« わが家の家庭菜園~白ゴーヤがなった | トップページ | 小浜歴史資料館(勝海舟の書もあるよ) »

2011年8月 1日 (月)

小浜温泉(長崎)~日本一の足湯

32度の高暑のなか、昨日久しぶりに小浜を歩いてみました。海岸は日曜とあってか、釣り客

でいっぱいでした。

P1030313

温泉街の近くには日本で一番長い足湯があります。温泉の温度105度にちなんで105mだ

そうです。

P1030374_2

P1030376

日曜日のせいかたくさんの方がおられました。しかし、この暑いのに・・・

ちなみにペット用の足湯もあります。

P1020380

懐かしいです受験合宿です。

P1030318


ちなみに日本で初めて雲仙の旅館で受験合宿をしたのは我が出身校でした。

そのとき、各新聞で「温泉旅館で受験合宿」と叩かれ日本中で一躍有名になりましたが、隔

世の感があります。

帰りは洋菓子屋さんで、期間限定の桃のケーキ(桃の種を取り出しクリームを入れたものを)

買ってきました。

P1030394

それとちょびっとシュー、シュークリームは食べたいけれど、カロリーが気になる方は、一口サ

イズですからお薦めですよ。

P1030006


小浜の海岸は全部コンクリートの堤防になって何か味気ないところがあります。

なにか、自然を残す手段が無かったのでしょうか。

このような風景を見るたび笠木透さんの歌を思い出します。




私たちの子どもたちへ
 

          詞  笠 木 透

生きている鳥たちが

生きて飛びまわる空を

あなたに残しておいてやれるだろうか

とうさんは

目を閉じてごらんなさい

山が見えるでしょう

近づいてごらんなさい

こぶしの花があるでしょうう


生きている魚たちが

生きて泳ぎまわる川を

あなたに残しておいてやれるだろうか

とうさんは

目をとじてごらんなさい

野原が見えるでしょう

近づいてごらんなさい

りんどうの花があるでしょう


生きている君たちが

生きて走りまわる土を

あなたに残しておいてやれるだろうか

とうさんは


今あらためてこの詞を読むと、東北の原発のことを思います。

私たちは、いま子どもたちに何を残せるのでしょうか?

« わが家の家庭菜園~白ゴーヤがなった | トップページ | 小浜歴史資料館(勝海舟の書もあるよ) »

環境」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/52366736

この記事へのトラックバック一覧です: 小浜温泉(長崎)~日本一の足湯:

« わが家の家庭菜園~白ゴーヤがなった | トップページ | 小浜歴史資料館(勝海舟の書もあるよ) »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ