« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

読書日記~僕の子ども絵日記・中国嫁日記・サザエさん関係

歩くと風が秋めいてきました。稲が大きく育ってきました。今が一番大事なときでしょう。

今日は近頃読んで面白かった本を紹介したいと思います。

P1040496_2


この本、2007年から2010年まで長崎新聞の「子ども欄」に掲載されたものだそうです。

長崎新聞は取っているのですが、子ども欄は全然読んでなかったので気づかず残念でし

た。

しかし、このようにまとめて読まれたのはかえって幸いだったのかな?

著者は学校の先生をされておられたそうですが、親子、兄弟、地域とのふれあいなど、長

崎県下の昭和の町の風景をバックに中心にして描いてあります。

長崎県の人以外の方も楽しめると思います。サイドの書名をクリックするとAmazonへアク

セスできます。

本屋の本棚の端に2~3冊置いてありましたが、このような本こそ平積みにしておいて欲し

いですね。

P1040490


この本、本当に面白かったですね。国際結婚の夫婦生活のギャップを書いた本がいろいろ

ありますが、とくに奥さんの顔の絵が可愛いらしく(本当はすごい美人みたいですが)、面

白さでは一押しの本です。

話題の人気BlogだからPCですぐにでも見られますよ。

P1040491P1040492_5

左の本は、かってベストセラーになり、1992年、1955年、2005年に3回出版され、今度

が4回目の出版だそうです。

右は今回出された、アニメ版の公式大図鑑です。

小学校の頃、朝日新聞で読んでいて、カツオとワカメはサザエさんの子どもと思っていた

のですが、随分年の違った兄弟ですね。カツオ11歳、サザエさん24歳です。

カツオとワカメは随分高年齢出産だったのでしょう。

そして、タラオ3歳。計算すると、サザエさん21歳の時の子、少なくとも20歳の時結婚し

ていたと言うことですね。なにか、少し早いですね。

なお、マスオさんは少し抜けているみたいに見えますが、早稲田大学卒業だそうです。

2冊の本、少し矛盾がありますので、そんな所も見つけながら読むと楽しいですよ。

2011年8月30日 (火)

モルトウィスキーへの想い

「白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒は静かに飲むべかりけり」昔は酔狂をして、酒を飲ん

だものですが、この白秋の「静かに飲むべかりけり」の心境になった時、悲劇が訪れたの

です。

ドクターストップです。心臓病を発病したのです。

かわいそうなのは、残されたこの子(モルトウィスキー)たち。

P1040460

全部で、シングルモルトウィスキーを100本弱飲んだのですが、これだけ残されてしまいま

した。長崎ではなかなか手に入らないので、福岡までリュクサックを担いで買い出しに行っ

たのですが・・・


一時日本酒を飲んでいたのですが、良さが分からず、出会ったのがシングルモルトウィス

キーでした。そしてこの一冊。

P1040474_2

左が初版、右が改訂版です。モルトウィスキーのバイブルというべき本です。

この本に、モルトウィスキーの一本一本の説明、エピソードが書いてあります。

たとえば「アイル・オブ・ジュラ」、このウィスキーは人口わずか200名の島で作られていま

すが、「ジュラはまた、ジョージ・オーウェルが小説『1984』を書いた島としても知られてい

ます。」と書いてあります。結核のため、一時本土へ戻り再びジュラ戻り、書き終えたそうで

す。1950年46歳で死去。村上春樹さんの「1Q84」の本と関係があります。

Photo_3

このようなことを読みながら、ひょっとしたらジョージ・オーウェルもこのウィスキーを飲んだ

のかなと思いながら飲む秋の夜ほんとうにしみじみしたものでした。

ウィスキー一本一本の話を読みながら、静かに飲むのは最高の楽しみでした。


もっとも、かみさんの兄弟、連れ合い10名集まってビールが2本ですむという下戸ばかり

ですから、私が飲んでいるのを見ると、段々目が吊り上がって行くのが分かるので、大体

11時頃、かみさんが寝てからぼちぼち飲み始めるのですが、毎日1時か2時頃まで飲ん

でました。

翌日、職場へ行くと「酒臭い」と言われ、いつも飲酒勤務です。

いまはこの子たちを見ながら思い出に耽るばかりです。


私の好きな「バルベニー」と言う銘柄のウィスキーですが、21年ものもあります。

ポートワインの樽に入れて、熟成させたり、オークの樽に入れた後、シュリーの樽に入れ成

熟させたダブルウッドとかいろいろあるので違いを楽しめます。旨いですよ。

P1040463_2

ついでに、面白い酒を2本

P1040464P1040467_3

左は「レモンハート」ラム酒。蘊蓄漫画で有名な古谷三敏の漫画「レモンハート」の題名に

なった酒です。アルコール度75パーセントです。

左はポーランド製ウオッカ。名前は読みきれません。アルコール度96%です。裏のレッテ

ルに「蒸留を繰り返すこと70数回純度を極めたポーランド産ウオッカの勇です。」と書いて

ありますが、その下に大きな字で「アルコール度数が高いため、火気に注意してくださ

い。」とアンダーラインいりで書いてあります。もちろん両方とも飲みましたが、強い、強い。

もうすぐ秋、飲みたいな、飲みたいな、飲みたいな(´Д⊂グスン





2011年8月29日 (月)

橘中佐二つの墓(雲仙市・千々石町)

晩夏ですけれど暑さが続きます。

でも、「晩」という字がつくと何となく哀愁を感じますね。晩夏、晩秋、晩冬、晩春そして晩婚

(私も晩婚でしたから実感です)。

朝から歩いてきましたが、蛇も泳ぐ暑さでした。

P1040440

蛇のくせになまいきですね。私「反省!カバおばちゃんの思い出」で書いたとおり全然泳げ

ないのですが、足も手もないのにすいすいと泳いでいました。


さて、昨日橘神社に関することを書きましたので、今日は橘中佐の墓のことを書いてみた

いと思います。

ネットで検索すると橘中佐の墓は「静岡陸軍墓地(旧静岡陸軍墓地公園)にあり、陸軍歩

兵中佐 正六位従六位 勲四等功四級 橘周太之墓」と刻まれているそうです。


千々石にも橘中佐の墓があるのです。橘神社から歩いて10分もかからないでしょう。

階段を上りきって、本殿の広場の左端の方に道があります。

P1040445

この道を行くとすぐに墓地があります。道をまっすぐ行くと、大きな階段があり、その階段を

上がると多分橘家の墓地でしょう。

P1040383P1040376

この中でひときわ大きいのが橘中佐の墓です。

P1040378_2


「陸軍歩兵中佐正六位勲四等功四級橘周太之奥津城」と刻まれています。

横を見ると「明治37年8月31日於遼陽首山堡戦死」と刻まれていました。

P1040382

橘中佐の遺骨がどうなっているのか、陸軍墓地かここにあるのか、あるいは分骨したの

か、はたまた現地に埋葬したのか知りたいものです。記録にはどこにも見当たりませんで

した。

分かったら後日書いてみます。

Photo_2

                                       (千々石町史より)

この写真のようにして、橘中佐の遺品と愛馬は本国へと運ばれようです。

橘神社にお参りされたとき、寄られてはどうでしょうか。ただ、個人所有の墓地になります

ので、心してお参りしてください。


さて、近頃神社とか墓地とか見ていくと自分の遺骨がどうなるのだろうかと思います。でき

れば散骨をしてもらいたいのですが。ネオン輝く中州の川に。




2011年8月28日 (日)

橘神社(長崎・雲仙市・)裏山のこと(釜蓋城)

千々石の橘神社といえば、ギネスブックに載る大門松で有名になり、正月の参拝者数で長

崎市の諏訪神社につぐ参拝の方が来られるようになりました。

さて、もし皆さんも来られることがあったら神社の裏山にも気をつけてください。本殿の後ろ

側です。

P1040350_2

遠景でみると

P1040346_2


真ん中に大きな建物が見えますが、中学校です。その後ろこんもりとした小山が見えます

が、これが城山です。この麓に橘神社があります。この小山に釜蓋城と言われる城ががあ

ったのです。ここは今、グラウンドと展望台があります。

P1040402

城と言っても天守閣付きの立派な城ではなく、山城だったのでしょう。


この横に「天正遣欧使節千々石清左衛門(千々石ミゲル)の碑」があります。

P1020336


以前は橘神社の所にあったのですが。ここに移転をしました。

また、この階段の横に千々石町(現雲仙市)文化財指定石仏・神父像があります

(キリシタン遺物)。

P1040391

この事については、後日書いてみたいと思います。


さて、ここに上がってくる間に神社があります。

P1040358


なかなかおもむきのある神社なのですが。

全部、しまったままになっています。平成3年台風19号で被害を受け改修されたそうで

す。

神主もいませんし、賽銭箱も鈴もありませんが、深閑としてなにか一種のパワースポットを

思わせます。ほとんど訪れる人もいません。

P1040363

P1040359

この神社は天正5年佐賀の龍造寺隆信に釜蓋城が攻め落とされ、自刃した城主の千々石

大和守直員と、一緒に戦った家老町田兵七郎、木戸萬九郎が合祀されています。

町田兵七郎はは間道を通り敵を攻めるつもりが、途中で城主の死をしり、敵陣に切り込

み、大石の上で切腹を遂げたそうです。敵も味方もこの悲壮な最期に感ぜないものはなか

ったそうです。

たしか、昔田んぼの中に大きな石があって、いたずらをすると、祟りがあるという話を聞い

たことがありますが、その石でしょう。いまはありませんが。

田んぼの中に石碑があったと言うことで、多分町田兵七郎の碑だと思われ、移転はされま

しが、現在も近所の人が祀っています。

P1040415

大和守直員切腹するとき、この国の世の平和を希求し、天満宮天神菅原道真公をこの地

に祀ることを遺命し25歳の生涯を終えたそうです。

時代は、それどころではなく、これより半世紀後の寬永二十年にこの天満神社が創建され

たそうです。


なお、この大和守直員の遺児が千々石清左衛門(千々石ミゲル)になります。

青山敦夫氏の「千々石ミゲル」に清左衛門が落ち延びる様子が少しですが出ています。

城山の上まで道が通っていますが、分かりにくいのでカーナビか、地元の人に聞きながら

行くか、又は橘神社から歩いて行くのが(少し急坂)良いと思います。

橘神社にお参りに来られる方は、後ろの山も見て、こんな事もあったのだ思っていただけ

れば幸いです。(参考 千々石郷土史 千々石町史)





2011年8月27日 (土)

農業のこと

少し涼しくなったと思ったら、また暑さがぶり返しました。

一万歩歩いています。コレステロールが高いとか脂肪肝だとか医者に言われたので、意地

になって、倒れても歩くつもりです。

でも、木陰に入ったり、田んぼからの風が来ると何となく、秋を感じます。

神社で銀杏が落ちていました。

P1040320

田んぼは2~3日ほど前稲穂が出てきたと思ったのですが、あっという間に全部出そろい

ました。

P1040316_2

あと少しと言うところですが、大きな台風が来なければ良いのですが。


今の農業は、ハウス栽培が多くなっています。

P1040325_2

ここではミニトマトを作っています。ここの半分くらいのところで、親子3人植え付けをしてい

る方に聞いたら2500本ほど植えるそうです。中はこんな感じです。

P1040312

このビニールの穴に一本一本苗を植えていきます。この暑い中、風も入らないビニール

の中で作業をするのですからどれだけ大変か、実際に作業をした人しか分からないでしょ

う。

このミニトマトは冬に皆さんの食卓に出るものです。元来トマトは夏の野菜ですが、こうして

育てられ冬にも食べられるのです。

P1040306_2

上はアスパラガスです。私の家でも五株ほど植えていたのですが、3年ほど楽しみました。


P1040311_2

今、整地中のビニールハウスですが、多分、イチゴかスイートピーを植えるのでしょう。

皆さん方のクリスマスに間に合うように。本当はイチゴは春の果物ですが。

いつも草が生えている土手の所に行ったら綺麗に払っていましたが、

P1040339P1040342_4

払っているのは女性の方。たった一人です。農家では女性も労働力なのです。

農家の親はそのしんどさを知っているので娘を農家に嫁がせたがりません。娘さんももち

ろんです。

おかげで40~50歳の独身男性はごろごろいます。


甥も、妻にしんどい仕事をさせているから、少しでも給料をやりたいのだが、と言っていまし

た。私は「体で払えば」と言ってしまいました。もちろん冗談でですよ。冗談。でも「なるほ

ど」と言っていたので、後は知りません。

知人のと話をしていると今日は、自分と、ばあちゃん、子どもの3名で2~3万個タマネギを

植るそうです。明日は400ばかりカボチャの苗を植えると言っていました。

そう儲かる仕事でもありません。野菜を食べるときは味をかみしめて食べてください。


私のかみさんは5人兄弟、3名が専業農家ですが、兄弟会で連れ合いも含め10名集まる

と、お前たちサラリーマンは良いなと始まりますが、最後には「やっぱ、百姓は面白かもん

な」「そうそう百姓が一番たい」「誰に頭も下げんで良かし」と言う結論になってしまいます。

やはり、農業には農業の楽しみもあるのでしょう。


私のかみさんが小さい頃(今と違って可愛いらしかった頃)、父親が田植えが終わったば

かりの田んぼを小高い所からずっと眺めていたそうです。

「なにしているの」ときくと「綺麗かろが、ほら、綺麗かろが」と言って、いつまでも見ていたそ

うです。


2011年8月26日 (金)

雲仙で八十八カ所めぐり

久しぶりに用事があり雲仙に来て、あちらこちらぶらしぶらり。

一乗院の釈迦如来像を見たことが無いので行って見ました。

P1040241_2

高さ約5m金箔張りです。もちろんお賽銭をあげお祈りを捧げ、許しを得て(お釈迦様に)写

真をパチリ。

さて、外へ出て何気なく見るとずらりとお地蔵様。

P1040242

何だろうとみると

P1040244P1040247_4

四国八十八カ所のご本尊様の像なのですね。

P1040246P1040250_5

P1040250_6裏を見ると寄進者の名前等が入っていましたが、薄れてよく見えないのもありました。

左の方には、寄進者の子孫の方でしょうか、花が添えてありました。


釈迦堂からの階段を上がるとそこにもずらりと仏像が。

P1040255

その広場から道があるのでたどっていくとそこにも点々と仏像が。

P1040258_4P1040262_3


最後はどこに行くかと思うと

P1040263


歴代住職さんのお墓でした。


しかし、なんでこんな所に四国八十八カ所の仏像がと思い、あちらこちらで聞いて回ったの

ですが要領が得ません。

最後に思いついたのが、「お山の情報館」。なんと、ここの職員の方に、一乗寺の血縁の

方がおられました。。

話に寄れば、何代前の住職さんか分かりませんが、四国八十八カ所を巡り、自分の所か

ら四国まで行くことは、困難であり、同じような事ができないかと思い立ったそうです。

多分寄進者の方を募り、作ったのでしょう。

長崎でも、諫早でも四国まで行かれない方のために、長崎八十八カ所、諫早八十八カ所

があり、そこを全部回ると四国巡礼と同じ功徳が得られると言うことですが、それと同じ事

でしょう。

雲仙を訪れた方、この際です、是非八十八カ所巡礼をされては。一時間もかかりません。

それで、四国巡礼の徳が得られると思えば楽なもんです。


調べるのに半日かかりましたが、最後に一乗院の血縁の方に会えたのは何かのご縁みた

いな気持ちがしました。、

なお、一乗院は歴史の変遷がありますが、下の写真をクリック拡大してお読みください。

P1040236_2

なお、一乗院と満明寺の古い階段でしょう。私は何となく、古い階段に愛着を持つのです

が。左が一乗院右が満明寺です。

P1040267_2P1040282_8

ところで私、八十八カ所巡りのCDをもっていて時々聞きますが鄙びて良いですね。

P1040303_2


第一番 霊山寺

       霊山の釈迦の御前にめぐり 来て よろずの罪も消えにけり

第二番 極楽寺

       極楽の弥陀の浄土行きたくば 南無阿弥陀仏とくちぐせにせよ

第三番 金泉寺

       極楽のたからの池を思えただ 黄金の泉すみたたえる



最後まで書くと朝までかかるので、興味のある方は自分でCDをお求めください。

 

2011年8月25日 (木)

(愛)全国亭主関白協会だよ

全国亭主関白協会と聞いて、反感を持たれる女性の方、また、「そうだ」男が威厳を持たなけ

ればと思う男性の方、どちらも間違っていますので最後までちゃんとお読みください。

最近TV等で取り上げられ、徐々に浸透はしていますが、まだ、本来の精神が理解できていな

いようです。亭主関白というとちゃぶ台をひっくり返すイメージがあるみたいで・・・


リンクは下に張っておきますが、会長の言葉を書いておきます。

「全国亭主関白協会」としているから、かなり誤解を受けている。

そもそも、関白の語源をひも解けば、時の権力者の2番目の位。 つまり、亭主関白も家庭で

はカミさん(神)に頭のあがらない2番目の位置。 考えれば、すぐわかる。

もし、愛妻が神でなければ、毎日毎日、次から次へと亭主にこれほどの 試練を与えるはずが

ない。古い亭主関白達は、歴史的認識が甘かった。亭主関白が一番エライと勘違いして「風

呂、メシ、寝る」で事を済ませていたのだ。云々

後は、会長の歴史的認識をお読みください。


さて、会員になるには検定試験があります。インターネットでできます。あと、会費800円納入

すれば 認定書と会員書が送られてきます。私は残念ながら2級しかなれませんでした。

段位クラスの人はかなり難しいみたいです。

P1040224

P1040226_2

会員書はカードサイズですから私はいつも免許証入れに入れています。いつも裏側に書いて

ある事を心に刻みつけるために。

P1040229_2

愛の三原則、良いですね。最後の「愛してる」は近頃の若い夫は平気で言っている見たいで

すが私の世代は、なかなか照れくさくて言えたものではありません。


    わが妻よ愛していると言いたくて30年の日々の過ぎゆく  by sugikan


いつか言ってみたいと思っているのですが、まあ、鼻の先であしらわれるのがおちでしょう。

ホームページには、三原則がいろいろ書いてあります。「夫婦・ウル・オス三原則」「お返事三

原則」等々、三原則ばかりなのですが、会長曰く「人間三つ以上のことは覚えられない」まっ

たくその通りですね。「成功する100の原則」なんてありましたが、読んで成功した人はまあ

いないでしょう。


ホームページ「愛妻の素晴らしき進化年表」は是非お読みください。笑えますよ。

それなりの年の方はうなずけるし、(私の所もまったくその通りでした。)新婚の夫の方はこれ

を読んで心の準備を。最初は一つだけだったあのですがいつの間にかパート6まで増えてい

ましたが・・・


「風呂、メシ、寝る」で済ませているあなた。熟年離婚の地獄が待っていますよ。早く協会に入

って生活態度を改めましょう。



                    全国亭主関白協会





2011年8月24日 (水)

千々石海岸・晩夏~マイ・ウォーキングロード2

まだ東京に住んでいた頃、湘南海岸に行きました。晩秋。誰もいない海でした。ボンヤリ座

っていると遠くに白い洋服を着た美少女(顔は見えませんでしたが、白い服を着た少女は

美少女に決まっています)が白い小さな犬を連れて散歩していました。湘南海岸、美少女、

白い小犬。まるで映画の一シーンを見ているようでした。


マイ・ウォーキングロード、千々石海岸は雑種犬を連れたおばさんばかりです。何とかなり

ませんかね。せっかくの「日本の自然100選」「日本の白砂青松100選」に選定された

ところなのですから。

海水浴場も終わり、釣り人が2~3人だけでした。

マイ・ウォーキングロードです。2往復で一万歩になります。

P1040137

今日の海岸は特にひどかった。精霊船まで流れ着いて。

P1040109

P1040104

ここは橘湾の一番奥だからゴミがたまりやすいのでしょうか。潮の満ち引きで綺麗な砂浜

にもなるのですが。

すこし面白い流木があったのでお楽しみください。

P1040130_2P1040126_2

P1040110_2P1040113_12

さて、この流木はまた沖に流されていきますが、後はどうなるのでしょう。波に揉まれ朽

ちて散り散りになり、消滅するのでしょうか?

自分を見ているようです。かみさんに揉まれいつか消滅する自分を・・・


夕方、田んぼを歩いていたら稲穂が出始めていました。

P1040157_3

爽やかかで良いですね。かみさんにもこんな爽やかな時代があったのですが。






2011年8月23日 (火)

あたり前田のクラッカー

ありました、こんな所に、ココウォークは、だがし夢や。

P1040050

(写真は70g、他に110g、180gあり)

「あたり前田のクラッカー」です。一斉を風靡したことがありましたね。これを知っているあな

た、世代が分かりますね。

1960年代「てなもんや三度笠」という番組がありました。TV局もまだVTRが無かった時代

で、ぶっつけ本番の舞台劇でした。主役が藤田まこと、脇役が白木みのるでした

藤田まことは「必殺シリーズ」で皆さんご存じだと思いますが、その藤田まことが、懐から前

田のクラッカー(ただし写真のではなくランチクラッカーでしたが)を出し「俺がこんなに強い

のも、当たり前田のクラッカー」と言いながらカメラに差し出すコマーシャルでしたが、これ

で人気商品になったのです。

これが、ここ数年見当たらなかったので会社が潰れたものと思っていたのですが、去年、

近くのマルキョウで見かけたので買っていったのですが、これが、うまい。

2~3日していったらもう全部売れ切れ。それから、数ヶ月してコスモスというスーパーに行

ったら置いてあったので買っていったのですが、またもや2~3日するともう売り切れ。

思うことしばし、この世の中「前田のクラッカー」の隠れファンが多いのではないか。


さて、今一番見受けられるのが



P1040049

P1040060_4

これを比べるとRITZは約4.5cm,で4g、前田クラッカーは約2.2cm×2,5cmで1g。

これが何に影響するかというと食べ屑に影響するのですね。前田クラッカーは一口で食べ

られます。RIYZは男子は一口で食べられますが、女性は上品ぶって、失礼、上品に二つ

に割るか、二口くらいで食べるでしょう。その時、どうしても割れた屑が出るのですね。子ど

もならなおさらです。他のクラッカーでも試しましたが、やはり一口で食べられるのは前田ク

ラッカーだけでした。食べ屑はあまり気持ちの良いものではないですね。

味は好き好きですが、私はやはり前田クラッカー派です。



さて、この会社あまりPRは見受けられません。大阪が本社なので関西ではどうか知りませ

んが、長崎でPRはまったく見たことがありません。

この会社のスローガンが「品質本位」「無声呼人」(むせいこじん。声無くして人を呼ぶ。徳

のあるところには呼ばれなくとも人は集まってくる。)です。良い商品はPRをしなくても売れ

ると言うことでしょう。

ところで、この会社のドメインはhttp://www.atarimaeda.comです、「あたりまえだ」というとこ

ろが面白いですね。

ところで、三袋かってきて二袋食べたのですが、もう一袋行方不明です。さては、かみさん

が・・・


2011年8月21日 (日)

八手観音~西有家?北有馬?

雲仙から西有家へ下る道を行くと、北有馬へと分かれる道があります。この分かれ道に八

手観音があります。千手観音は聞いたことがあるのですが、八手観音とは?


先日「論所原」のところでもその意味を書きましたが、ここの八手観音がどこの市町に属す

るかも良く分からないのです。

P1030541_2


いろんな地図で確認すること半日、この観音様の敷地に沿って南島原市に属すると言うこ

とがやっと分りました。昔は、ちょうど、西有家、北有馬、小浜に接するところで、南島原市

なら北有馬町か西有家町でしょうが・・・

P1030542_2

これだけ立派な観音様なら、由来などが西有家か北有馬の町史(町誌)に載っているはず

なのですが、どちらにも名前さえ記載がありません?バス停が近くにあり北有馬町丁にな

っていたのですが、道一本で町が分かれる所です。バス停が北有馬で、八手観音が西有

家という可能性もあります。どちらでしょう?しかし、北有馬町に3年ほどつとめていました

が、八手観音については一度も話は聞いたことはありませんでした。もっとも北有馬町な

ら国指定の日野江城の調査で手一杯ですから・・・


中を見ると、思わぬほど綺麗にしてありました。

ちゃんとお賽銭を入れお祈りし、お許しを得て写真をバチリ。恐れ多く、ご本尊様までは写

真に撮れませんでした。

P1030546

P1030545_3


これを見ると手足が不自由な方が祈願に来られる観音様なのでしょうか。

不自由な自分の手で作られたのはないのではないでしょうか。

P1030543_2


クリックすると写真が大きくなります。

管理人さんがユーモアのあるかたなのでしょう、観音様の話をウルトラマンでたとえ話を書

いておられます。

由来についてはまた調べに行きたいと思います。





2011年8月20日 (土)

猪・鹿・猿・カラス

下の写真何か分かる方は、少し田舎に住んでいる人。

P1030900

線が2本平行に走っているのが分かると思いますが、これに電流が流れているのです。

ここ数年の異常気象のせいか、山に食べ物がなくなって、猪が下まで降りてきて畑を荒ら

すのです。その、対策の一つ。この方法が効果があるということで、あちらこちらにの畑に

設置されています。

この写真の所はそんな山側の所ではなく、すぐ横には中学校があるところです。猪はか

なり下まで降りてきているようで、特に芋類の被害がひどいそうです。


猪退治については長崎県対馬に陶山訥庵がおり、江戸時代、猪の被害に苦しんでいた島

民のため作戦を練り、なんと8万頭の猪を退治したそうです。

ただ、現在は対馬では鹿が天然記念物のため、捕獲ができず植林の木を角で傷つけ、

困っているそうです。もっとも言わせる人に言わせると「鹿が住んでいたところに人間が植

林をするからだよ。」とも言っていました。


さて、先日町内放送があっておりました。「猿が見受けられたそうです。猿を見たらいたず

らをしないように、えさをやらないように、目を合わせないようにしてください。」

最後の文句が何とも言えませんね。「目をあわせないように。」

私の事務所が2階にあるとき、窓の所を電線が数本走っていたのですが、両手、両足を使

いながら猿が歩いているのです。びっくりしましたね。実に悠々と歩ていました。

猪が出る、猿が出ると言っても、住んでいるところは、わっと言うほど田舎ではないのです

が・・コンビニも3軒ありますよ。


私の畑もカラスに荒らされ、トマトがだいぶん囓られました。飛んでくる方向を確認して、透

明の釣り糸を張ったのですが、今度は別の方向から、そこをふさぐとまた別の方向から、カ

ラスは頭が良いと聞いていたのですが、本当ですね。漁師の人が、ふぐの肝を海岸に置い

ていたところ、カラスだけが食べなかったそうです。

なにか、良い方法はありませんか?

人間と動物の関係はなかなか難しいですね。共存できる方法はないのでしょうか。

そういえば田んぼのジャンボタニシも気になります。

P1030458


誰か思いきって試食をされる方おられませんか?






2011年8月19日 (金)

反省~カバおばちゃんの思い出

今日のブログですが、ここ数年水泳の季節が来ると心が痛む話をします。

カバの写真を撮ってこようと思ったのですが、孫2人遊びに来ているので、動くことができ

ず本日は写真抜きでおこないます。なぜカバの写真かって?最後まで読んでくだされば分

かります。


実は私は泳げないのです。

小学生の時は、一クラス50名それが10クラスくらいだったか。それが、1年から6年まで。

水泳の授業はどこのクラスともダブっているので、芋の子を洗う状態。水泳を教える状態で

はなかったのです。

小学校4年の時転校したのですが、プールはなし。中学校もプールはなし。もっとも、あの

時代はバスケットもバレーも運動場でやっていたものですが。とにかく、水泳を習う機会が

全く無かったのです。


中年になり、ジョギングしていたのですが、膝を痛め走れなくなったので、水泳が良いとい

う話を聞き、スイミングスクールに行きました。

私のクラスは全員が女ばかり、前田美波里とかアグネスラム(言うことが古いね。)のよう

なグラマーな女性がいると期待したのですが、水の中で見るとカバのようなおばちゃんば

かり。「あ~来なければ良かった。」と思ったのですが、そのカバおばちゃんの一人がクラ

ス全員の中で私に向かい「あら、男のくせに泳げないの」と言ったのです。

私も若かったせいか「えっ~カバのくせに泳げないんですか。」と思わず言いかえしていま

した。

カバおばちゃんは、唇をかみしめ、うつむき、ゴーグルをしていたので分からなかったので

すが泣いているみたいでした。


数十年前のことですが、水泳の季節になるとあのことを思い出し、心が痛みます。

人間やはり、人を傷つけるものではないですね。

昔のえらい人が言っています。「右の頬を打たれたら、左の頬を出せ。」今にして、心に響く

言葉です。あのとき笑って誤魔化せば良かったのですが・・・

皆さんも、人を傷つけるのは止めましょう。一生自分の心に残ってしまいます。

ごめんなさい、カバおばちゃん。







2011年8月18日 (木)

神社での作法

この間、いつもの道を歩いていたら、家を建てるためでしょう。地鎮祭をおこなっていました。

P1020868

見ていたのですが、気になることが一つ、玉串奉奠(たまぐしほうてん)で皆さん何となくどうし

てよいか、迷っている方が多かったのです。

わたしも、最初玉串奉奠をしたとき、どうしたら良いか分からず、結局前の人がするのを見

て、真似をしたのですが・・・(^-^;


さて、私の近くに神社が2つあり、良く行くのですが、間違った作法も良く受けられます。

ここで、ひとつ正式な作法を知って、びしっと決めようではありませんか。

といっても、説明するのが難しいので各説明がしてあるネットにリンクしますので参考にしてく

ださい。

全般的な解説。

手水の作法、拝礼の作法、玉串の作法。

玉串奉奠の作法

少しずつ違うところもありますが、これで参道の歩き方、手水の作法、礼拝の作法、玉串奉奠

と困ることはないと思います。

彼女(彼)と初詣でなど神社に行ったとき蘊蓄をかたむけながら格好良く決めてください。

なお、葬式の焼香の仕方も、テレビなどでは抹香を額にいただいて香炉に入れているみたい

ですが宗派によって違いがあるそうです。これも一応知っておいた方が良いのでは・・・

焼香の作法。




2011年8月17日 (水)

論所原~北有馬・エコパーク

小浜町にある国民休暇村から雲仙に至る山の中腹を走る道路があります。国道389号線

になります。

雲仙に至る途中に「論所原」という名のところがあります。最初地名を聞いたときえらく珍し

い名前だと思いました。「ロンショバル」カタカナで書いてアクセントを少し変えると、何となく

フランス語みたいで面白いなと思ったのですが、実は「論所」という名前は日本各地にもあ

るのですね。

ようするに、昔は村と村の境目が今のようにきちんとしてなく、「ここは俺の所だ」「なに言う

かじいさんの時から俺んところが使ってたよ」と「論じる」と言うより、喧嘩をしたのでしょう。

今の国境争いと一緒です。誰の原っぱか論じた所だから「論所原」どちらの川か論じる

と「論所川」どちらの坂か論じると「論所坂」。

この国道を走ると、「雲仙市」と「南島原市」の標識が目まぐるしく変わります。少し行くと

「雲仙市」の標識、少し走ると「南島原市」の標識、また「雲仙市」と思ったら「南島原市」面

白いくらいです。ここが「論所原」という意味がよく分かります。確かに、どちらの所かはっき

りしなかったのでしょう。(昔は小浜町、南串山町、北有馬町だったかな?)

他町のことですが、今でも、山の中の町境が分からず、両町出て調べたが結局分からない

ところがあったそうです。

この論所原に、エコパーク、オートキャンプ場ができています。

P1030527

手入れも良く、実に気持ちが良いところです。

センターハウスです。すごく雰囲気がありますね。

P1030531

P1030528


羊さんもいます。

オートキャンプ場です。綺麗で施設も整っているようでした。

P1030533_2

ここで、夕日を見たら素晴らしいだろうなと思われます。と思ったら、

P1030525

ちゃんと夕日の丘もありました。秋の夕日がきれいなときにまた来て、ゆっくり過ごしたいも

のです。そのときは、写真をアップしますね。



2011年8月16日 (火)

初盆・雲仙吾妻町

昨日は吾妻町の義姉の初盆でした。朝から雨、4時に嫁ぎ先に集合。雨はひどくなるばか

り。6時くらいになってやっと少し明るくなったので墓に行って飾り付け。

飾り付けがしてあるのは初盆の所だけです。

P1030861

親戚一同集まると、誰が誰か分からない人がいて・・・・

P1030854


長崎の方は知っていますが、長崎のお盆は賑やかで、他県から来る人は墓で花火をして

いるのを見てびっくりした人がいました。息子の嫁も沖縄ですがびっくりしていました。

長崎では当然なのですがね。

P1030877_2

子どもの頃はこれが楽しみでした。そして、爆竹の音。単発でならす方法もありますが、

地面に、爆竹をこずんで(長崎弁ではうっこづんで)ならす方法もあります。後始末が大

変なのでバケツの中に爆竹を何十個分と箱から出して火をつけます。

とにかくすごい音。小さな子どもは泣き出すのもいます。近くでいると耳が変になります。

皆さんは真似をしないように。警察が飛んできますよ。

P1030871

墓の中の義姉も賑やかで喜んだことでしょう。

長崎市内の精霊流しははもっとすごいですよ。友人のお母さんの時は、爆竹代だけで10

万円ほど使ったそうです。(これ本当)


2011年8月15日 (月)

豊年満作だよ・千々石

どんどん、稲が育ってきています。このまま順調にいけば豊年満作でしょう。

P1030778_2

人間で言えば青年期にあたりますか。

さて、あちらこちらの田んぼの中にこんなのが見受けられます。

P1030852

P1030847

このお札は、千々石の温泉神社から各家庭に配られるお札です。

農家では田んぼに立て、豊作を祈ります。下のお札です。

ちゃんと、ビニールに入れて立ててありました。

P1030888

わが家では田んぼを持たないのでどうしたものか・・・


便所の神様がおられるように、日本には八百万(やおよろず)の神が、おられるということ

ですから、神様がおられないところの方が少ないのでしょう。田んぼの神様もちゃんとおら

れるのです。

八百万の神様がいながら、喧嘩をしていないところを見ると人格円満ではなく、神様です

から「神格円満」とでも言う神様ばかりなのでしょう。



この札を見れば、日本人は人間を超える何者かを本気で信じる人種なのでしょうね。

さて、これから大きな台風が来なければ良いのですが。

東北の米も問題になっているようですが、何か救う方法はないのでしょうか・・・

今日は、義姉の初盆で疲れましたのでここらでおやすみなさい・・・







2011年8月14日 (日)

原山支石墓群~北有馬町

この間、休暇村雲仙この事を書いたが、あと15~20分車で足を伸ばせば縄文文化時代

の墓の実物が見られる。一般的には原山ドルメンとも呼ばれる(ドルメンは英語で支石墓

のこと)原山支石墓群である。ここ一体は開墾地であり、その折発見された支石墓群であ

る。

第1群、2群、3群とあるが、第1群は開墾によって失われたらしい。第3群が公園化され一

般公開をされている。この奥の方に支石墓群がある。

P1030520_3P1030521_6

支石墓とは死者を葬り、石を支えとし上にに大きな石を乗せた墓のこと。

P1030515

調査をしたところこの下は、土坑(土をくぼめて穴をつくる)、又は粗製箱式石棺だったそう

である。甕棺をが入っていたものもあったそうだ。

P1030512_3P1030513_4

上の石が取れているところもあり、大きさ深さは50~60cmくらい。とにかく小さい。入れ

るのは屈葬であり、かなり無理に詰めたのだろう。後は支石を置き大きな石で蓋をする。

ここ一体は、開墾畑であるが石器、土器がかなり出土したらしい。

多分縄文時代~弥生時代かなり大きな集落があったのではないかと推察される。

また、支石墓は中国、朝鮮半島に分布していることから、どう関係があったのか?

ここへ来て、その頃のことを思うのも良いのではないでしょうか。ひょうっとしたら、あなたの

祖先もここで暮らしていたかも。

ここへ来るのは、道は良いのですが、少し分かりにくいところがあるので、地図で確認して

ください。





2011年8月13日 (土)

火の玉を見た

通夜から帰ってきたところです。

まだ、50歳前の先生で、はりきり屋。まだまだこれからだったのですが・・・・・

 

Dsc_0093_2

                    すべきこと多く残して走馬燈   by sugikan

不謹慎ながら、小さい時を思い出しました。

長崎は浦上のアパートに引っ越したのは、小学校に入る直前でした。

浦上地区はカソリックの信者の方が多く、同クラスの半分以上がカソリック信者の子どもと

いう地区でした。

小さな川を隔てて、カソリック関係の墓地がありました。まだ土葬が良い時代。大人の身長

より深い穴を掘り、埋めていました。それを見ていて、中で息を吹き返したらどうするのか

不安になり、夜なかなか眠れないときがありました。


ある晩、親父の煙草を買って帰りがけ、何となく墓地の方を見ると、ぼーっとした灯りが見

えるのです。

最初は懐中電灯かと思ったのですが、光り方が違い、提灯かなと思いました。でも、誰がこ

んな時間に墓地にと思ったのですが、しばらくふらふらして、ふっと消えてしまったのです。

その瞬間、背中が凍りつくと言うか、ゾッとして家に走り帰ってそのまま布団にいりました。

それから3日間熱をだして寝込んでしまいました。

見たものは、間違いなく「火の玉」でした。


科学的に検証され人工的に作れるそうですが、

本物とは全く違うと思います。自然のダイアモンドと、人工ダイアモンドの違いくらいあるで

しょう。

あれは言うなれば、「火の玉」ではなく、「人魂」だと思います。

しかし、あれから数十年火の玉を見てもあのときほどびっくりはしないでしょう。何しろ毎

日、怪物と一緒に暮らしているからです。「かみさん」と言う。

「神さん」にも優しい「神さん」と怖い「神さん」がいますが、うちのは間違いなく怖い方の「神

さん」です。にらまれるたびに背筋が凍り付きます。もっとも、そのため涼しい夏を過ごして

います。ありがたい「かみさん(神さん)」です。

2011年8月12日 (金)

休みの過ごし方~休暇村雲仙

最近は、長期休暇を取らせる会社が増えているそうだ。

あなたは、どう過ごしていますか。

2通りの人間がいるのではないかと思う。一つはあちらこちらと観光地を飛び歩く人、もう

一つはぼんやりと過ごすひと、私は後者の方だ。

もし、あなたが後者の方なら雲仙の休暇村は最高の一つでしょう。回りには自然以外には

飲み屋も土産屋もなにもなく静かに過ごせる。小浜温泉から20~30分の所にあります。

P1030500_2

ここには、3つの池があり、

P1030501

いつも、バス釣りの若者がいます。もちろん池にはスワンボートもあります。

親子、緑のなかでグラウンドゴルフ。ゆったりとして良いですね。

P1030502_2


そして何よりもここのビジターセンターの望遠鏡。P1030496

Qpage_9398_29903_461901

(休暇村ホームページから)

口径250mmの大望遠鏡。これで見ると、初めて月面着陸したアポロ11号が月面に立て

てきた星条旗がかすかながら見える。(冗談~これ本気にした人がいました。重ねて冗談)

でも、天体望遠鏡で初めて月面を見たとき、土星の輪が見えたときの感動は忘れられな

い。昼は、芝生で昼寝して、夜は夜空を眺めるという休暇の過ごし方はいかがでしょう。


だ、さみしかったのはテント村。

私も30年前子どもの自然体験の施設に勤務したのですが、予約解禁の日は電話は鳴りっ

ぱなし、並んで予約に来る人。とにかく、夏休みは平日でも満員のすごい人気。

特に子ども会は争って来ていた。

P1030493

ここも数年前は子どもたちがとびまわっていたのですが・・・

良く少子化と言いますが、大人が「危険」「汚い」「きつい」を嫌ってキャンプを避けているの

でしょう。

一時、学校のグラウンドでキャンプをするのがはやりましたが、林もない、草もない、虫もい

ない、いつも通っている学校グラウンドでキャンプをするのが面白いのでしょうか?

ただ、親が楽をしているだけです。


休暇はゆったりと、ぼんやりと、自然の中で過ごすのが一番。

2011年8月11日 (木)

田代原は涼しいよ

今日は朝から盆に備えて墓掃除。骨壺を入れるところを見ながら、いつかは自分も入るもの

の、暑さに弱い自分は耐えられるだろうかと思う。クーラーを取り付けられないかと本気で

考える。

時間があったので久しぶりに田代原へ車を飛ばしていった。

右に見える山が九千部岳、左が吾妻岳、ここの挟まれたところに田代原があり、牛の放牧

場。

P1030773

田代原に来るには千々石から行く方法と、雲仙温泉方向から国見町に至る、俗に奥雲仙

と言われる方向から下ってくる方法があるが、運転があまりうまくない方は雲仙からの道を

選ぶ方がベター。秋は是非この道を通ってください。秋の風情が楽しめます。


昔はこの道も牧場で車はここまでしか行かれなかったが、道路が通り、まっすぐ行くと先ほ

ど書いた雲仙温泉~国見に至る道路に出る。

P1030765_2

ここの右手に九千部岳があり、私の好きな山であった。この山に登るには3ルートあり、キ

ャンプ場から千々石に少しくだったところからのルート。このルートがいちばんハード。

もう一つは雲仙温泉~国見に行く途中に吹越と言うところがあり、そこから登るルート、ここ

が一番楽。

3番目のルートはと言うか、昔はここばかり通ったが、牧場の中を通って行くルート。

P1030727

ここの柵を抜けて行けば登山道に出る。いつだったか戻ってきたら、牛の食事時間、柵の

所に牛が固まっていて、思い切って牛の間を通ってきたが、あんな怖い思いをしたことは

無い。下の写真の2~3倍いる牛の中を中を。

今は牧場の中を通らなくとも良いように道が作ってある。

P1030760_2


キャンプ場も綺麗に整備をしてある。

P1030749

ここのキャンプ場から、九州自然歩道があり、この間ブログに書いた万里の長城がある吾妻

の牧場の里に至る。昔は平気で往復したものだが・・・

P1030747

ドウダンツツジの大木、トリカブト、寒あおい等々いろんな草花が季節季節に咲いて、楽

しかった。


ここまでくると、さすがに涼しく、気持ちが良い。ネムノキの花がまだきれいに咲いていた。

一日ゆっくりできたら楽しかったのにと思いながら家まで戻る。下界帰ったら灼熱地獄。

皆様も是非一度涼みにお越しください。雲仙温泉ルートから。


家に帰って花に水をやっていると黒揚羽蝶が花の蜜を吸いに来ていた。

ルナールの博物誌の一節を思い出す。

P1030425



 
                    蝶

     二つ折りの恋文が、花の番地を捜している。(岸田国士・訳)











2011年8月10日 (水)

小浜町(雲仙市)~金濱橋

今日も朝8時半から10時までかんかん照り気温32の度中を歩いてきまして。

畑の中の道、木陰も何もありません。具合が悪くなるような暑さです。健康のために歩いて

いるのか不健康のために歩いているのか分からなくなります。自分自身「馬鹿じゃ無かろう

か」と思います。

日が陰った頃30分ほど歩きましたが、今度は気持ち良く歩け、4~5人の方にすれ違いま

した。はやり、歩くのは夜が良いようです。


さて、いまあちらこちらの橋はコンクリートの橋に、変わって来ましたが、各所にまだ石橋が

残されています。

小浜温泉に行かれた方、少し足を伸ばして北串の金濱橋まで足を伸ばしてみませんか。

P1030469_2


この、金濱川はしばしば氾濫し、そのたび橋が流され人々は苦しみ、その普及作業に困難

したそうです。それを見かねて、北串の岡右衛門が弘化3年(1848年)に決意し、当時最

高の技術を尽くし作ったそうです。

P1030471


以来150年人々の生活を支えてきたのでしょうが、面影をとどめないくらい痛みが激しくな

ったため解体修理したのもだそうです。また、藩政時代は「殿様道」として、重要な街道で

あったそうです。                          

                        (金濱眼鏡橋由来記より概略を記載)

P1030486

多分この道を、殿様が通っていったのでしょう。

平成5年に作られているので、橋時代は新しいのですが、当時もこのような姿をしていたの

だと思われます。

石橋は人間が作った最高の技術の一つだと思います。このアーチの美しさ。そして、力強

さ。

誰がこのような方法を何百年前に考えたのか・・・いつもなぜ崩れないのだろうと思いま

す。

石橋はいつまで見てても飽きませんね。

2011年8月 9日 (火)

長崎原爆の日~死と生の境

今日8月9日は長崎原爆の日でした。昼から用事もあり、長崎に出かけました。

実は、私の母方の祖父が原爆で亡くなっています。当日、原爆中心地あたりで友達の葬式

があり、手伝いしたいとかで朝から出かけたのでしたが、そこで原爆に遭ったのです。翌日

から家族全員で探したのですが、全く遺体も分からなかったそうです。もし、手伝いに行か

ず、昼から葬儀に出かけるようにしておけば、被害に遭わなかったでしょう。

逆に私の先生は原爆中心地付近に家があったのですが、夜勤明けで帰る途中弁当箱を

忘れたのを思い出し、工場に帰り暑かったので木陰で休んでいるときに「ピカッ」と来たそう

です。弁当箱を忘れてなかったら亡くなっていたでしょう。

死と生の境は誰が決めているのでしょう。原爆の日に亡くなった7万3千800名の一瞬の

死は誰が決めたのでしょう。



原爆が落ちた付近の浦上に住んだのは小学校一年生の時でした。通った小学校は山里

小学校。もちろんこの小学校も被害に遭っています。3年生までこの学校で過ごしました

が、被害の跡ははまだ残っている校舎でした。

さて、テレビで出る会場は、平和祈念像のところですが、数十年ぶりにきて全く変わってい

たました。できた当初は広場にそのまま建ててあるという感じで、小学校の頃この像の足

あたりまで登って遊んだのを覚えています。今思えば不謹慎なことですが、そんな所でし

た。

Dcf00118

本当の爆心地の中心地は少し離れたところにあります。ここの、上空500Mのところで原

爆が炸裂したそうです。

P1030684P1030678


横に立っているのは、当時瓦礫の跡であった浦上天主堂から運んできたものです。

P1030683


今は浦上天主堂は、立派になっていますが、まだ瓦礫であったときのことを覚えています。

P1030685

信者さんの寄金で立派に建て変えられたのもですが、建設のはじめから見ていました。

しかし、原爆の関係施設はここ数年変われば変わったものです。良くなったの

は良いのですが、なんとなく観光地みたいになってしまって・・・

今日も、団体で来て、手も合わせず記念写真を取っているのがいたので、わざと写真機の

前で手を合わせました。


帰りは友人宅でしばらく談笑。なにやかやと話をしてきました。

うちのかみさんは年上、友人の所は年下。やはりかみさんは年下が良いですね。

年上の女房が良いと言ったのは誰だ\(*`∧´)/といつも心の中で思っています。

今日一日、原爆関係の所を回って気が重くなっていたのですが、千々石に帰りがけ愛野

町のひまわり畑見て、少しは気が楽になった来しました。

P1030692_3













2011年8月 8日 (月)

千々石・八ケ島住宅の馬頭観音

7月7日に日本一小さい発電所げな。と言うことで千々石の発電所が一番小さいと書いてお

りましたが、福岡県の筑後川支流に栗木野発電所というのがあって、発電力60Wだそうで

す。千々石は5W負けてしまいました。お詫びして訂正させていただきます。

やはり、わたしのは「げなげな」話みたいでした。(^-^;


さて、今日もまた一万歩歩きました。風があり曇り空だったために楽でした。

いつも千々石川の回りをぐるりと回ってくるのですが、そこに市営住宅があります。

P1030650

いつでも気になるのですが、このアパートの端っこに草に囲まれ石造りの祠があるのです、

P1030652

いつも、手入れしている様子も無いので、何があるのかと見てみたら

P1030630P1030628_3

馬頭観音でした。頭の上に馬があるのが分かると思います。

馬頭観音についてはウィキペデイアの馬頭観音をご覧ください。

この記事に近世以降は馬が労働の一環として使われるのに伴い、馬が急死したりしたしたと

き路傍に祀られた、と書いてあります。そういえば山越えの急な坂の途中で見たことがありま

す。

P1020424

左が弘法大使、右が馬頭観音です。国道251号線から森山町にいく峠で撮したものです。

さて、ここのアパートになぜと考えたのですが、ふと1枚の写真を思い出したのです。

下の写真です。ここはむかし、牛市だったのです。そのために馬頭観音を作って、祀ったので

しょう。写真左にある石碑(河川・道路改修祈念碑)は今でも残っていました。

PhotoP1030656

(老人連合クラブ懐かしいふるさと写真集から)

いまは、牛、馬を飼うところもほとんど無くなりました。ここの馬頭観音を手入れする人もいな

くなったのでしょうか?

今、このアパートは若い人がたくさん住んでいますが、このようなことを知っているのは何

名くらいでしょう。






2011年8月 7日 (日)

森山町(長崎・諫早市)図書館前~マイ・ウォーキングロード

毎日、1万歩を目標に歩いている。森山町の図書館前の道が一番好きだ。

P1020428_3

いつも綺麗に花壇が手入れをしてある。点々と木が植えてあり、季節の花を見せる。

P1030211

何よりも道が舗装していないのが良い。ここを作るとき、当時の町長が今からジョギングや

ウォーキングをする人が増える。舗装するより、そのまま土にしておいた方が足に負担が

かからないだろうとの考えで舗装をしなかったのだ。


10時から図書館が開くので、9時くらいに行って、駐車場に車を止め、国道の方へ歩く、国

道まででるとUターンして図書館前を通りすぎ少し歩くと歩道が終わる。またUターンして図

書館へ戻り、もう一度国道に出る途中まで歩き図書館へ戻る。

ちょうど、一万歩程度になる。(足の長さによるが・・・私は典型的短足)

図書館が開館しているので、借りていた本を返却し、新しい本を借りていく、一週間に2度程

度だが、ここを歩くのが好きだ。

道向かいにはラグビー場があり、土、日曜には試合をしているときもある。TVで見るより遙か

に迫力がありその回りを歩きながら、試合を楽しむのも好きだ。

ラグビー場は2面あるのでぐるりと回るとかなりの距離になる。

P1020226

ここは芝生になっているので、足に負担があまりかからないのが分かる。昨日芝生の手入れ

をしていたので写真より綺麗になっている。


さて、この道で蛇を見た。かなり大きな蛇。

P1020570

何という蛇なのか?毒蛇ではないようなので見ていたら、おばちゃんが二人通りかかって、聞

いてみたら、穴を掘ってその中に住んで蛇とのこと。

そう言われれば頭を使って穴を掘っている様子。しかし、踏み固められた道を頭だけで穴を

掘るのは大変だろうと思って、しばらく見ていたら、蛇と目が合ってにらまれたのでその場を

去った。

図書館が開館していたので、いつものようにしばらく涼んで本を借りて帰る。

しかし、ここの図書館員美人が多いのはなぜだろう?





2011年8月 6日 (土)

千々石ふるさと夏祭り

今日は、温泉神社(7月18日の狛犬の不思議のブログで紹介した神社です)でふるさと夏

祭りが開かれました。

P1030606_2

以前は青年団が、町内全家庭を回って素麺を売って資金を稼ぎ、大花火まで上げたので

すが、青年団が解散したため、しばらくやんでいました。

はやり夏祭りが無いのではさみしいと、温泉神社の神主さんの発案で、実行委員会を作り

開催にこぎ着けたものです。


茅の輪も作ってありました。

P1030614_2


この茅の輪をくぐって災厄を払うのですが、くぐるのにも作法があり、茅の輪に向かってま

ず左側にくぐって回り、次に右側にくぐって回り、要するに8の字を描き、最後にもう一度左

にくぐって回り、礼拝します(例の2礼2拍手1礼です)。

千々石シルバーの桜会もひょっとこ踊りを披露しました。

P1030593_2

神社の境内だけどフラダンスまで出ました

P1030573

婦人会の方も、子どもと一緒になって「千々石音頭」を踊っていました。

P1030580_4

子どもの足下を見ると、最近はやりの何とかという(すみません詳しくないので)可愛いサ

ンダルというのをはいて踊っているのには可笑しくもありました。


町村合併で段々地域性が無くなってきています。規模は小さくても皆が集まって何かを作

り上げることが必要だと思いました。(町の運動会も無くなってしまいました。)

役員の皆さん本当にご苦労様でした。(うちのかみさんも役員でした)



            風と我一緒にくぐる茅の輪かな  by sugikan


2011年8月 5日 (金)

千々石橘神社・軍神橋工事中要注意

台風の影響なのか、昨日から少し風が強く植木鉢が2~3個飛ばされていました。

さて、いま橘神社の軍神橋が工事中です。

P1030547


こちらかの鳥居から行くと、鳥居の真ん中に見える軍神橋が工事中で全く渡れません。

回り道が表示されていますのでそれに従って行けば車でも向こう側に出られます。

もっとも、下の川に出る小道が駐車場の端にあるのですが・・・

P1020363_2

川には渡り石と、橋もありますので渡れることは渡れます。

P1030234_2


軍神橋を下から眺めながら行くのも良いものです。

昔の工事中の写真がありました、いつもお世話になっている連合老人クラブ、なつかしふ

るさと写真集からですが、

2

_0001_2

軍神橋を作っている所ですが、これを見ると、橘神社を作るのに、いかに大変な工事だっ

たかがうかがわれます。

今、参道は写真のようになっていますが、当初は真っ白な玉砂利が敷き詰めてあって、そ

れは見事なものだったそうです。

P1030424

高齢者の方が、「あん(あの)じゃりはどこんいったのやろ」と言う話をよくしています、

いまは、一個も見当たりません。

本当に、どこにいったのでしょう?


2011年8月 4日 (木)

眠れぬ夜はパンツを脱いで

今日の話は個人的な下ネタが少し入りますので、女子の方はご遠慮ください。

毎日暑い日が続いています。夜も暑さが残り眠れぬ夜も続きます。

さて、この本ご存じでしょうか?

P1030464

平成3年、今から20年前に出版された本ですが、大反響を呼び、大ベストセラーになった本

です。私も、何日か試してみたのですが、パンツを脱いで寝ると何となく心細く2~3日で止め

てしまいました。


今、年を取ると、夜がなかなか眠れなく、ふとこの本のことを思い出し、探してみたのですが、

行方不明でした。かみさんに聞くと邪魔だから捨てたと言うことでした。

もう絶版になっているのですが、アマゾンで検索したら何冊か中古出品されていました。値段

が1円~12,000円まででした。私が持っていたのは1回しか読んで無く、新品同様でした

から、かみさんを恨みつつ注文(運良く600円)をしました。でも、この本、高いのは12,000

円もするのはなぜでしょう?

本を読んで感じるところがあったので、ここ2~3日パンツ脱いで寝ていますが、最高ですね。

特に金○に扇風機の風をそよそよと当てると気持ちよく眠れています。


さて、話が全く横道にそれますが、以前は良く雲仙岳の九千部岳に登っていました。

雲仙岳は、普賢岳、国見岳、妙見岳の三峰と野岳、九千部岳、矢岳、高岩山、絹笠山の五岳

を含めて雲仙岳と言います。いまは、これに平成新山ができています。

全部、何回か登ってみたのですが、九千部岳が一番好きで何回も登りました。

ある平日、代休の日登りました。季節は5月、誰も登っている人はいませんでした。

頂上の少し下に広い一枚岩があり、そこでいつも弁当を食べ休憩していました。

5月とはいえ汗びっしょりになったので、、上半身裸になっで、誰もいないのを確かめて、下半

身まで脱ぎました。もちろんすっぱんぱんです。

岩に寝転んで、下の袋を両手で思い切り広げ、皺の奥の奥まで、5月の陽と5月の風に当

ててやったのです。もちろん裏側もです。気持ちよかったですね。最高に気持ちが良かった

ですよ。

なにしろ、生まれたときはおしめ、おしめがとれるとパンツの中に入れられているのですか

ら。

出るときといえば便所と風呂とあれをするときだけですから。幽閉生活数十年の囚人が外

へ出られたようなものです。あれほどの喜びは金○にはなかったでしょう。


閑話休題(それはさておき)暑くて眠れないときはだまされたと思って、是非パンツを脱いで寝

てみませんか。かなり涼しさを感じます。気持ち良く眠れます。

でも、奥様の前では脱がないように妙な期待をもたれますよ。

それでは、私もパンツを脱いで、お休みなさい。

2011年8月 3日 (水)

千々石海岸・福石様今昔

千々石海岸の一番端の方に福石様があります。

昔、大津波が寄せたとき岩の上のお地蔵さんが、身を海に投げ込むと津波が引いていっ

たそうです。それからこのお地蔵さんをまつり「福石」名付けたそうです。

P1030445

写真では分かりにくいと思いますが(あまり良いカメラを使ってないのですみません)左の

岩の方に恵比寿様と地蔵様(神様)を祀った祠とがあります。右の岩には祠だけです。

真ん中の岩のところに鳥居が作ってあります。

潮が引けば渡れるように道が作ってあり渡れるようになります。

写真では分かりませんが、右の岩と左の岩の間にロープが張ってあります。しめ縄を張る

ロープです。今年は張ってありませんでした。これがあると風情があって良いのですが。


昔の風景です。

Photo_2

(千々石町懐かしいふるさと写真集・連合老人連合会)

子どもたちがたくさんいた頃の風景でしょう。今はここで遊ぶ子どもの姿はほとんど見られ

ません。

写真でお分かりでしょうか?写真真ん中の少し右側に牛がいます。一般にはもうほとんど

死語になってしましましたが、俳句の季語に「馬冷やす」というのがあります。「馬洗う」「牛

洗う」「牛冷やす」とも言います。炎暑のの労苦を終わった馬や牛を川や、海に入れて汗や

汚れを落としてやるのです。

         冷やされて牛の貫禄しずかなり   不死男

馬や牛を飼って使って田畑を耕すところは無くなってしましました。この風景はもう見られま 

せん。

今、使うのはトラックターです。余談になりますが今のトラックターは冷暖房つき、ステレオ

付きが増えているようです。下のトラックターは小型の方ですが、あなたの車より高いでし

ょう。

P1030405

今の海岸です

P1030435_5

福石様の向こう側を見てください。コンリートの護岸になっています。災害のためでしょう

が、何となく味気ないですね。

護岸の所は昔、砂浜で、千々石の小中学生の指定の海水浴場でした。岸のところに冷た

い湧き水があり、子どもたちは体を洗って帰っていったものです。


もし、ここへ来るなら秋が最高です。福石様の間に大きな夕日が落ちていきます。カメラを

している人には絶好の被写体でしょう。

ぼんやり夕日が沈むのを眺めているのも良いですよ。心がすっきりしてきます。ひょうとし

たらここの秋の風景、パワースポットかもよ。

その頃になったら、良いカメラを買ってアップします。






2011年8月 2日 (火)

小浜歴史資料館(勝海舟の書もあるよ)

昨日に続き、小浜です。小浜の国道裏の商店街の中に小浜歴史資料館があります。

P1030367

少し階段を上がると受付があり、均一100円の入場料を取られますが、大人、子ども、男

女とありますから間違えないようにいれてください。

P1030326

入ったところに、温泉の源泉があります。小浜には、こんな源泉が二十数か所ありますが、

1614年三河家からきた本多家は、主君松平忠房に温泉の取り締まりを命じられ三男の

親次を初代の湯太夫にし、代々本多家は湯太夫を継承したそうです。今も、ご子孫は現存

されておられます。

P1030327

歴史資料館は昔の湯太夫の家をそのまま使っています。

P1030363

落ち着いた雰囲気の、屋敷です。今、はやりのパワースポットとは違った。ゆったりした、日

本人の琴線にすれるような感じです。

中へ入ると西陣の着物が目につきます。

P1030348

多分、今の値段で言えば何百万単位でしょう。無造作に5~6着かけてありました。

湯太夫の羽振りが分かる資料です。

P1030349


誰の書か分かりますか?勝海舟です。無造作にパネルにかけてありました。コピーかと思

ったのですが、帰りに管理人さんに聞くと本物だそうです。ケースにに入れて無く、触れば

触れるような状態でびっくりしました。

隣には小曽根乾堂の書。(NHKドラマ龍馬伝に出てきた長崎の豪商。書家、篆刻家として

も有名で、明治政府の命により御璽・国璽を刻しています。)

P1030350

資料は多分本多家の所蔵のものと思われますが、これだけのものを受け継ぐには大変な

心労があるでしょう。

さて、別館に行くと昔の小浜駅を模したものでしょうか、奥には湯屋の番台のおじさんが鼻

ちょうちんをだいして寝ておりました。

P1030344P1030334_2





P1030341P1030336



左は日本の温泉の番付表。皆さんの近くの温泉はどこらあたりにあるでしょう?

右は「西欧人湯銭帳」と書いてあります。

雲仙のゴルフ場は日本で2番目に古いパブリックコースとして有名です。

小浜にも大勢の外人が立ち寄ったのでしょう。

この資料館あまり知られてはいませんが、小浜にお越しの際は是非寄ってみてください。

じっくり見ればいろいろ面白いものがありますよ。

できれば、ここの座敷か、外廊下で昼寝でもしていければ最高だったでしょう・・・・


気分を変えて好きな俳句を一つ

          長者番付の横綱草をかる   三尾知水


いま、草を刈っても刈っても生えてくる季節です。朝夕草を刈る風景が見られますが、草を

刈っているのは女性が多いようです。この横綱も女性の方でしょう。

男性はとてもじゃありませんが横綱にはなれません。偉いのは女性です。












2011年8月 1日 (月)

小浜温泉(長崎)~日本一の足湯

32度の高暑のなか、昨日久しぶりに小浜を歩いてみました。海岸は日曜とあってか、釣り客

でいっぱいでした。

P1030313

温泉街の近くには日本で一番長い足湯があります。温泉の温度105度にちなんで105mだ

そうです。

P1030374_2

P1030376

日曜日のせいかたくさんの方がおられました。しかし、この暑いのに・・・

ちなみにペット用の足湯もあります。

P1020380

懐かしいです受験合宿です。

P1030318


ちなみに日本で初めて雲仙の旅館で受験合宿をしたのは我が出身校でした。

そのとき、各新聞で「温泉旅館で受験合宿」と叩かれ日本中で一躍有名になりましたが、隔

世の感があります。

帰りは洋菓子屋さんで、期間限定の桃のケーキ(桃の種を取り出しクリームを入れたものを)

買ってきました。

P1030394

それとちょびっとシュー、シュークリームは食べたいけれど、カロリーが気になる方は、一口サ

イズですからお薦めですよ。

P1030006


小浜の海岸は全部コンクリートの堤防になって何か味気ないところがあります。

なにか、自然を残す手段が無かったのでしょうか。

このような風景を見るたび笠木透さんの歌を思い出します。




私たちの子どもたちへ
 

          詞  笠 木 透

生きている鳥たちが

生きて飛びまわる空を

あなたに残しておいてやれるだろうか

とうさんは

目を閉じてごらんなさい

山が見えるでしょう

近づいてごらんなさい

こぶしの花があるでしょうう


生きている魚たちが

生きて泳ぎまわる川を

あなたに残しておいてやれるだろうか

とうさんは

目をとじてごらんなさい

野原が見えるでしょう

近づいてごらんなさい

りんどうの花があるでしょう


生きている君たちが

生きて走りまわる土を

あなたに残しておいてやれるだろうか

とうさんは


今あらためてこの詞を読むと、東北の原発のことを思います。

私たちは、いま子どもたちに何を残せるのでしょうか?

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ