« 大黒天・磨崖仏~雲仙市小浜町雲仙 | トップページ | 天祐寺~諫早・諫早家墓所① »

2011年11月23日 (水)

14歳からの精神医学~心の病気って何だろう/宮田雄吾

最近、心の病気が大きな問題になっています。昔は精神病院というと周りの人にへんな目

で見られましたが、特に心療内科ができたおかげで、病院にかかるのが昔ほど負担には

ならなくなったようです。

笑い話のようなことですが、私自身も、3年ほど前から隣の犬の鳴き声で(ひどい時は2~

3時間ほど間歇的に鳴く)、ひどい時は手が震え、動悸がひどくなることがあり、心療内科

や精神科に通っている有様ですが、患者さんが意外と多いのに驚きました。

お医者さんと話をしていると、先生も犬の鳴き声で神経症になった経験があったとか、お互

い笑ってしまいました。また、以外にもこの手の患者さんが多いとか。


さて、私も心理学を学んだだけに、この手の本を見るとなんとなく手に取りたくなります。

Photo

本のプロローグにこう書いてあります。少し長くなりますが、

『日本において、何らかの心の病気にかかった経験がある人は17,2%。実に5.8人に1

人にも及ぶ。このように、心の病気は誰でもかかる、ありふれた病気なんだ。

それに心の病気の半分は、体の一部分である「脳」の働きが、一時、悪くなったために起こ

ると言われている。胃が悪くなったりするのと同じように、脳だって働きが悪くなることはあ

る。体の病気が性格と関係なく発生するように、心の病気も”心の強さ”や”性格”とはなん

の関係もない。』


この本は、心の病にかかった実例をアレンジして書いた部分。症状と原因の部分。そして、

ここが一番大事なのでしょうが、友達が、親が、心の病にかかったときどう対応したら良い

のかについて分かりやすく書いてあります。どうかすると、私たちが間違った対応法を

取っているかも分かると思います。


ちなみに、書いてある病、内容は<摂食障害><社交不安障害><脅迫性障害><うつ

病><双極性障害><統合失調症><不登校><暴力行為><リストカット><多量

服用><ストレスにつよくなるために><おもいつめない><トラウマに支配されないた

めに><心の病気を早期発見するために><エピローグ~君の生きる意味を見つけよう

>です。

書名は難しいようですが、14歳の時期の子どもたちに向けて書かれた本で分かり易く書

いてあります。14歳の時期の方でなく、保護者の方も一読して頂ければ、心に病のある子

どもたちのことだけでなく、思春期の子どもの心のあり方がよく分かると思います。



« 大黒天・磨崖仏~雲仙市小浜町雲仙 | トップページ | 天祐寺~諫早・諫早家墓所① »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/53315671

この記事へのトラックバック一覧です: 14歳からの精神医学~心の病気って何だろう/宮田雄吾:

« 大黒天・磨崖仏~雲仙市小浜町雲仙 | トップページ | 天祐寺~諫早・諫早家墓所① »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ