの餅ですからあんこを包みます。

Dscn0739 Dscn0735

後は、綺麗に丸めていくのですが、これが何とも楽しいのですね。感触がまるで若い女性

の肌のような感じで。heart02

Dscn0734_4

Dscn0741_2

さて、できあがりです。形も若干不揃いですが、まあ、一年に一回の事ですから。

子どもも結構喜びますよ。皆さんの所もどうですか。買った物よりおいしいのは請け合いま

す。あんこも自家製で甘さを抑えて結構なお味でした。

でも、はやり杵と臼の餅にはかないませんね。ところで、機械の名前を見たらちゃんと「餅

つき機」と書いてありました。「餅こね機」ではありませんでした。

昔みたいな杵と臼で、ぺったんぺったん、とする餅つきは段々無くなっていくのでしょうね。

昔は、朝から味噌汁に入れて10個食ったとか言う話も、田舎ではざらにありましたが。

若い人は、あまり餅も食べなくなったみたいだし・・・・



« 橘神社(雲仙市千々石町)/世界一大門松完成~速報・本日、大門松竣工清祓式挙行 | トップページ | この一曲~高石ともや/野の花のうたが聞こえますか »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

正月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/53558891

この記事へのトラックバック一覧です: 餅つき機?餅こね機?:

« 橘神社(雲仙市千々石町)/世界一大門松完成~速報・本日、大門松竣工清祓式挙行 | トップページ | この一曲~高石ともや/野の花のうたが聞こえますか »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ