« 唐比ハス園の冬~諫早市森山町唐比 | トップページ | 愛宕山神社(雲仙市小浜町)~絶景かな絶景かな »

2011年11月19日 (土)

この一曲~夢にみたヒルビリー天国/アニタ・カーター

Photo

今日は雨、長崎の病院まで行ってきました。雨にも関わらず患者さんが多く、2時間ほど待

たされました。

お医者さんと話をしていると、今年は特に天候不順で体調を崩す方が多く、緊急の患者さ

んが多く、また鬱の患者さんも多いとか。皆様も心身とも注意してください。

さて、帰りがけ昼食に何気なく入った店が、アメリカ開拓時代の中西部をイメージした店と

か。なかなか雰囲気のいいお店でした。

P1060591_4

外の雨を眺めていると、店の中にカントリーミュージックが。

アメリカ音楽も、単純ではなく同じように聞こえても、カントリーミュージック、ウェスタンミュ

ージック、ブルーグラス、カーボーイミュージックなどいろいろあります。私も詳しくはありま

せんが、その種類の音楽が流れていたのです。



その時、ふと思い出したのが、アニタ・カーターの「I DREEAMED A HILLBILY HEAVEN」

(夢にみたヒルビリー天国)でした。1955年録音で、日本でも一時はやりました。カントリ

ーの黄金期でしたっけ。(このCDの一番最後にはいっています)

1995年はあの1960年安保の直前の時代、私が小学校に入ったころ。まだ、日本が熱く

動いていた時代。そして、アップルのスティーブ・ジョブズが生まれた年。

歌は女の子が夢の中で、いろんな有名歌手に会うという単純な歌ですが、その、可憐な歌

声、有名人に会った感動が、心から伝わってくる歌です。一回聴いただけで、忘れられなく

なる曲です。

夢の中で会った人物、ジミー・ロジャース、フレッド・ローズ、ハンク・ウィリアムス、チェット・

アトキンス、エディーアーノルド、テックス・リッター、レッド・フォーリー、マーティ・ロジャース

確か皆なくなってしまったのではないでしょか。(?)

アニア・カーターはあのオリジナル・カーター・ファミリーの血筋に当たるそうですが。

カーター・ファミリーの歌といえば、高石ともやが一時歌っていたことが・・・高石ともやとい

えば「受験生ブルース」・・・ちょうど私が浪人をしていた時・・・その次の年東京へ・・・彼女と

の出会い・・・そして別れ・・・青春まっただ中

秋の日の雨を見ていると、取りとめのないことが連想的に思い出されます。






« 唐比ハス園の冬~諫早市森山町唐比 | トップページ | 愛宕山神社(雲仙市小浜町)~絶景かな絶景かな »

この一曲」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/53276145

この記事へのトラックバック一覧です: この一曲~夢にみたヒルビリー天国/アニタ・カーター:

« 唐比ハス園の冬~諫早市森山町唐比 | トップページ | 愛宕山神社(雲仙市小浜町)~絶景かな絶景かな »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ