2020年10月23日 (金)

歌ってよ!Siri!!~高音厨音域テスト

Img_6937 Img_6934

昨日は雨のため一日家におりました。YouTubeを見ていると初音ミクの「高音厨音域テスト」というのがありました。

この歌、段々音域が上がってきて、最後は無茶苦茶高い音で、最後の「終わりだよ/いや嘘だよ/hihihiA hihihiB hihihiC D A/ ここまで出たなら合格」と言うところは、絶望的です。


とは言っても、プロの方、バンドの方、素人の方イロイロと挑戦しています。男性もいますね。この方、すごい高い声が出ていました。


Img_6931 Img_6940

そのうち「高音厨のSiriならば」、ということで、「Siri」さんに歌わせている方がいて・・・

Img_6936 Img_6939

私も挑戦をしたのですが・・・2日間に渡って何回も挑戦して、スクショしたので時間が順番になっていませんが、まったくダメでした、真ん中の「ららららららら」は、ただ話しただけで歌ってはいません。

Photo_20201023163601  Photo_20201023163602   Photo_20201023163701

左の「さくらさくら/野山も里も・・・」は読んだだけで、歌ではありません。
で、いろいろ試してみると「”Apple Music”では・・・」と出ましたが、私のiPhoneに入ってないので、ひょっとしたら”Apple Music”にないのかも分からないので、私のiPhoneに入っている「麦の唄」をリクエストしたら・・・

 Photo_20201023173301 Photo_20201023173302

結局はダメでした。また、挑戦してみるつもりですが・・・じぇったいに、歌わせるぞ!!!

Photo_20201023173401  Photo_20201023173501

なお、この歌良い歌なので、私も一緒に歌ったら喉を痛めました。良い子も、悪い子も、この歌、歌うときは要注意です。



2020年10月21日 (水)

「給湯管」かな?~雲仙

1_20201021200901

どうでも良いといえば、どうでも良いことなのですが・・・

上の絵葉書を見ていると、下の方に管のような物がみえます。

(各写真は、クリックするとハッキリと見えます)

8_20201021200901

2012年11月10日に「ガイド養成研修」の様子をブログに書きましたが、その時、地元のガイドさんから、昔の温泉の給湯管(というのかどうかはよく分かりませんが)は、杉をくり抜いて、源泉からお湯を引いていたという話しを思い出し、行ってみたら、まだありました。中心の所、穴が見えます。

3_20201021201001

今は、下のような管でお湯を引いています。左は湯気が出て、管が数本あるところを見ると源泉の一つかと思われます。

4_20201021201001 5_20201021201101

もう一つ思い出したのが、下のガラスの乾版で。

6_20201021201101

ポジに直したら下の写真。矢印の所、特に黄色の矢印、なにか流れているのが見えます。

7_20201021201201

ここも源泉らしく、といえばお湯しかないのですが・・・最初は竹かと思ったら、意外と分厚い感じで、多分木を利用した管みたいな感じです。

一番上の写真は「日本八景雲仙岳」と書いてあり、「日本八景」に選ばれたのが昭和2年ですから、それ以降の事になります。


ガラス乾版の写真は、小浜の写真屋さんが撮った写真で、他にも20枚ほどあり、調べてみると明治後期~大正期の写真のようです。


ですから、ガラス乾写真が一番古く、絵葉書が次に古いと思われます。
給湯管は最初、上側からくりぬき、その後、中心をくり抜いたものだと思われます。

2_20201021201201

ついでに、地獄の中を歩いてみましたが、昔は温泉卵を売る人も沢山いたのですが、今、一軒だけみたいでした。記念写真屋さんもいて、団体、新婚さんなどを撮って後で郵送していたのですが、今や写真屋さんは一人も見受けられませんでした。スマホで皆さん自撮りなどしていました。

右の写真は、雲仙お山の情報館別館に飾ってあった写真です。見るとおりバスと観光客で一杯です。バスはボンネットバスではないので、そんなに昔ではないと思われます。思えば長崎の小学校の修学旅行は雲仙でした。私もでした。


9_20201021201301 10_20201021201301

このお山の情報館別館、貴重な写真が沢山展示してあるのですが、お客さん(ロハです)が少ないので残念です。ここを見ずして、雲仙を語るなかれなのですが・・・

Pa071563



2020年10月19日 (月)

「先用後利」~志の輔落語VS北日本新聞社

Img_e6908 Img_20201019_0002

最近YouTubeで落語を聞くのが日課になっており、先日、志の輔さんの「先用後利」を聞きました。

よくできた落語で、最初古典落語かと思ったのですが、志の輔さんの故郷・富山県愛から作った新作です。前半がお笑い、後半が人情話的な噺です。


富山といえば私たちの時代では「置き薬」屋さん。家に薬を置き、半年くらいで再び来て使った薬の精算をし、古い薬は交換します。この時、紙風船を置いていきますが、これが楽しみでした。


志の輔さんの落語。時は江戸時代、まだ「置き薬」が知られていない頃。紙屋さんの支店の番頭さんが留守の時、富山の置き薬屋さんが来て薬を置いていきます。


丁稚さんから、半年後に来て料金は使っただけの薬の代金を払う、古い薬は入れ替える、という話を聞いて、「おかしいじゃないか、そんな商売はない!」と丁稚を叱りつけます。番頭さん、どこがおかしいのかをコンコンと説明しますが、ここのところ面白く、考えて見れば確かに番頭さんの言うことが正しい。


半年後、富山から置き薬さんが訪れ、番頭さんがいきさつを聞くと・・・


富山藩二代目藩主・前田正甫(まさとし)公は体が弱く、特に腹が悪くいつも薬(反魂丹・はんごんたん)を持っていた。


時は元禄三年。三春(福島県)藩主・秋田河内守が江戸城内にて腹痛を訴え苦しみ、これを見た正甫公がいつも持っていた薬を与えたところ、腹痛が治まった。これを見ていた諸国の大名、我が藩でもこの薬を広げてもらいたいと。


その後、正甫公、皆を集めて反魂丹を国中に届けてもらいたい、ただ、売りに行くのでは無い。まずはお届けする、使っていただき、よく効く薬だと信用していただき、次に伺ったとき使った分だけの代金をいただく。先に用いてもらい、信用していただき、後からお金をいただく。お殿様は「先用後利」だといった。ということで、国中に薬を届けているという事なのです。


もう一つ、越中富山には立山信仰があり、一人でも多くの者を救った者は極楽浄土にいけるという信仰があり、この信仰とお殿様の教えを支えに国中を回っている。


というお話で、実に心を打つ話しではありました。で、北日本新聞社から出版された「先用後利」という本があったので、読んでみると、いろいろな史料から「反魂丹」が出てくるのは明治時代からで、上の話は疑いがあるということでした。が、「この伝説は県民の多くに信じられ、歴史上の揺るぎない事実のように受け止められている。」と言うことです。ネットを見ても、ほとんどが志の輔さんの噺と一緒です。ただ、事実は違っているようですが。


他に色々な歴史の絡みがあり、一口でいうと「いろいろあった」ということであります。詳しく知りたい方は「先用後利」をお読みください。


以下は近代の噺ですが、この富山の置き薬屋さん、薬を売るだけではなく、北海道の開拓者の所に行っては「・・・仏壇一つとっても僻地では、ミカン箱に祀っているところが多く、私らは真宗や禅宗の法話をしてあげたら、喜ばれましてね・・・」「・・・業者からのお礼としてよく民謡を披露しました。」こともあったそうです。

なお、富山の薬売りさんは兼業農家が多く、各地を回っているため農業の知識もあったようで「・・・(売薬さんは)牛耕を東北地方に広めただけではなく、県内に農業の知識を持ち込んだことが十分、考えられる」。「富山県は全国的にみて稲の品種が多い。『種もみを広めたのが売薬さんであったように、種の品種もあちらこちらから持ち込んだ』という農業関係者は多い。」。このように、薬売りさんは薬だけではなく、文化を伝える、また、農業の振興にも関わってことも見受けられます。その他、諸々の事も書いてありますが、キリがないので・・・

さて、かようなことから志の輔さんの噺がひっくり返されそうで、私としては本を読みながら戸惑ったのでありますが、まあ、噺、伝説は楽しみ、事実は事実として勉強すれば良いのだ、と割り切って考える事に。でも何か、志の輔さんカワイソウ(・_・、)。あ!志の輔さんの噺きいてネ。YouTubeでロハで聞けます。


(文の引用は、志の輔さんの落語「先用後利」、北日本新聞社「先用後利」より)



2020年10月17日 (土)

イロイロと お買い物など

Photo_20201017190301 Photo_20201017190302

2日前、カミサンが熱があるとかで「コロナでねえ?近づくな!」と隔離しましたが、肩のコリから来る発熱だったそうです。で、今日はぎっくり腰で動けないということで、私が久しぶりに買い物に。買ってきた物のご紹介を。以前に買った物もありますが・・・興味があるものは片っ端から買うのが私の悪い癖・・・

上は、セブンイレブンで買った物。「トイ・ストー
リー」のキャラクターらしいのですが、「ハム」と「エイリアン」。「ハム」は”イチゴ&チーズ”、「エイリアン」は”バニラ&チョコ”。可愛くって、食べるのが残酷だという気持ちは持っていますが。

これで、ローソンの「鬼滅の刃」、ファミマの「すみっコぐらし」と全部買い、完売ならぬ完買になりました。

TSUTAYAさんに寄ったら、レジの所にお菓子などが置いてあり、「皇室御光来農場」と書いてあったので、「芋煎餅」と「塩けんぴ」を買ってきました。「芋煎餅」は大袋と小袋があり、大袋の芋煎餅の大きいこと。作っているのは「島田屋総本店」と書いてありましたが、その前に「1694年川越藩開拓名主」と書いてあり、調べると、「皇太子殿下、秋篠宮殿下、秋篠宮妃妃殿下」の御光来農場だそうです。

ホームページを見ると「電話やめました。初回メール願う」とか「概ね所得1億以上の分限者が期末会計でご購入いただく品です」とか「老主酒乱につき・・・」とか、屋敷も貸すか寄贈するらしく「神棚が動く等のおもしろ現象はありますが気になりません」とか書いてあって、その他、面白い事も書いてあるので、「島田屋総本店」でググってください。煎餅はゴマが振ってあるだけですが、ゆっくり噛んでいくと自然本来の味がします。

Photo_20201017190401 Photo_20201017190402 

「円山教授」は札幌にあるカレー屋さんだそうです。以前はローソンに置いてあったそうですが、私が買ったのはセブンイレブンでした。しっかりしたカレー味のスナックでした。できれば、本当のカレーが食べたい。札幌は遠すぎる。

NHK「ためしてガッテン」で「あずき」の事を放送していました。「レジスタントスターチ」が入っていて腸内環境に良いとか。多少便秘気味なので、探しましたが「砂糖」が入っているものばかり。糖尿病の気があり、気になるのでAmazonでやっとありました「無糖あずき」。毎日、一袋食べています。自分で作った方が安くつきますが面倒臭い。

Photo_20201017190501 Photo_20201017190502

もうすぐ「ハロウィン」。お化けとコウモリとカボチャ。昔はバレンタインもホワイトデーもありませんでした。誰が流行らせたのでしょう。

Photo_20201017190503 Photo_20201017190601

睡眠の質を高める「十六茶」。「血圧・血糖値・中性脂肪」に良いという雪印の「トリプルヨーグルト」。夏場のバテに効くという「黒ニンニク」。歳を取ると何かと頼りたくなります。

Photo_20201017190602

2016年2月4日放送の「徹子の部屋」。永六輔さん、大橋巨泉さん、黒柳徹子さん。永六輔さんこの時81歳。亡くなられたのがこの年の7月7日でした。

浅田飴。永六輔さんの「せき・こえ・のどに浅田飴」のCMがまだ耳に残っています。NHK「夢であいましょう」、ラジオの深夜放送、著作、講演会。青春時代、学ぶことの多い人でした。


Photo_20201017190603 Pa171872

お買い物はカミサンが早く元気になるよう、ステーキとかウナギなどもチャンと買っていきました。

忘れるところでした。ジャガイモ畑の横を通りました。畑の向こうの赤いのは、赤土で畑に入れるもの。畑を見たら白い物がポチポチとありました。ジャガイモの花です。

皆さん、桜とか紅葉とかコスモスとかツツジとかは見に行かれますが、ジャガイモの花も一生懸命咲いています。ジャガイモ畑を通りかかったら、見てください。よく見ると可愛い花です。人に上下なく、花にも上下なし、です。

Photo_20201017222401 Photo_20201017222501




2020年10月15日 (木)

2020/10/15 諫早「白木峰」「干陸地フラワーゾーン」のコスモス

Photo_20201016231201

諫早の白木峰高原のコスモスです(上の写真はクリックすると拡大します)。

今月の5日に島原の火張山公園に行ったとき、コスモスはほとんど咲いてなかったので、白木峰もあまり期待しなくて来たのですが。


Photo_20201015204502 Photo_20201015204601

思ったより駐車場の車が多く、なんとなく期待できそうな。手指の消毒、どこへ行ってもやってますね。体温は測らなくても大丈夫でした。

園内に行って、ビックリしました。ここ数年花付が悪く、特に一番先の方はまばらにしか咲いてなかったのですが、今日は満開。他の方も「今年はよく咲いている」と話していました。


Photo_20201015204602 Photo_20201015204603

平日にもかかわらず、たくさんの人。

「わ~、きれい」

「先に、オシッコしてくる」
とは、後ろにいたおばさまの会話。歳を取れば、段々と・・・・

「久しぶりだな、二人できたのは。」

「・・・アラ。いやですよ、あなた・・・」
横を見たら、おじいさんが、おばあさんの手をにぎっていました。コスモスが満開の中、微笑ましい風景でした。

Photo_20201015204701 Photo_20201015204702

「花を見て、腹をたてる人間はいない」と言った人がいましたが、本当ですね。

Photo_20201015204801 Photo_20201015204802

お近くなので、諫早の干陸地フラワーゾーンまで寄ってみました。以前、ここもきれいに咲いていたのですが、入り口にも案内の旗もなく・・・

植えてあることは、植えてあるようなのですが、マバラ。コロナのせいで人が集まって、密にならないようにするためか、予算不足か、残念でした。また、来年を楽しみに。車が2,3台停まっていたのですが、そそくさと出て行きました。


Photo_20201015204901  

Photo_20201015205001 Photo_20201015205301  

帰りに目にはいった産直の販売所。以前は食堂、バイキングなどをやっていたのですが。右は人気のある、うなぎ屋さん。夏に食べに行ったら、2,30人並んでいて、とてもじゃないけど、そのまま帰りました。が、今日はどんなわけかガランとしてました。お土産に買っていきましたが、レジで「車でお待ちください」。何かと思ったら「コロナ」の影響ですね。

Photo_20201015205002 Photo_20201015205003

「ウナギ」と「焼き芋」と珍しくも「蕎麦のハチミツ」。少しざらっとしていますが、独特な風味でした。個人によって好き嫌いがあるかな、という感じ。

ローソンの看板を見つけて「いけない忘れていた」と飛び込んだら、ありました。「鬼滅の刃」。レジのおばちゃんから「お孫さんにですか?」と聞かれましたが、悲しい(・_・、)。そんな歳に見られているのですね・・・孫、3人ほどいますが・・


Photo_20201015205101 Photo_20201015205102

 コスモスの花言葉は花の色で違うそうですが「乙女の純真」「調和」「謙虚」「優美」「純潔」等あるそうです。

   ◆コスモスの押し花添えた手紙来る  sugikan


     ・・・はるかな、はるかな、昔の話ですが・・・・


2020年10月13日 (火)

小浜温泉「塩田」について

Img_20201013_0002 Img_20201013_0004

最近、季節の変わり目で体調が悪く(歳だから)古絵はがきの整理をしています。

さて、小浜町の塩田については以前紹介をした気がするのですが、新しい絵葉書を入手したので、紹介がてら。


上の写真は、塩田風景です。この絵葉書はよく目にすることがあります。「小浜町史談」によると、「温泉熱利用として昭和16年の第二次世界大戦勃発から製塩事業が行われた。温泉の豊富な湧出量と百度という高温を利用し、特殊・東芝・元湯など四十余の工場が湯町海岸一帯に建ち並び、年間10,797t余りの生産量を上げるようになり、温泉場というより製塩工場地帯の盛況であった。」ということですが、「国の製塩事業にたいする施策の変更と昭和三十四年十四号台風高潮発生により全工場廃業となった。」そうです。


塩を作るには、天日の利用、塩釜を使うなどの方法がありますが、小浜では温泉のお湯を利用して作ったようです。現在、この方法で塩づくりをしている方がいて「塩の宝石」ということで販売をしています→こちらをクリック


絵葉書ですが、風景だけで(; ;)ホロホロ(済みません、変換したら変なのが出ました「ふうけいだけでなく」=「風景だけで無く」が正解。「無く」と「泣く・(; ;)ホロホロ」のオヤジギャグ。今のPCはギャグまでやるとは!)実際に人が働いている姿を写しているのは珍しいですね。見れば大量の塩ができています。


Img_20201013_0003

絵葉書の裏に「高温の温泉を利用して大規模な製塩所が街の至る所にあり白煙をあげている」と書いてあります。後ろの海は橘湾です。


2020年10月11日 (日)

「雲仙鉄道廃線跡(千々石)」~一枚の絵葉書より

Photo_20201010204001 Photo_20201010204002

千々石というと、この風景の写真、絵葉書がよく見られます。もちろん、雲仙が国立公園に制定されたこともあるでしょうが。

白黒の絵葉書を4枚ばかり手に入れましたが、雲仙鉄道の線路が左側に見えます。同じような風景でも、よく見ると撮影の場所、アングルなど違っています。雲仙岳の風景を見ると、少しづつ違うことが分かると思います。

雲仙鉄道と関係があることをざっと書くと、大正12年5月5日、愛野~千々石間、温泉軽便鉄道開通。昭和2年3月10日、千々石~’肥前小浜(小浜)間、小浜鉄道開業。昭和13年8月15日全線廃業。この間、昭和9年に雲仙が国立公園に。

ということで、一番上の写真「12.8.11」の日付があり、大正12年でしょうか、廃線前年の昭和12年でしょうか?悩む所です。

下の絵葉書は「7.1.10」の消印があるので、昭和7年。

Photo_20201010204003 Photo_20201010204101

下は外人さんが使ったものですが、切手が剥がされ日付が分かりません。

Photo_20201010204201 Photo_20201010204202

こちらは「4.12.?」ですから、昭和4年。珍しく、汽車が煙を吐きながら走っているのが見えます。この絵葉書は以前にも出しました。

Photo_20201010204301 Photo_20201010204302

下が今回入手した絵葉書。

ネットで、雲仙鉄道の木津~富津の緑のトンネルなどはよく紹介されます。ただ、鉄道が廃止になったから、すぐに道路が舗装されたわけでもなく、富津付近の婆様を捕まえて聞いたら、鉄道が廃止になった後、線路が外され、その下の砂利はそのままで、その上をバスが走り「ガタガタして走っておった」ということでした。


赤い線が線路があった所。右の写真、同じ所を見ると草に覆われていることが分かります。今から40年ほど前だったか、千々石に赴任してきた頃、雲仙鉄道の事も知らずこの道を車で通ろうとしたら、とてもじゃなく引き返した記憶があります。


Photo_20201010204401   Img_20201010_0010_20201011105801   

昨日、撮ってきた写真ですが、赤い線の所、舗装されています。この道は千々石~愛野へ通じている道ですが、断層の下にあるので現在でも大雨、台風が来ると崖崩れがあり通行不可能になることもあります。

この道が舗装されるにあたり、千々石にはメリットがあるものの、愛野にはなんのメリットも無いということで揉めたという話しを聞いたことがありますが、私のごとき下っ端には詳しいことは分かりませんが・・・写真の部分は一度拡張をした覚えもあります。
       
  6_20201010205201 Pa101610_20201010210001  

この道が草に覆われていたということは、若い方は知らないことだと思いますが、一枚の絵はがきが微かながら記録をしていました。チョットした事ですが、一枚の絵はがきに留められた歴史だと思います。廃線が昭和13年ですから、長い間そのままになっていたと推察できます。

さて、最近お土産屋さんに、無いんですね。「絵葉書」。考えれば今やスマホをほとんどの人が持っていて、絵葉書は売れない時代になりました。残念な事ですが。あ~、そういえばお土産の「木刀」もありませんでした。両方とも修学旅行の時買って来たんですが。

★各写真はクリックすると拡大します。


2020年10月 8日 (木)

「Apple Watch6」使ってみて2、3の事

1_20201008172701

Apple Watch6ですね。

買うか買わざるか、随分悩みました。結局の所、血中酸素濃度が測れること。あと、心電図が測れるようになるという期待もあり、買うことに。


以前から書いているように、心臓の手術を受けたものの、どうかした時心拍が上がることがあり、家庭用の心電計は持っているものの、取り出して測るのに時間がかかり、測り始めたときは正常に戻っている、ということが再三再四。また、最近フラッとする事があり、少し注意をしたが良いかな?と、以上二点で買うことに決定。


今回の製品、噂どおり電源はついていません。後は今まで通り。ベルトは以前から二つばかり持ってはいたのですが、今回、新製品のソロルーフをと思ったのですが、大きさがAppleの製品紹介から印刷できるようになっていたものの、100%で印刷の必要があり、私のプリンターと相性が悪いのか100%では印刷できず諦めました。かわりに、NIKEタイプのものを。


発売日にお届けの日をチェックすると、9月下旬~10月上旬。三日後にネットで注文すると同じく9月下旬~10月上旬。到着が9月29日、ということは売れてないのかナ(多分SEに流れている人が多いのか・・・?)。

なお、docomoショップでは下取りをしていないため、Appleのネットショップで購入。下取り価格が最高16,000円。私の少しキズがあったので多少安くなるかな?

2_20201008172801 3_20201008172901

Apple Watch6に入れたAPP。タイマー、ボイスメモ、心拍数、血中酸素濃度、radiko(これ、iPhoneでは受信するもののWatchでは受信できず)、カレンダー、バッテリーチェック、paypay(これ、実に便利しています)。

4_20201008172901

デジタルクラウン。
昔の時計ではリューズ(竜頭)。昔の時計では指の方にリューズがくるように時計を付けていました。右利きの人が左手に時計を付けた場合、リューズが巻きやすいからです。


皆さん、この名残が残っているのかリューズを指側にしていますが、私の場合は体の方に向くように付けています。以前、普通に付けると右の写真のように、座っていて立ち上がるとき、畳に手をつくと手首の所にデジタルクラウンが当たることがあったからですが、左の写真のようにするとデジタルクラウンを親指で押すことになり、親指の方が力が入って押しやすい。


5_20201008173001 6_20201008173101  

さて、これが目的で買った「血中酸素濃度」ですが、誤差があるとの記事が目につきますが、下の写真の様に腕にピッタリしていないと89%。いささか危ない数字ですね。

7_20201008173201 8_20201008173201

ピッタリ付けると97%。測り方には要注意。脈拍の測り方も同じ。

9 10_20201008173301

iPhoneでチェックすると面白い事に、寝ているとき(多分まったく動かない時?)にも、血中酸素濃度を測っていて、矢印の所、夜の2時~3時の間。血中酸素濃度が96~97%。安全圏内ですね。同じように、脈拍もちゃんと測ってくれます。

ほかにも色々な機能がありますが、すでにYouTube、ブログなどでイヤというほどみられるので、詳しくはそちらをご覧下さい。


忘れていました。夜寝るとき付けたままでは邪魔にならないかと言われますが、人によるのでしょうが、私の場合はまったく気になりませんでした。ちなみに、今NIKEのスポーツバンドを使っていますが、柔らくていいですね。あとはお好みにあわせて・・・


Img_6839

とまあ、便利なWatchではありますが、やはり機械式の時計には愛着があります。私が若い頃買った時計です。ちょうどバブルの時で、価格よりかなりお安く手に入りました。もちろん裏スケで眺めているとウットリしますね。ZENITHという会社の有名な時計です。

Pa081595   Pa081597

残り少ない人生。いっそのこと二つ腕に付けたらと思っていますが、二つだと重い。

Pa081599

追記
バッテリーの問題です。私の場合、ギリ24時間。夜間も腕に付けているので、夜、風呂に入りTVニュースを見ているとき充電。これで100%になります。朝起きると80%台になっているので、目が覚めて20~30分充電。これで100%。夜まで十分にもてます。

失礼いたしました(-_-)
redikoの件。Apple Watch6単体で聞けると思ったら、これはダメで、AirPodsで聞けました。またもや、あ~勘違いでした。



2020年10月 6日 (火)

食べマス「すみっコぐらし~秋のおめかしすみっコ~」★命かけています

1_20201006201201

今日は朝6時に起きてファミマに行ってきました。

もちろん「食べマス すみっコぐらし」を買うために。前もって今日10月6日の発売情報が入っていて、前回は、「ねこ」さんと「とかげ」さんでしたが、今回は「しろくまさん」さん「ペンギン」さんに加え、前回も登場の「ねこ」さん「とかげ」さんも発売。ハロウィンをイメージした衣装だそうです。

以前の「ねこ」さんと「とかげさん」は下のような姿だったので、随分違ってますね。


しろくまさんはシルクハットと蝶ネクタイ。ペンギンさんはかぼちゃを手に持っています。とかげさんは被り物をしてハロウィンのイメージ。猫さんはかぼちゃパンツ。


Dsc_0060_20201006204301

で、6時にファミマに行ったら無いんですね。多分、昼の分の配達で来るかなと思い10時頃行ったらビンゴで、いつもは一つ二つしかないのに10個ばかりありました。ぜんぶ買い占めようと思ったのですが、よい子が楽しみにしているかもしれないので、二個で我慢しました。

2_20201006201201 3_20201006201301

やはり、食べるときは、このつぶらな瞳に見つめられると食べにくいですね。「食べちゃイヤ」と言う声が聞こえます。悪代官なら「まあいいではないか、もそっと近くに寄れ、悪いようにはせぬから」(古いな!時代劇の定番セリフです)と言うところでしょうが・・・テナ事を考えながら、ガブリと食べると「キャ~」という微かな声が・・・今夜あたり、出そうな感じ・・・

4_20201006201301

セブンイレブンのレジで見かけたので買って来ました。種類はもっとあったのですが、「鬼滅の刃」とやらは、あまり知らないので三本ほどにとどめましした。

5_20201006201301 

「すみっコぐらし」はバンダイさんとのコラボで、ホームページをみるとかなり見落がありました。今後、情報収集に務め、命かけて入手に努めたいと思います。

なお、ローソンで10月13日「『鬼滅の刃』マグカップ&みかんゼリー」が発売されるようで、このマグカッブ前回手に入れ、安定が良く使いやすかったので、また手に入れます。




2020年10月 5日 (月)

ついてない日~「しまばら火張山公園」「有明の森フラワー公園」「狸山まんじゅう」その他の事

Photo_20201005195601

今日は島原の病院に行ったついでに「しまばら火張山公園(旧名・芝桜公園)」のコスモスは咲いているかナ?と思って寄ってみました。

一応ネットで調べると、2019年10月14日の写真では満開状態。期待していたのですが、入り口は半分が通行止め、一応入ってみたら、まだま
だですね。眺めてみて、ポチポチと花が咲いている状態。

花も人間と同じで、調子が良いときと悪いときがあり、今年は調子が悪いようで、多分もうすぐすると調子が戻ると思います。この状態だと今月下旬が見頃かな?と。行かれるときは、ブログなどに載ると思うので、確認をして。


Photo_20201005195701 Photo_20201005195702

ついでに「有明の森フラワー公園」に寄ってみました。一番上の写真です。
看板など少し変わていました。サルビアが主体です。コスモスはやはりまだですね。島原市の昨年の10月8日のブログでは「有明の森フラワー公園『コスモス』が見ごろです!」と書いてあるので、コスモスの開花は全体的に遅れているのかな?

Photo_20201005195703 Photo_20201005195801

ラベンダーと思ったらブルーサルビアらしいです。こちらは結構咲いていました。見た所、花の株と株の間をもう少し「密」にしても良いのでは、と思いましたが・・・
以前はダチョウがいたのですが、山羊さんに替わっていました。

Photo_20201005195802 Photo_20201005195901

地場産の野菜などが売ってある物産館。いつもより、地場産品の野菜などが少いような。
一角に「MORI NO TAMAGO」という喫茶室があったので、コーヒーでもと思ったら「10月4日(日)で今年の営業を終了いたします。かき氷を食べに毎週来店してくださったお客様や、遠方より何時間もかけてくださったお客様・・・」の看板があり、昨日まででした。誠に残念。本業はイチゴ農家さんみたいでした。

Photo_20201005195902 Photo_20201005195903

この公園のすぐ上に「リストランテ・アルレッキーノ」というイタリアンレストランがあり、チョット洒落てて、料理も良かったので寄ってみたら「森の珈琲」さんに替わっていて、おまけにまだ営業時間前。

ということで、帰りがけ「狸山まんじゅう」さんに寄ったら、お店がまったく替わっていてビックリしました(°0°)。ヒョッとしたら、以前の「狸山まんじゅう」に対して「元祖狸山まんじゅう」を建てたのかなと思ったのですが、敷地を変えリニューアルですね。


「氷」と書いてあり、貼り紙などを見ると、予約がナントカカントカと書いてあったので、ネットで調べたら夏場は行列ができたという状態だったそうです。かき氷を頼んだら、昼からの予約ですって。


Photo_20201005200001 Photo_20201005200101

ということで、いつものお饅頭が一つだけ残っていたので、買って来ました。もう一つ欲しかったのですが(-_-)。

Photo_20201005201401  

有明の森フラワーガーデンのかき氷、狸山饅頭のかき氷、千々石でも「直撃販売所雲仙」のかき氷も有名になり、夏場は結構お客さんが入っていました(今年はコロナの影響で休業みたいでした)。たしか、小浜でもかき氷が売り物の店があったような。タピオカの次はかき氷かな?

結局「火張山公園」のコスモスは見られず、有明フラワー公園、狸山饅頭でもかき氷は食べられず、「アルレッキーノ」は無くなり、ついてない一日でした。

帰り道、雑貨と喫茶のお店があったので冷やかしに入ったら、オーナーさんが20代後半。しばし話しをしてきましたが、若い方と話すのは疲れますね。帰ってきてドット寝込みました。歳を感じる今日この頃です。


2020年10月 3日 (土)

大村チョコッと見聞

Photo_20201003195801 

先日、大村の国立医療センターへ検査に行ってきました。肝臓の検査で、この三ヶ月の努力が実ったのか、肝臓関係の値が随分下がっていました。ただ、あと三ヶ月後もう一回検査して、なんともなければ地元の主治医さんの方で診てもらおうとの事。

検査、診察が終わったのが12時少し過ぎで、病院のレストランが10階にあり眺めが良いので、民のかまどは賑わいにけり、かどうか見ようと思ったのですが、エレベーター付近で監視の看護婦さんから「コロナで休業中!」。院内のコンビニで飯でも買って、天気が良いので外で食べようかと思ったら、レジの所にズラリと行列。で、どこかで食べることに。


話変わって、一階から二階に長いエスカレーターがあります。この速度の遅いこと、遅いこと。途中で居眠りをしました。もっとも、病人さんと高齢者の方が多いので、これくらいがいいのかと。


さて、昼食をどこにするかと考えて、イオンさんにいきました。昼食ともう一つ目的があったのですが・・・


レストランが並んでいるところですが、コロナのせいかお客さんが少ないですね。とりあえず、オムレツ専門の店に入りましたが、メニューを見ると分量が多いですね。ヒョッと見ると「選べるごちそうサラダセット」なるものがあり、オムレツは
ハーフサイズ、野菜たっぶりのサラダということで、これをチョイス。ご飯は16雑穀米、野菜たっぶりでおいしくいただきました。腹が減って、飢えていたので写真は忘れました。

 Photo_20201003195802Photo_20201003195902

もう、「年賀状印刷承ります」。大村の方は気が早いですね。年末までにまだ三ヶ月弱ですよ。年賀状もまだ売り出してません。

さて、私が用事があったのが「マスクショップ」。だって、ウチの近くのお店には、こんな沢山の種類、無いんです。世の中には、こんな沢山のマスクがあったのかと、感動さえ覚えました。あるところにはあるもので、地域の格差がこんなにひどいとは・・・


Photo_20201003200001 Photo_20201003200002

さて、店を出ようとしたら、大きな車が停まっていて、よくみるとチョコレートの「ロイズ」の移動販売車。調べたら、長崎は大村が10月12日まで。次がイオン東長崎店で10月15日~10月25日。イオン大塔店で11月10日~11月22日まで。

移動販売車だからたいしたことないと思って入ったら、各種製品がズラリと並んで普通のお店と変わりません。もちろん私も買ってきて、一気食いしました。なにせ、検査の為に三ヶ月も我慢してきました。また、三ヶ月後の検査のために我慢をしなきゃなりません。


 Photo_20201003200101

私の前に停まっていた車、「可愛い悪ガキ乗ってます」。どんな「可愛い悪ガキ」なのか、しばらく待ちましたが残念ながら現われませんでした。

Photo_20201003200201 Photo_20201003200202

帰りがけ、新しい喫茶点があったので入ったら、なかなか良い店でした。調べたら、全国チェーン店ですが、店員さんも良く教育をされ、店の雰囲気も良く、コーヒー粉も買ってきて美味しく頂きました。引き立てのコーヒーって美味しいですよね。

ただ、一点残念なのが座席に座ったとき、カレーの匂いがしたこと、メニューにも載せてありましたが・・・コーヒーって味もですが、香りも楽しむもので、これだけが残念でした。すぐ近くにはスタバもあって、競争はどうなるんでしょう。

ということで、大村チョコッと見聞でした。



2020年10月 1日 (木)

もうすぐ「名月」

Photo_20201001205601

本当に満月になるのは10月2日の午前6時なので、もうすぐ「名月」ということになります。現在、10月1日20時です。現地時間。千々石ですが・・・

最近、漱石が「I Love You」を「愛している」ではなく、日本人なら「月がきれいですね」と生徒に教えたとかいう話しが、あちらこちらで聞かれます。今頃の子にそんなこと言ったら「それ、なに?」「意味わかんな~い」と言われちゃいますよ。真似しない方が良いですね。


下の写真は、ネットで拾いました。「毎日新聞」さんらしいのですが、「ピンクの都庁と『中秋の名月』が共演」ということです。ピンクは乳がんの早期発見を啓発するピンクリボンによるもので、1日から21日まで実施するそうです。


趣旨は分かるものの、なんとなくピンと来ませんね。色もピンク?また、思いつきで実施したのでしょうが・・・

東京にはススキもないので、都庁が代わりですね。

Photo_20201001212801

  
   ◆月の道猫の親子が歩きおり
  ◆縁側の無き家ばかり今日の月
   ◆ふるさとは一人暮らしの母の月




2020年9月30日 (水)

卵の値段~ああ!またも勘違い・・・

Photo_20200930180701

以前に、江戸時代の貨幣のことを書きました。

江戸時代、貨幣としては「金貨」「銀貨」「銅貨」がありました。「お江戸の意外な『モノ』の値段(中江克己著)」と「日本貨幣カタログ(日本貨幣商共同組合(2020版)」より、概略説明すると。


「金貨」は「数計貨幣」。一定の形状・量目を持ちその価値を示す数字、刻印があり、貨幣価値を保障された貨幣。単位は「両」「分」「朱」。小判を想像すれば分かると思います。


「銀貨」は「秤量(ひょうりょう・しょうりょう)貨幣」。品位、量目を検査して計って用いる。「貫」「匁」「分」。

下の写真の大きな方は「丁銀(イミテーションです)」。端数は丁銀を切って使っており、元和期になって端数計算に便利なように小重量銀貨である「豆板銀(写真の小さい銀貨)」が作られるようになったそうです。

「銅貨」は補助貨幣。以前説明した「一文銭」。


一番上の写真は、先日も載せましたが庄屋さんが書いたもの。


最初に卵の数値が書いてあります。古文書には時々モノの値段が書いてあるものがあり、「小平市史料村入用」には亨保5年9月6日に「たまこ五つ 代十五文」とあり、卵一個が三文。「庄屋日記にみる江戸の世相と暮らし(成松佐恵子著)」には「卵10ヶ」として嘉永年間には「174~33(文)」とあり、卵一個が約17文~33文ですね。なお、出版された本では「江戸の卵は1個400円(丸田勲著)」などがあります。


貨幣の価格には時代の差もありますが、現代の価格に直す場合、基準を米で換算するか労働価値にするかで「江戸の家計簿」に見るように、一両が約6万円から30万円かという大きな違いが出てくるわけです。(こちらを→クリック) 

卵の値段になりますが「江戸の卵は400円」では文化文政期の一文を20円にしています。ですから小平市では卵1個が60円、「庄屋日記に見る・・・」では卵1個が約25文として500円。小平市ではいやに安いですね。

で、こちらの庄屋さんでは「鶏卵」が「十三匁」になっています。「匁」を使うのは「銀」になるので、一匁は「江戸の卵・・・」では、一匁「2000円」。ということは、13(匁)✕2000(円)=26,000円。ということは、いくら何でも無いでしょう。


ということで、考える事3日。ふと考えると、古文書に書いてあるのは、モノの値段ばかりですが、「匁」には「お金の単位」とは別に「物の重さ」の単位があるなと、1匁は3.756521グラムで、大体3.76グラムとすると、13(匁)✕3.76グラム=48.88グラム。家の卵の重さを量ると55グラム。これなら納得できますね。まったく、私の勘違いでした。


ということで、こちらの庄屋さんが書いたのは値段ではなく重さのことでした。値段を書いた庄屋さんはいますが、何のために卵の重さを計ったんでしょう?よほど閑だったか、科学する心を持った方なのか?迷惑な話でした。もっとも、日本広しといえど、卵の重さを計って書いているのは、この庄屋さんだけではないかと思うのですか・・・どんな方でしょう?


Photo_20200930180801

ちょっと変わった「豆板銀」。「大黒銀」と呼ばれています。下の二つの丸が「俵」、向かって左が「小槌」、右が「福袋袋」、上は被り物。真ん中は「政」の字。昔とは思えないデザイン化したもの。この豆板銀は両面に大黒様が彫ってあり、「両面大黒」といって縁起物だそうですが、多分イミテーションかな?・・・・(^o^)

Photo_20200930180802




2020年9月27日 (日)

「Apple Watch」で手洗い励行

Photo_20200927181601 Photo_20200927181602

明日から4連戦になるので、今日は簡単に・・・・・

4連戦といっても病院通いの4連戦です。皮膚科(腕の一部が内出血したのか茶褐色に変化。整形外科ではなんともないと言われましたが、少し広がってきているので、一応皮膚科に)、心療内科クリニック(定期検診)、前立腺ガンの経過検診(三ヶ月に一度)、肝臓のチェック(肝臓の検査値が高く、主治医に紹介されての検査)。病院は町内に無いので、諫早と大村です。一日一ヵ所。行くのは良いのですが、どこの病院も待ち時間が長く、半日かかるので疲れます。ということで今日は簡単に書きます。


先日iPhoneのOSが14にバージョンアップ。Apple WatchがOS7にバージョンアップ。これに伴い、新しい機能が加えられました。その一つが「手洗い」のお知らせ機能です。


上の左、「手洗い」が新しく加わった機能。ここをタッチすると右の画面。「手洗いタイマー」は、手を洗い始めてから20秒カウントしてくれます。「手洗いリマインダー」は、家に帰って手を洗っていない場合、知らせてくれます。これをONにしておきます。不必要な方は、設定しなくてもOK。


下の左、家に帰って来たのが14分前、手洗いを催促しています。右が手洗いを初めて15秒。


Photo_20200927190401  Photo_20200927181801 

左が、「良くできました👍」のサイン。右が最後のメッセージ。

Photo_20200927181901 Photo_20200927185001

右上の時間がバラバラですが、手を洗いながらの”スクショ”は難しく、何回かに分けました。

最近のニュースでは、インフルエンザが昨年の同時期より減ったそうです。原因として、コロナ対策の「手洗い」「うがい」が効果を生んでいるのではないかとの事でした。


ということで、手洗い、うがい、は励行しましょう。で、私、手洗いは手首の上まで洗うので、時計は外しているのですが・・・催促の「通知」は利用しています。


«運転免許「高齢者講習」

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランク参加中ポチしてね(^o^)

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ