トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

わが家の家庭菜園~白ゴーヤがなった

今年はすっかり里芋を植えるのを忘れました。サツマイモを植えようと思ったのですが、か

みさんが農家の出身で小さいときから毎日食べさせられたためか、見たくも無いと言わ

れ、この夏はすかすかの畑になってしましました。

ここは昔はミカン畑で、耕しはじめはびっくりするほど大きなミミズが出てきたのですが、近

頃はほとんど見受けられなくなりました。

ずっといろんなものを植えてきたので地力が衰えてきたみたいです。ちょうど良かったので

少し休ませようと思います。

それでも少しずつはいろいろ植えたのですが・・・

白のゴーヤが珍しかったので2本ほど植えていたらやっとなって、今日の食卓に上がりま

した。

P1030238


味は普通のゴーヤと同じですが、少しマイルドな感じがしました。

トマトは中型のを5本ほど植えました。梅雨明けまで色が悪く心配していたのですが、梅雨

明けとともに色づきはじめ結構実りました。ところがこのところカラスに食べられてしまって

かみさんが袋をかけましたが、どのくらい効果があるのか。

P1020505P1030395





キュウリは結構なって、毎日食べています。


P1030398_3

キュウリの赤ちゃんです。おしりに黄色い花をまだつけています。お分かりでしょうか?

カボチャも結実はするのですが、無事大きくなるのは少なく、大きくなるのを祈っています。

P1030401

冗談半分にフェンスにカボチャを這わせたのですが1個はなりました。

P1020643

青柿がだんだん太ってきました。かなりの数なっているのですが、風で落ち虫に食われ

カラスに囓られ結局去年口に入ったのは5個ほどでした。

P1020641_2

P1020178_4

何となく面白い大根だったので写真に撮りました。。

Dsc_0222_2

すっかり青虫に食べられた春キャベツです。食べようと切ってみたら、中には青虫の糞と

ナメクジが住んでおりました。良く洗って食べましたが、無農薬で作るのは難しいですね。

中東アジアの人が、三分の一は地に戻し、三分の一は虫に与え、残りの三分の一を人間

が食べれば良いと言ったのを思い出します。

ちなみに肥料は「ぼかし」肥料です。

「奇跡のリンゴ」の本ではで殺虫剤は「酢」を使っていると言うことでした。、木酢液、唐辛

子、ニンニクなどを混ぜる良いと書いてある本もあったので試しましたがうまくいきません

でした。

毎年、あの小さな種から良く育つものだと思います。生命力の神秘を感じます。

暑さが、ひどい毎日です。

好きな俳句を一つ。

      暑さぼけいやほんぼけぞ茶漬け食ふ    草間時彦

                                       私のはほんぼけです。

 

2011年7月30日 (土)

諫早運動公園〜千々石海水浴場情報

久しぶりに、諫早の陸上競技場に行ってきました

P1030281_2P1030274_2

気温32度の中、ジョギングロードを走る人、ウォーキングの人、グラウンドゴルフをする人、

様々でした。

さすが、1万歩歩くとくたばりました。

夏休みとあってか、中高生が陸上競技の練習をしていましたが、見ていてかわいそうになる

ほどのハードな練習でした。ここのサブグラウンドで、まだ高校生だった藤永選手と一緒に

走って(勝手に後ろからついていっただけですが)こちらが1周回る間に、2周抜かれました。

とにかく早い、早い。あれが日本女子のトップクラスかと思うと感動しました。

今日なんといっても一番賑わっていたのが

P1030292P1030276

やはりプールでした。流水プールとか、右の写真のような道具とかいろいろあります。

公園の方もいろいろ遊具が設置してありますが、さすがこの暑さか2~3組の家族しかいま

せん。

右は大人もはまる迷路です。

P1030291_2P1030289

P1030286P1030246

本物の汽車もあり、運転席にも上れます。実際見るとすごいものです。

右は、雲仙普賢岳の災害時にも活躍した深江町の消防車です。中にも乗れます。

いろいろあって面白い公園です。もちろんプール以外は無料です。


ここの競技場は、1969年に長崎国体が開かれたとき作られたと記憶していますが、今度は

平成26年の国体のために全面作り替え中です。

外からは少しは見えるようにしてあります。

P1030253

メーンスタンドがここらあたりだと思います。長男が陸上をやっていたので良く来ました。あの

大きな施設が全く無くなっているのを見ると何か寂しい気持ちもしました。

兵ものどもが夢の跡と言う言葉をふと思いました。新しい競技場はできるのですが・・・


帰りに千々石の海水浴場に寄ってみました。とても綺麗な海岸が広がっていました。

P1030295_2

相変わらず寂しい人出でした。もったいない。


近くの国道には、地場産品を売っている店、タウン誌で良く紹介される洋菓子屋ビュアリ

ッツさんもあります。ロールケーキがおすすめです。

P1030301_2P1030302_4

明日は是非千々石へ・・・・・・・(◎´∀`)ノ お待ちしています。


2011年7月29日 (金)

びっくりしたな~最近の農業

毎日、同じところを歩いていると飽きるので、隣町の森山町をぐるりと歩いていました。

橋の下から、大きな音がしたかと思うと、ヘリコプターが飛び出してきて、びっくりしました。

P1030200

本物では無く、農薬散布用のラジコンヘリですが、かっこいいですね。

P1030205

操縦士がどんなかっこいい人かと思ったら、普通のおじさんでした。

でも、バックをさせたり、左右にうまく動かしたりしてかなりの腕前と見受けられました。

P1030204

ちなみにこちらは本物のヘリコプターしかもドクターへりです。

後ろの開いたところから患者を搬入するのでしょう。大村の国立病院に設置してあります。

この日は、救急車より到着が先でした。

P1020668

下の写真にも最初はびっくりしました。田んぼの中をバイクで走っているのです。

P1030014

と思ったら、稲の間を耕す機械でした。初めて見ましたが、新しい農機具なのか、自分で工

夫して作ったものかわかりませんが・・

トラックターも近頃は冷暖房、ステレオ付きでベンツより高いのもあるそうです。

農業は見ていてもきつい作業です。機械が無くてはやれない時代でしょうが、その機械の

支払いのローンで苦労しているそうです。


イチゴの苗を育てているところです。

P1030029

イチゴを育てるのは、以前は地植えで身をかがめて栽培をしていました。かみさんの実家も

イチゴを作っていましたが、夫婦二人とも腰が曲がってしまっていました。

いま、台の上にポットをおいて椅子に座ったり、立ったままで作業をするところが少し増え

てきましたが設備投資にかなりかかったでしょう。



昨日は町内を歩いていると、一カ所苗を植えていない田んぼがありました。

P1030225_2

機械化が進んだといえ、田植えはきつい仕事です。年を取ってきつかったのか、病気にで

もなって田植えができなかったのか気になりました。

耕作する人も無く荒れた畑がだんだん多くなってきました。

Iii_6


かみさんは五人兄弟ですが、そのうち3名は農業をしています。3名の兄弟の子供たちの中

で跡を継いだのは一人だけでした。

就職氷河期と言われていますが、こちらへ来て農業に取り組む人でもいないのですかね。

仕事はきついけれどやりがいはありますよ。




2011年7月28日 (木)

千々石川ふるさと輝くみんなの水辺づくり事業

「千々石川ふるさと輝くみんなの水辺づくり事業」とは

P1030019P1030020


この事ですが、どこが輝いているのか、もう少し水辺を楽しめるようにして欲しいですね、

橘神社から温泉神社の川沿いは遊歩道が綺麗に整備され、こちらの方もあちらみたいに

なるのかと期待していたのですが。・・・

でも「千々石川ふるさと輝くみんなの水辺事業」とは、まあ長ったらしい名前ですね。

もう少し、しゃれた名前は考えられないのでしょうか。役人的発想の命名ですね。

施工主は島原振興局河港課さんです

さて、この作業場に面白いものを見つけました。

P1030154


いろいろ、べたべた張ってあるので見てみました。

ちゃんと責任者の顔写真もありますね。

P1030155

クレーンの手合図はこれ良いですね。こんなものまで張ってあるなんて、今度工事をしてい

るとき見てみたいと思います。

P1030157

これが一番気に入りました。

P1030161


工事現場だけでは無く、どこの職場でも通じることでしょう。

「いつも元気にほがらかに」「互いに仲良く協力し」誰が考えたのか良い文句だと思いま

す。

自分が働いているときの事を思い出し、大いに反省をしました。

P1030159


これには少し笑いました。作業中止基準についてですが、よく見てください。積雪量という

のがありました。この夏に雪が降ることまで心配して書いたのではないでしょうが。

ジョークとしては一流だと思います。

皆さんも、大きな工事をしているところを通るとき、このような看板が必ず設置されているよ

うですから見てください。意外と楽しめますよ。



夕方、田んぼの中を散歩していたらトンボがいつの間にかうるさいほど飛んでいました。


夏の季語に「アマリリス」というのがありますが、わたしの好きな俳句に

        病歴に失恋とありアマリリス   森井美知代

というのがあります。病院に行くと必ず病歴を聞かれますので、一度「病歴は失恋です」と

答えようと機会をうかがっているのですが・・・



 





2011年7月27日 (水)

ふうせんかずらは恋の草

今年は節電をしなければと、緑のカーテンがはやっています。ゴーヤ、朝顔、キュウリ、ヘチ

マなどいろいろ紹介をされているみたいですが、そのうちの一つに「ふうせんかずら」がありま

す。

小さな花が咲いて、とてもかわいい風船みたいな果実ができます(中はスカスカですが)。我

が家では去年フェンスに絡ませて楽しんでいたのですが、こぼれ種があったのでしょう、自

然に成長して来ました。これからまだ成長して、フェンスを覆うほどになります。

P1030171

とてもかわいい感じの風船です。

しばらくすると茶色に変身します。

P1030173


中の方では、種ができています。

P1030196

私の家では、ほとんど2個の種が入っていました。時には3個もあります。

よく見てください。黒と白のツートンカラーですが、白の部分はハートのマークです。

俗名も「ハートの種」だそうです。

P1030193

とてもキュートな感じの種です。


さて、ここから話です。

風船の中には、2個のしかもハート付きの種、これ以上の愛の巣は無いでしょう。

この種を(もちろん同じ風船から取ったもの)一つをあなたが持ちます。そしてもう一つの種

を、片想いの彼氏に絶対気づかれないように、ポケットなり、机の中なり、鞄なりにそっと入れ

ておきます。

いつも、一緒にいた種です。お互いに離れ離れれになったのを悲しみ、お互いに引きつけ合

います。

そしたら、それを持っていた二人もお互いに引き合うようになり、恋愛が成就します。

本当の話かって?昔から言うでしょう「信じるものは救われる」

実はわたしも・・・

種が3個入っていたらどうするか?二股かけたら良いのです。




2011年7月26日 (火)

千々石・田んぼ~赤いものなんだ?

千々石地方夕方に久しぶりに雨が降りました。我が家の野菜たちも少しは元気になったみ

たいです。

今年は、大雨が続いたり、すぐに日照りになったりで野菜のできもあまり良くなかったようで

す。

P1020807

いつも義兄からスイカをもらうのですが、今年は全部中に空洞が入っていたそうです。

先日もらったトウモロコシも例年ほど甘みがありませんでした。


さて、少し前田植えが終わったらと思ったら、苗がどんどん大きくなってきました。

P1020389 P1030133

苗の中に赤いヘンなものが見えます。

何でしょう?

P1020639

ジャンボタニシの卵です。だんだん増えて来てみるみたいです。

戦後、隣町の方が金になるというので養殖をしたけれど、失敗してそのままにしていったの

が、あちらこちらに移ってきたようです。畑に客土したときに紛れてきたのでしょう。

苗が若くて柔らかいときは、食べられて被害があるそうです。

P1020827

左側がおたまじゃlくし、右が多分ジャンボタニシです。

食用なら1回試食しようと提案したのですが、職場全員から却下されました。あの不気味な

卵をみるともっともでしょう。


余談ながら今日は漢方薬医さん(専門は内科医者ですが漢方専門でやっておられます。)に

行ってきました。 5年前から通っていますが、当時は患者さんも少なく年寄りばかりで、すぐ

見てもらったのですが、最近は30代~40歳代の特に女性の方々が増え、また20歳代の女

性の方もだんだん増え、2時間待ちでした。東洋医学の流行のせいでしょうか。




2011年7月25日 (月)

橘神社~さざれ石はあったのだ

皆様もご存じのように、国歌君が代に「さざれ石の巌となりて」という一節があります。

小さな石が集まって大きな岩になると言うことですが、この歳になるまで、これはたとえで

あって、こんな事があるもんかと思っていたのですが、あるのですね。

ギネスブックで日本一の門松で有名になり、参拝者が一挙に増えてきた橘神社の鳥居で

す。

P1000999 

その橘神社の本殿右側に橘中佐の生家が解体されるとき、その一部を持ってきた遺徳館

があります。生家の図が描いてありましたが、すごく大きな家だったのでしょう。

  P1030146_2 P1030144_2

ここの右側に「さざれ石」が置いてあります。少し長くなりますが、説明文を引用します。

「さざれ石」は学名を石灰質角礫岩と言い、雨水に溶解された石灰岩が粘着力の強い乳

状液(鍾乳石と同質)となり、地下において大小様々な石を凝結。次第に一体化しこのよう

に大きな岩となったものが、何千年何万年という長い年月をかけた河川の浸食作用によ

り地上に顕れたものです。

なお、このさざれ石は岐阜県から寄贈されたものだそうです。

この石も何千年何万年かかってできた岩なのでしょう。

P1030136

立ち寄られたら、是非ご覧ください。

さて、同じく本殿右側に釧雲泉の記念碑と手習石があります。

釧(くしろ)雲泉は江戸時代の南画の孤高の画聖と言われています。地元にはほとんど作

品は無く、二点ほど個人所有になっていると言うことです。そのうちの一点を見たことがあ

りますが、こちらの方は全然分からなくて・・・・

その雲泉は子供の頃下の大きな石、手習石と地元では言っていますが、この石に泥を塗

って絵を描いていたと言います。

P1020490

今のように何でも手も入る時代とは違っていたのでしょう。



橘神社本殿裏に行かれた方はほとんどおられないと思います。

P1020495

弓道場の跡です。屋根付きでは無く、屋外の道場です。

昔はかなり盛んで、春の祭りの時には長崎県下から弓道をやっておられるかたが多数

こられて、弓道大会があったものでしたが、だんだん競技人口が少なくなり、地元で中心

になっておられた方も亡くなられたため自然消滅して閉鎖してしまいました。

自分も、多少練習していたのですが、結局アーチェリーに転向してしまいました。

懐かしい場所です。

神社に来られた折には、本殿でお祈りするだけでなくいろいろご覧いただければと思いま

す。


2011年7月24日 (日)

千々石海水浴場~今日は最高でした

今日は、夏休みの最初の日曜日だったので、海水浴場の海岸あたりを歩いてみました。

ゴミもほとんど無く、今日は綺麗な砂浜でした。

P1030121

でも、海水浴客が少なく、20名程度でした(午前11時頃)。何か寂しい感じもしましたが、

どこかの海岸みたいに芋を洗うような人出より思い切り遊べて良いでしょう。

P1030106

海水浴客、特に子供が少なくなったのは、少子化もありますが、小中学生のスポーツ大会が

あちらこちらで開かれていることもあるようです。

本当ははこんなところでのびのびと遊ばせた方が良いと思いますが。

カモメもゆったりしています。

もっとも、一年中こんな感じでぼんやりしてますが。何を食っているのか┐(´д`)┌ヤレヤレ。

P1030094_2

昔は、遠浅の海岸でもっと人出が多かったそうですが、昔の名残でしょう。

壁に、塩浜海水浴場と書いてありました。

P1030118

千々石海水浴場は狙い目ですよ。のびのびと遊べます。プールも良いですが、自然に親しま

せて遊ばせた方がいいとおもいますが・・・

ちゃんと監視員さんも配置しています。

昼も近くになって、バーべーキューの良い匂いがしてきたのでこちらも家に帰って昼食にし

ます。

2011年7月23日 (土)

万里の長城に行ってきました~牧場の里あづま

万里の長城と言っても「牧場の里あづま」にある、万里の長城を模した展望台です。

愛野から、島原に至るグリーンロードの途中にあります。少し山側に入り込みますが。

P1020766

と言っても、全長480メートですからかなりの距離があります。もちろん本物に比べると・・・

子どもの遊ぶところもあり、草そりもできます。段ボールを持って行った方が良いでしょう。

牛さんもたくさんいて、こどもも喜びますよ。本物はあまり見たことが無いでしょうから。

ここからは、諫早湾干拓の堤防がよく見えます。

P1020799

やはり壮大なものです。諫早市の森山町では、この堤防ができる前、、雨がひどいときには

国道まで水浸しになっておりました。もちろん田んぼの苗も水の中です。海の満潮時に川の

水が海に流れ込まなくて、あふれかえってしまうからです。堤防ができてからは、調整池に水

を流し込むためこのようなことはなくなったようです。

といって、長崎、熊本の漁民の方は不漁続き、日本でも有名な有明海苔はとれなくなったと

言うことでした。これを調整するのが政治、官僚でしょうが、今のところ絶望的ですね。



さて、この万里の長城に沿って道がずーっと続いています。一番奥は源泉公園になっており

ます。

P1020783

道が多少でこぼこになっていますが、十分に通れます。もっとも、あんまり高級車では行かな

い方が良いでしょう。

この源泉公園の奥に水源があります。この水源が吾妻の川になっていくのでしょう。

P1020777



すごく冷た綺麗な水でした。

飲んでみたら、甘露甘露。

ここも何となく霊感を感じ、パワースポットぽい

感じでした。





帰りに牧場の里の入り口にこんな看板が立っているのに気がつきました。

P1020800  P1020803

多分龍馬が島原半島を歩いたのは、新婚旅行の時でしょうが、ここは左に行けば田代原。

今は九州自然歩道になって、整備されていますが、夏は草ぼうぼうで歩けたものではありま

せんでした。田代原から雲仙温泉までは一山越える大変な道です。

右に行けば千々石の橘神社方面になりますが、当時はこの道をつかったとは思われませ

んが・・・もっとも竜馬が千々石を通ったの、通らなかったとの話もありますが・・・

この牧場の里の下の方に、俗に開拓道路というのがありますが、そこを通ったのか、いろい

ろ考えましたが、分かりませんでした。



この間、唐比の蓮のことを書きましたが、今年は例年より見栄えが悪いようです。

花が散った後はこのようになります。これはこれで見ているとなかなか趣向がありますよ。

P1030075

2011年7月22日 (金)

瑞穂町~パワースポット岩戸神社

今日は涼しく過ごせて、少しはほっとできました。

島原の病院からの帰りに愛野町から島原までの広域農道、通称グリーンロードを通って穂

穂町の岩戸神社に寄ってみました。説明は下をご覧ください。

P1030053

何となく霊気を感じ、神域というか、パワースポットの感じがしました。実際いかないと、写真

ではなかなかわかりません。

行ってみて、ここに昔の人が神社を作った気持ちが分かるようでした。

P1030034

この右側に説明版に書いてあった縄文時代以前からの住居跡かなと思われる洞窟があり

ます。

P1030045  P1030048

中を見たら、神様が飾ってありました。

大きな木が何本もあり、手で触っていると木の鼓動が、木の生命力が伝わって来ます。

昔の人も霊力を感じる場所に聖域、神社などを作っていったのでしょう。私も霊気を感じると

きがあります。皆さんも同じでしょう。こいう場所を大事にして、子孫に伝えていきたいと思い

ます。

帰りはいつものように美人豆腐に寄りました。ここの豆腐を食べると美人になるのか。

売っている人が美人なのか。寄って確かめてください。

ごらんのように夏野菜もたくさんおいてあります。地場産ばかりです。

P1030055 P1030056

隣に雲仙ブランドのあかね豚を売っている「雲仙どまんなか」という店があります。

今日は、「あかね豚手作りハンバーグ」と「あかね豚いりコラーゲン餃子」買っていきました。

明日食べるつもりです。健診では脂肪肝と言われたのですが・・・

P1030060

2011年7月21日 (木)

千々石町~小浜町・汽車道・緑のトンネル・六角井戸

千々石町から小浜町まで車で行くのに2つのルートがあります。

一つは国道57号線、もう一つは県道201号線を行くルートです。県道201号線は地元で

は通称「汽車道」と言っています。昔ここに汽車が走っていたからです。この鉄道について

はまた、後日記事を書きたいと思います。

当時はこんな風に走っていたそうです。前方から汽車が煙を出して走って来ています。

Photo         (千々石町老人クラブ・千々石町懐かしいふるさと写真集から)



今は、線路のところは舗装され県道になっていますが、トンネルは立派に残っています。

P1020455

トンネルは4本あります。県道201号線自体狭くて走りにくいのですが、特にトンネルが曲が

っているので前から車が来ているのか来ていないのか見えず、スリル満点です。

この日も、真ん中のところでマイクロバスに出会って苦労しました。初心者運転の方ならす

れ違うことは、まあ無理でしょう。

緑のトンネルです。

P1020444

木がうっそうと茂り、覆い被さっています。日によっては本当のトンネルに入ったように真っ

暗になってライトをつけて走ることもあります。

夏走り抜けるとと気持ちが良いですよ。

小浜まで行く途中、富津という地区があります。201号線から海に向かう分かれ道を下っ

たところです。

六角井戸があります。水に不便な土地でしたが弘法大使がここを掘れと言ったところ、水

が出てきたといいます。弘法大師のこの話は各地にありますが・・・

P1030001

井戸を囲んだ壁ところはこのようにぎざぎざになっています。

水を桶でくみあげるとき、綱にこすられてこのようになったと言います。このようになるまで

何十年とかかったことでしょう。(上の写真の右側と、左側になります。)

人間の生活の歴史を見ているような感じでした。 

P1020993_2


運転に自信のある方は県道201号

線を通られてみてはいかがでしょう。

国道より面白いですよ。

なお、途中に割烹料理屋さんがあり

ます。わたしたちも何回か宴会をした

ことがありますが、なかなか良い料理をだしてくれますよ。

2011年7月20日 (水)

千々石・海水浴場

幸いにして、台風は長崎には若干強風が吹いただけですが、ニュースで見ると四国付近は

大変みたいで、お見舞い申し上げます。

知らない間に千々石の海開きがあったようです。昔は派手に橘太鼓などが来て盛り上が

って大勢で見にいったのですが・・・

P1020926

昔はこのコンクリートいっぱいのところまで広い桟敷が作られていました。いまはこの写真

のずっと端の方にテントが1~2張り建ててあっただけです。平日、台風去った後でもあり、

監視員が誰もいない海を眺めていました。何となくわびしい風景でした。

千々石海岸は昔は美しく日本自然百選に選ばれたのですが、潮流が変わっていったのか、

日によっては、ゴミが海岸に寄ってくるようになりました。

P1020294


桟敷席を見にいったら思わず首をひねりました。

P1020923

うどんとちゃんぽんが同じ値段とは?どちらも400円です。

この後ろは松林になっています。

P1020674

何百年の厳しい海風、台風に吹かれながらこの姿になったのでしょうが、生命の力強さを感

じます。自分も負けないようにがんばらなくては。



2011年7月19日 (火)

千々石・橘神社公園の葉桜

長崎県の桜の名所の一つに橘神社の公園があります。

近頃気がついたのですが、公園の軍神橋のすぐ横の桜に、標柱が立てられ「橘公園開花

基準木」と書いてありました。この木の桜が咲いたときが橘公園の開花宣言がされるので

しょう。

P1020756

あれだけ賑わったシーズンが終わると全く人が来ません。

桜の木のささやきが聞こえます。


P1020916

「今年の春は疲れたわね。」

「そうね、あんなに人が来ると思わなかったし」

「人に見られると思うと、みっともないかっこうはできないし。」

「早起きして、お化粧もしなきゃいけないし。」

「よっぱらもいるし、カラオケを持ち込むやつもいるしね。騒がしいたらありゃしない。」

「おまけに2~3週間するとうば桜になっちゃうし。」

「今はラクよね。誰も来ないから、ゆっくり寝られるし、スッピンでもいいしね。」

「今の私たちが一番勢いが良いときなのに、少しは見て欲しんだけど。」

「でも、誰も来ない方が気楽で良いわ。」

いま、葉桜の季節で来る人は誰もいません。

僕はこの葉桜の季節が好きです。葉に勢いがあり、枝がどんどん伸びていっています。

皆さんもどうですか、ここへ来て、ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり歩いて、大きく、大きく、大きく

息をして。元気が出ますよ。


        葉桜や五十半(なか)ばの片想い   by sugikan


 

2011年7月18日 (月)

千々石・温泉神社狛犬の不思議

長崎県で神社というと、桜で有名な橘神社があります。近年は、世界一の大門松、松明の武

者行列で有名になりましたが、本来、千々石町の氏神様は「温泉神社」です。

P1020871

鳥居のところに、狛犬がおいてあります。左の方の狛犬の表情が何となく愛嬌があるので写

真を撮っていました。

P1020872

写真を撮っているうちに何か奇妙なことに気づきました。

後ろから見ると、( ^ω^)おっおっおっ。付いているんですね金○と。僕のより立派なお○ん

○んが。

P1020854 P1020876

右側のもう片方の狛犬にはなにもついておりません。

P1020853 P1020877

本殿横に新しい狛犬(床井元町長の退任の際奉納されたもの)があるので見にいったら。

残念ながら、礼儀正しくお座りになられておられ確認できませんでした。橘神社が近くなので

そちらにも行ったら、同じようにお座りになっておられて確認できませんでした。ひっくりかして

雄か雌か調べる訳にもできませんしね。ネットで調べても狛犬の雄、雌については分かりま

せんでした。

昭和4年奉納され、奉納された方は宮本平吉というかた、石工は山口関太郎という文字が読

み取られました。もう生きてはおられないと思いますが、なにかいわれがあるのか、もう少し

調べたいと思います。なにか知っている方がありましたらお教えください。

P1020816



最近読んだ本です。

井上ひさしは中学生の頃からよみましたが、

「むすかしいことをやさしく

 やさしいことをふかく

 ふかいことをおもしろく」

と言う言葉をいつまでも覚えています。

人の前で、説明をする機会が多い職業につい

たのですが、人の前に立つとき、いつも、この

言葉が頭の中に響いておりました。

2011年7月17日 (日)

千々石の川・亀・鯊(はぜ)・うなぎ・カッパ

毎日一万歩を目標に歩いています。夏の日が強く、顔が焼けてぴりぴりするのでかみさん

に言ったら、これつけたらと、美白入り日焼け止めクリームをもらいました。

おでこと、ほっぺたにつけて鏡の前でクリームを伸ばしていくと、何か、はるなあいちゃんと

か、IKKOちゃんになったようで、癖になりそ~。少し色も白くなったみたい~。

昨日着いたばかりの4,725円した田中帽子店の麦わら帽子をかぶり、なんとかという(名

前を忘れました)水を含ませ首に巻くやつを~水が気化して涼しいとのこと~首に巻いて歩

いたら、何となく心浮き浮き。



上が4,725円の麦わら帽子、真ん中が、なんとかかんとか、下が化粧品。

P1020841 

途中川で鯊(はぜ)釣りをしている子供がいました。

P1020846

昨日は、ここから少し上流で大きな亀が泳いでいました。小さな亀は結構見るのですが。結

構大きな亀でした。

先週は三名ばかりの大人が川で何かやっているのを見みましたが、ウナギ釣りでした。結

構大きいのが釣れていました。海からここまでもかなりの距離があるのにあの小さな稚魚

が上ってくるのを考えると生命力のすごさを感じます。天然のうなぎは美味も美味。

昔は、夜に千々石川の河口の海ででカンテラの明かりで、ウナギの稚魚をすくい取ってい

る風景も見られましたが。今はあまり見られないようです。

千々石のカッパです。温泉神社のすぐ隣の川に住んでいます。カッパの皿をなでてくると、

頭が良くなるげな。

P1020267

2011年7月16日 (土)

長崎県雲仙市千々石町やまめの里~千々石町岳地区

きのうは棚田のことを書きました。


その棚田の中の道を(車道になっています)どんどん上っていきます。まだかまだかと言う

くらい上っていきます。


途中からこの道いけるのかな、と思いますが構わず上っていきます。

こんな綺麗な小川が流れている横の道を上っていくと「やまめの里」があります。

P1020743

ヤマメを養殖しています。

P1020736

見学者用の通路ですがここの左右のプールでヤマメを養殖しています。すごい量の清冽

な山水を利用しています。

P1020741

写真では分かりにくいと思いますが、驚くくらいの量のヤマメが泳いでいます。

P1020731

ここまでくると、下界とちがって、涼しさ満点です。気持ちがいい涼しさです。

もちろんヤマメを食べさせてくれる食堂もあります。小さな釣り堀もありますよ。釣道具は

食堂に用意してあります。

P1020726

釣った分は買い取りになるようですが、結構釣り上げていました。


生きたままのヤマメも酸素を入れたビニール袋にいれて持ち帰りができます。

バーべーキューのとき、塩焼きにして食べましたがなかなかの美味でした。皆さんもいか

がですか。

やまめの里・2012年新情報はこちらをクリック







2011年7月15日 (金)

日本の棚田100選・長崎県雲仙市千々石町清水棚田

P1020319

日本の棚田100選に選ばれている、千々石町岳地区にある清水棚田です。

谷間にあって、水が豊かで綺麗で、また少し高台にあるため気温が下より低く、そのためか

良質の米がとれる事で有名です。

我が家もここから毎年一年分、夫婦2人分3俵の米を玄米で買っています。家庭用の精

米機があるため我が家で精米しています。

持ってきてもらったばかりの玄米を精米し食べる米のうまいこと、うまいこと。おかずも何にも

いらない美味しさです。日本人に生まれて良かったと感じる瞬間です。

ただ、一と月ほどするとだんだん風味が落ちてきます。保冷庫に入れていると違うのでしょ

うが。残念です。

よく、死ぬ前に一食だけ食べるとすると何を食べたいかという質問がありますが、私なら、

ためらいなく新米で作った握り飯と答えるでしょう。

フォグラ、キャビア、トリュフ、フカのひれなんか及びもつかないでしょう。(もっともわたしは安

物しか食べたことがありませんが)

ここの棚田は宮中への献穀米を作った田もあります。作られた方、また地区の方は刈り

取りまですごく気をつかわれたそうです。

P1020721

棚田の石垣です。

Photo_2

重機も何もない時代、木を切り、根っこを掘り出し、石を動かし、この石垣の一つ一つを人

間の手で積み上げ、谷間を切り開いていったのでしょう。

そうまでしないと、食べられない時代があり、また、現在も急な坂を上り下りしながら米を

作られていることを忘れてはならないと思います。

ただ、美しいだけではなく、人間の苦しい時代があったこと、重労働をしながら米を作られ

ていることを思いながら見てほしいと思います。

収穫時には祭りをしているので是非お越しください。

2011年7月14日 (木)

仙落しの滝〜涼しさ求めて滝へ(千々石)

とにかくなんといっても暑い日が続いています。

少しでも涼しくなろうと、滝を見にいきました。千々石には稚児落としの滝と、仙落としの滝が

あります。稚児落としの滝は少し山の中に入らなければなりませんが、仙落としの滝は現

在滝のところまで舗装道路が通っているので4Wの車など使わなくても、誰でもいけるように

なっています。

昔「仙どん」という人がカズラを取りに行って落ちたところから、この名前があります。

千々石町史には、川床の露出部が一枚岩で50メートル以上続きその極まるところから、そ

のまま七十四尺の断崖になって滝壺は三十坪余の広さで・・・・と記してあります。

ただ、行くまでの道がなかなかわかりにくく、千々石から田代原(雲仙の麓、放牧場、キャン

プ場があります。)に行く道の途中から脇道に入ったところにあります。

google Earthで調べると 32°47′21,72″N  130°13′58,90″E あたりになっ

ていました。

訪れる人もほとんどいないのですが、当日は4名ばかり写真を撮りに来ていました。

このところ、雨が少ないせいか水の量が少ないようでした。

P1020698

6月の雨が多いときに行ったら、水量がすごく、近くには寄れない状況でした。

P1020282

雨が降らないときは、全くの空滝になり一滴の水も落ちて来ませんのでご注意を。

昔は、この滝壺で子供たちが遊んでいたそうです。子供が多い時代で賑わっていたでしょ

う。

_0001_3

(千々石町史からの写真)

今は、神秘的で何となくパワースポットみたいな感じです。

涼を求めて是非お越しを。

2011年7月13日 (水)

もうぼちぼち、唐比ハス園

2~3日前に諫早の森山町唐比の蓮公園に行ってきました。

7月3日に蓮祭りがある予定でしたが、数日前からの大雨のため残念ながら中止になって

おり、残念でした。

つぼみがたくさんついていました。

Photo_3 

今週の末くらいに咲くのではないでしょうか。下の写真は数年前の写真ですが、公園は以前

より素晴らしくなっています。唐比地区の皆さんがボランティアで作り上げ、管理されていま

す。大変な事だと思います。

Dsc_0210

つぼみもかわいいですよ。

Photo_8

写真を撮られる方、また俳句、和歌、絵画の良い素材にもなると思います。

花の中もゆっくりご覧ください不思議な造形美です。

Photo_6




新聞で大きく宣伝が出ていたので、読んでみました。

P1020715_2

一言でいえば、健康は自律神経にあり交感神経と、副交感神経のバランスが大事だとい

うことのようです。毎日一万歩歩いていますが、書いてあったように今日はゆっくり歩いた

ら、いつもより気持ちが良かったですよ。

2011年7月12日 (火)

小浜・夕日と妊娠

小浜の落日、夕日は美しいことで有名です。斎藤茂吉も小浜に宿泊していたとき

  Mokichi_3

と言う短歌作っています。今、小浜の海岸は全部コンクリート堤防になっていますが当時は

砂浜が広がっていたのではないでしょうか。小浜の落日、夕日はすばらしいものがあります。

この短歌を読んでひょんな事を思い出しだしました。

ここからは「げなげな」話になります。「げな」については7月7日の「これ発電所??」

に説明をしていますのでお読みください。

数十年前、あるタレントが下のような話をしていました。

加山雄三さんのお父様上原謙さんが38歳年下の大林雅美さんと再婚をしたとき、小浜に来

られたそうです。

二人ですばらしい夕日を十分に浴びたそうです。その晩何があったかは知りませんが、奥

様が妊娠されたそうです。

そのタレント曰く、小浜の夕日は妊娠に効果がある。

以上の話はあくまで「げなばなし」であり、私は責任をもてません。

子供さんがほしい方は小浜を訪れて、試しに夕日をたっぷり浴びられたらどうでしょうか。

最も、一人で来ても効果はないでしょうが・・・

そして、そのとき、加山雄三さんの奥様も妊娠をされていて、上原謙さんの子供と孫の年が

同じだったそうです。

加山雄三さんの次男は1975年生まれ、上原謙さんの子供さんは1980年生まれ、加山雄

三さんの長男の生まれ年は分かりませんでしたが。これから推測すると多分ほぼ同じではな

かったのではないでしょうか。

ここ島原半島の夕日は本当にすばらしいものがあります。

千々石でも素晴らしい夕日が見られます。わたしも、時々一人で見にいきますが、気がつけ

ばまわりはアベックだらけの時もあります。

私の横にも素晴らしい女性がいればと思いますが・・・妻以外の

2011年7月11日 (月)

ヘンな時計!

気持ちの良いくらいの暑さでした。10時から一時間ほど外を歩いてきました。

覚悟を決めて歩けば、これくらいの暑さは気持ちが良いものです。

私の好きな俳句に

          七月は脳を休めて水飲んで      唐沢動火

          暑き故ものをきちんと並べをる    細見綾子

という句があります。何となく納得のする句だと思いませんか?

さて、プロフィールに書いたように趣味は多かったのですが、ほとんど中途半端に終わりまし

た。

一時、時計(機械式)に凝ったことがありますが、あの世界は世間とは価値が違い、少しいい

なと思うと何百万円、もう一桁多いのもありました。

自分の手の届く範囲でと思い、7~8個ほど売り買いをしたのですが2~3個ほど残して止め

ました。

下の写真時計どこかヘンでしょう。

P1020666

短針がないのです。値切って買ったために短針を抜かれたのではないのですが。

中央上の枠の中の「3」が時を現します。下の丸いところが秒針です。ですから、この時間は

3時15分23秒です。

分針が一回まわると枠の中の数字がジャンプして進んでいくので「ジャンピングアワー」という

名前の時計です。

裏側もすばらしく

P1020664

綺麗なスケルトンです。

いつまで見ていても飽きません。機械式時計は人を魅了するものがあるのでしょう。

値段は、給料ほどでしたが、妻から領収書を見つけられ、怒られる怒られる。

もう一つ「ZENITH」のクロノマスターというのを持っていますので、機会があったら紹介しま

す。

2011年7月10日 (日)

海は広いな大きいな!

暑い一日でした。道元の和歌に

      春は花 夏ホトトギス 秋は月 冬雪冴えて 涼しかりけり

と言うのがあります。家からホトトギスの声が時々聞こえるのですが、暑いものは暑い。

暑いので、海岸を歩いてみました。海風は強く少しは楽でしたが、今日の海岸は少しひどく、

ただ流木に興味がある方はこんな時が最高でしょう。面白いのもありました。

Photo_8

こんなに綺麗なときもあります。

潮の満ち引き、波の具合でこうなるのでしょうが、奇跡を見ているようです。

Photo_9

今日はパラグライダーが飛んでいてラッキーでした。

Photo_10

出発するところは、猿葉山の上にあります。

Photo_11

右の方にも斜面がありますが、風の具合で飛び出す方を決めるみたいでした、見晴らしも良

いところで、気候の良いときは昼寝をしに行くときもあります。

手作りの涼み台でしょう。夕涼みして潮風にあたりながらビールでも飲んだら最高でしょう。

柵は流木みたいです。

Photo_12

夕方から1時間ほど草刈りをしたらくたばりました。

  

2011年7月 9日 (土)

夏だ!ところてんだ!便秘にもいいよ!

「ところてん」は「心天」とも「心太」とも書きます。良い字ですね、「天」の「心」、「心」が「太」い

何かその姿とはちぐはぐですが・・・

ところてんは、海草類で作りますが、乾燥させた海草ををゆでて溶かし(寒天と同じ作り方)

冷やし固めたものです。

腸の中で消化されないため整腸効果があり、便秘にも良いそうです。(そういえば数年前寒

天ダイエットがはやり、店から粉寒天が全部姿を消したこともありましたが、寒天も海藻から

作るのでところてんも同じ効果でしょう)また、カロリーが少ないため、私もダイエットをして空

腹に耐えられないときはところてんを食べたものです。

最近は店屋さんでもあまり見かけないか、片隅にひっそりおいてあるだけです。なにか寂しい

気持ちがします。

ところで千々石のところてんやさんも開店しました。開店といっても毎年7月から9月までで

すが。この店が開くと夏が来たなと思います。

Tokorotennya

あるのは、ところてんとラムネだけです。

Ramune

もちろん手作りで、近隣の町にも有名で、わざわざ買いに来る方もおられます。

こんな感じで冷やしています。上にうっつているのはところてんを突き出すものです。

店には電気クーラーはなく、自然の風のクーラーです。

場所は千々石のヤマト醤油さんから少し入ったところ。

店で食べても良し、持ち帰っても良し。今日家で青のりを少し振りかけて食べたらお

いしかったですよ。

夏です!ところてんを食べましょう。

2011年7月 8日 (金)

田んぼの風

田んぼの中を歩いてきました。田んぼの中を渡る風はとっても気持ちよく、心身ともにすっ

きりとしてきます。

田植えの前は、あちらこちらから田に水を引く音がして、田植えのシーズンが来たこと

を感じさせます。

           水音の今年も田植え始めかな   by sugikann

田植えも昔は集落全員協力しながら、大勢でしたものですが、小昼(10時か3時頃食べる

おやつ)には誰かが作ってきた田舎まんじゅうを囲んで話をし、田植えが終わると「さなぶ

り」といって全員集まり、飲んだり食ったりして馬鹿話をして楽しかったそうです。

今では、広い田も一人でトラックターと田植機を使って植えてしまいます。田植機は一年に

一回の出番です。2~3日の役目が終わるときれいに洗われ、納屋にしまわれます。

            田植機の今は静かに納屋のなか by sugikann

人と人とのつながりがだんだん薄くなっていくのは都会だけの話ではないでしょう。

しかし、実際に農業をやっている方に聞くと、仕事は昔より格段に楽になったそうです。

どちらの方が良いのか、わたしは実際に農業に携わっているわけではないので、なにも

いえないところです。

でも、田舎においても、新しい、人と人とのつながりを考えなければいけないい時代だとは

思います。

Tannbo1

植えられたばかりの時は、頼りげなかった苗もだんだんしっかりしてしきました。思春期の

成長著しい子供たちを見ているみたいです。稲がだんだん育ていくのを見ているのは気持

ちがいいものです。

2011年7月 7日 (木)

日本一小さな水力発電所げな?

Hatudennsho1

千々石の第3発電所です。発電力では日本で一番小さな発電所げな(※注 げ

な)。

千々石の国道下の谷間にあります。

確かに九州電力電力の九州管内水力発電所資料をを見れば九州内では一番

小さな発電所です。

長崎県内では、8カ所の水力発電所がありますが、そのうち5つの発電所が

千々石にあります。

松浦水力発電所700.000KW、相浦発電所875,000KW、鰐川発電所

320KWだそうです。

千々石は第一発電所170KW、第二発電所150KW、第四発電所330KW、第五

発、電所120KW、そして第三発電所が65KWです。大正7年から運用を開始し

ています。

これに続いて小さいのが熊本県の下滝下水力発電所で68KWで34軒分の電気

をまかなっていたそうです。

Photo

このような送水管から、水を流して発電機を回します。水源がどうなっているの

か見にいきたかったのですが、フェンスがはられて入れませんでした。若いころ

ならよじ登ってはいていたのですが・・・

さて、これに対して、玄海原子力発電所では1号機から4号機まで合わせて電力

出力3,478,000KWだそうです。3,478,000KW対65KW、横綱と幼稚園生

の相撲にもなりません。

いま、原子力発電に対して賛否両論ありますが、こんな小さな水力発電があり、

私たちの家に電力供給をしていることを忘れてならないでしょう。

原子力発電の危険性が分かった今、いろいろな発電の可能性について、この発

電所をみて考えています。

※げな~自分で見たり確認した事ではないが、他人から聞いた噂話など等を           

      するとき使う言葉「あん(あの)二人はよか(良い)仲げな」

      「あん人はげなげな話が多して。」 と言うように使います。        
     

 
さて、これを書いたのは7月でしたが、もう一度調べると、福岡県の筑後川支流の栗木 

 野発電所が60Wで千々石が5W負けていました。申し訳ありませんお詫びいたします。

 はやり、私のは「げなげな」話だったみたいです。(^-^;


またまた訂正ですm(_ _)mもっと小さいのがありました。9月21日のブログを見てく

ださい。

申し訳ありません。(9月21日訂正)





2011年7月 6日 (水)

千々石(ちぢわ)です

Chidiwa1

千々石町(ちぢわちょう)です。雲仙の麓にあります。7町合併で雲仙市千々石町になりました。以前は、南高来郡(みなみたかきぐん)千々石町でした。

東京から荷物を送るとき、伝票に住所を書いたら「みなみこうらいぐんせんせんいしちょうですね」といわれ、落ち込みましたが、こちらで東京の「狸穴」を「たぬきあな」と読む人がいることを考えると同じようなものですね。地名の読みはなかなか難しい所があります。

「町」とかいて「まち」と読む場合と「ちょう」と読む場合がありますが、長崎県では「愛野町」「加津佐町」「宇久町」「厳原町」の4町のみが「まち」と読み後は全部「ちょう」と読みます。

皆さんのところではどうでしょうか?

出身は長崎市内ですが、結婚詐欺(妻にだまされて)にあって妻の住んでいる千々石町に住むことになりました。住んで30年近くになります。

プロフィールに書いているように、趣味は多かったのですが、どれもこれも中途半端なものばかりになりました。このブログもどうも中途半端なものになりそうですが、適当にお付き合いください。

トップページ | 2011年8月 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ