« 天祐寺~諫早・諫早家墓所① | トップページ | 諫早市郷土館~諫早市 »

2011年11月25日 (金)

天祐寺~諫早・諫早家墓所②

昨日諫早家墓所のことで忘れていました。

この墓所の一段高いところに、4代目茂真公(しげざねこう)夫妻と2代目直公(なおのりこ

う)の後室の墓があり、この二つは県内で最も立派な石造御霊屋(みたまや)になっていま

す。隣り合って建ててあります。

4代目、茂真公夫妻の墓です。

Photo_5

2代目直孝公の後室の墓です。

Photo_6

4代目茂真公の墓が一段高いところになぜ祀られたのかは、いくら調べても分かりません

でした。なにか功績があったのでしょうか?

さて、2代目直孝公の後室の墓がここにあるのか?夫婦で祀ってあるのは御覧のとおりい

くらでもあるのですが。

P1060504

こちらが、2代目直孝公の墓です。なにか後室の墓と比べると・・・しかも妻の墓は一段高

いところ。

Photo_7

これは、20年前くらいに聞いた話で、記憶が曖昧としていますが、2代目の後室は偉いと

ころから来たとか。それで、一緒の所の墓地ではいやだというと事で一段高いところに立派

な墓所を作ったとか。本当のことかどうかよくわかりませんが・・・

でも、何となく身につまされますね。現代、女友達、気のあった同士で墓を作って、一緒に

入って、旦那には「あんたは自分の先祖の墓があるんだから、そっちへ入れば」ということ

があるそうな。


整然と並んだ墓ですが、ここのお寺の歴代住職のお墓です。なお、ここの住職さんはかな

り地位が高い方がなられるとか伺ったことがあります。

P1060508

P1060520

島原の乱戦没者追悼碑です。島原の乱で、勿論幕府軍としてですが、92名の戦死者を出

しています。33回忌、寛文12(1672)年に作られています。

P1060528

石造五重塔です。寛文5年四代目の茂真が鍋島勝茂の菩提を弔うために、建てられたも

のです。諫早幼稚園の小高い竹林のあったものを昭和28年移管したものだそうです。

高さ6メートル。びっくりするほど立派なものです。


さて、六地蔵です。

P1060478 P1060487

 P1060477_2    P1060479_3

説明するのが面倒なので説明板ををクリックすると拡大します。お読みください。

背くらべ地蔵です。子どもたちが岩の上の地蔵と背くらべをしていたのでこう呼ばれたそう

です。でも、まあ子どもはよじ登るのが好きなもんですね。

P1060523_2

こちらのほうの道を行くと大門があります。たぶん、こちらが旧参道だったのでしょうか?

P1060525

四脚門と呼ばれる形だそうです。

大門の掲額があり、「鎮海勝境」と書いてあります。意味は、「法の海も波を納めて、静か

に和らいだ姿を現し、禅の行をするためのすばらしい環境をもつところ」(諫江百話)だそう

です。

P1060529

黄檗宗僧侶独立性易(どくりゅうせいえき)が書いた額だそうです。中国から来たそうで、

文化面でも活躍をいたそうです。


さて、墓所近くの舗装道路を上がっていくと。一番上に。

P1060493 P1060491_3
 

虚空堂です。説明はクリックをしてください。

観光地ではなく、お寺様ですから、見学の際は一声かけてゆっくり見学してください。


見るものはたくさんあります。特に私は中庭の佇まいが好きですね。しばしの間ぼんやりと

時間を過ごしていました。おしまい。                                      

                           (参考 「諫江百話」・境内説明板)


« 天祐寺~諫早・諫早家墓所① | トップページ | 諫早市郷土館~諫早市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/53324961

この記事へのトラックバック一覧です: 天祐寺~諫早・諫早家墓所②:

« 天祐寺~諫早・諫早家墓所① | トップページ | 諫早市郷土館~諫早市 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ