« 神社での作法 | トップページ | 猪・鹿・猿・カラス »

2011年8月19日 (金)

反省~カバおばちゃんの思い出

今日のブログですが、ここ数年水泳の季節が来ると心が痛む話をします。

カバの写真を撮ってこようと思ったのですが、孫2人遊びに来ているので、動くことができ

ず本日は写真抜きでおこないます。なぜカバの写真かって?最後まで読んでくだされば分

かります。


実は私は泳げないのです。

小学生の時は、一クラス50名それが10クラスくらいだったか。それが、1年から6年まで。

水泳の授業はどこのクラスともダブっているので、芋の子を洗う状態。水泳を教える状態で

はなかったのです。

小学校4年の時転校したのですが、プールはなし。中学校もプールはなし。もっとも、あの

時代はバスケットもバレーも運動場でやっていたものですが。とにかく、水泳を習う機会が

全く無かったのです。


中年になり、ジョギングしていたのですが、膝を痛め走れなくなったので、水泳が良いとい

う話を聞き、スイミングスクールに行きました。

私のクラスは全員が女ばかり、前田美波里とかアグネスラム(言うことが古いね。)のよう

なグラマーな女性がいると期待したのですが、水の中で見るとカバのようなおばちゃんば

かり。「あ~来なければ良かった。」と思ったのですが、そのカバおばちゃんの一人がクラ

ス全員の中で私に向かい「あら、男のくせに泳げないの」と言ったのです。

私も若かったせいか「えっ~カバのくせに泳げないんですか。」と思わず言いかえしていま

した。

カバおばちゃんは、唇をかみしめ、うつむき、ゴーグルをしていたので分からなかったので

すが泣いているみたいでした。


数十年前のことですが、水泳の季節になるとあのことを思い出し、心が痛みます。

人間やはり、人を傷つけるものではないですね。

昔のえらい人が言っています。「右の頬を打たれたら、左の頬を出せ。」今にして、心に響く

言葉です。あのとき笑って誤魔化せば良かったのですが・・・

皆さんも、人を傷つけるのは止めましょう。一生自分の心に残ってしまいます。

ごめんなさい、カバおばちゃん。







« 神社での作法 | トップページ | 猪・鹿・猿・カラス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
1クラス50人で10クラス
すごく人数の多いマンモス小学校ですね
単純に数えると50×10×6=3000人
少子化の今とは違う時代だったんですね
スイミングスクールに通って泳げるようにはならなかったのですか
カバおばちゃんの祟りかな~

さて、水泳の話ですが、かなり前の日本丸の船長さん、下のような話をしてくれました。
船が遭難した時は、泳ぎが得意な人は一生懸命泳いで体力を果たして死ぬ人が多い。
泳げない人は何かに捕まって体力を使わず助かる事が多い。
いざとなっった、泳げないほうがいいのです。
できるだけ船には乗らないようしています。乗る時は救命道具のあるところを確かめて乗るようにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/52516012

この記事へのトラックバック一覧です: 反省~カバおばちゃんの思い出:

« 神社での作法 | トップページ | 猪・鹿・猿・カラス »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ