2019年7月19日 (金)

「フィッシュングメール」にご用心!

Img_20190719_0001_20190719200201

今日、朝から上のようなメールが届きました。

内容は、プライム会員のクレジットカードが有効でないのでクレジットカードの更新、または新しいカードを登録してください、というもの。


以前、(偽の)Amazonからこれに似たようなが届いたものの、粗雑だったためにすぐにフィッシュングメールだとは分かりましたが、今回は実に手が込んでいました。


が、数ヶ月前、更新したのを覚えていたため、怪しいと思いAmazonのホームページの一番下のいろいろ書いてあるところをクリックしてみたら、お問い合わせ欄があったので、かくかくしかじか、と報告をしたら、すぐにメールがきて、12時間以内に返答するとのこと。


だったのですが、2,3分後にメールが届き、Amazonから出たものでは無いとのことと対処法が書いてありました。
で、すぐにメールを削除しました。

ただ、最近は手の込んだフィッシュングメールが多くなっているので、「問い合わせ」欄、もう少し分かりやすくしてもらいたいものです。PCに弱い方には分からないかも。


最近のフィッシュングメールは手が込んでいるので、皆様もご注意を。


こういうのみると「いつもニコニコ現金払い」が良いのではないかと思いつつ、今日もAmazonに本を注文しましたが・・・・^^;)。




2019年7月17日 (水)

「消しゴムでかいた落書き」&「言葉の贅肉」★伊奈かっぺい著~赤い糸か?

Img_20190717_0003 Img_20190717_0004  

目の調子がまだ悪いので、簡単に。

目の調子が悪く、気が滅入っているので、こんなときは面白いものをと、久しぶりに伊奈かっぺいさんの本を適当に選んで、Amazonに頼みました。


伊奈かっぺいさん、定年まで青森放送に勤務し、東北では有名なマルチタレント。長崎では無名ですが・・・NHK教育放送で方言の時間だったかに出演していました。和田アッコさんと一緒に番組も持っていました。


買ったのが「言葉の贅肉」。で、これに「消しゴムでかいた落書き」のことが書いてあり、これが伊奈かっぺいさんが初めて書いた本で、しかも自費出版、しかも出版部数が500冊。中身は下の通り、手書きの原稿をそのまま印刷したもの。実はこの本、私の手にあるのですが・・・


Img_20190717_0001

伊奈かっぺいさんは北の青森、私は西の長崎。

総務省統計局の令和元年6月1日の日本の人口が1億2623万人(概算値)。


ですから、1億2623万人÷500冊ということは、252460人(iPhoneのSiriで計算させましたから、計算が違っていたら、私の責任ではなく、Siriの責任です。)に一人しか持ってないということです。


もっとも、500冊印刷して「すぐ増刷」と書いてありますが、ここは無視して、私のは初めの500冊の一冊(だと確信しています)ということはすごいことです。なにせ、約25万人に一冊しか持ってないのですから。

ですが、実は
この本、どこで買ったかは覚えておらず、伊奈かっぺいさんをどうして知ったかもよく覚えていないのですがファンになって、CDも10枚以上、本も数冊持っています。

さて、青森で500冊出版された本が、どうして長崎まで流れてきて、私の手に入ったのか(古本屋さんだっか?)、まったく不可解で、伊奈かっぺいさんと私が赤い糸に結ばれているとしか思えません。もっとも、赤い糸の先は若い女性の方が良いのですが・・・・


伊奈かっぺいさんのCD、落ち込んでいるとき聴くと効果てきめんです。昔は手に入りませんでしたが、今ではAmazonなどですぐに買えます。「一家に一枚、伊奈かっぺい」。




2019年7月12日 (金)

「えんがわ・一畳の展示館」第二弾!!★島原・天草の乱絵図と軍記類の展示

                Img_20190712_0001_20190712195001

前にも書きましたが、ゆで野菜のマルニさんが、加工場の開き部屋を解放して、「えんがわ」ということで、地域の人が自由に使えるようにしておられるので、一畳ほどの展示ケースを作り、場所をお借りして、いろいろと展示することにしています。


第一弾は、千々石の古絵はがきを展示しましたが、時々行ってみると高齢者の方が懐かしそう見ておられました。


第二弾は「島原・天草の乱絵図と軍記類の展示」です。

島原市、南島原市には結構資料があり、世界登録遺産とやらで盛り上がっているのですが、雲仙市には(個人所有は分かりませんが)何もなく、なんとなく寂しくもあり、それで「島原・天草の乱」を選んでみました。といっても、わずか一畳ですから展示の限界もありというところですが・・・


                 Img_5044

目玉が島原・天草の乱の原城攻めの陣図。そして、チラシ右側の、月岡芳年作「天草四郎」の錦絵(紙がもろくなっているのでコピーにて展示)。明治初期の作品です。

普通、天草四郎といえばマントを羽織ったりした美少年が描かれるのですが、これは、全くの武将の姿。


乱後約230年、しかも江戸と遠く離れた島原半島で乱を起こした天草四郎が長い年月、人々に語り続けられ、英雄として見られていたのかが感じられます。マントを羽織った少年のイメージと比較すれば面白いですね。なぜ、芳年がこのような姿を描いたのか、興味深い事です(紙がもろくなっているのでコピーにて展示)。


なお、ほかにも珍しい絵入り軍記もあります。

島原・天草の乱を勉強したい方のために参考図書も置いていますので、えんがわ内にてご覧下さい。


八代市立博物館の図録「天草・島原の乱~徳川幕府を震撼させた120日」には、乱に参加した宮本武蔵(もちろん、幕府方です)のその折りの書状の写真などものっています。

                   Img_5039

「えんがわ」は千々石郵便局のすぐ近くで、郵便局から雲仙の方を見ると、すぐ近くに看板・旗が見えます。展示は9月末までを考えています。


なお、ゆで野菜の直売もしており、料理の手間が省けますから便利です。一度お試しを。



2019年7月10日 (水)

「ためしてガッテン」試してみたら・・・


            Img_5063

ずいぶん前の先日の「ためしてガッテン」で、スウェーデンで発見・新歯みがき法、というのが紹介され、紹介したお医者さんだったかが、「これ、日本人にはできないですね」ということを言っていました。


方法については「ためしてガッテン」のホームページ👉こちらをクリックしてね(^_^)v。


で、ポイントは歯を磨いた後も「フッ素」を口に残すこと。


要するに歯みがきあとも、口をゆすがない。これで、虫歯の予防率が上がったそうです。


歯の衛生状態が、いろいろな病気を引き起こすとかで、私も食後3回、食間、寝る前と歯を磨いているのですが・・・


さて、この歯を磨いた後、口をゆすがない。確かに、日本人はしっかりうがいをします。うがいしないなんて、気持ちが悪いかなと思いつつ、寝る前の歯みがきをしたら、口をゆすがずに寝てみました。


結果ですね・・・まあ、思ったり違和感はありませんでした・・・あなたも一度お試しを。歯の健康のために。新感覚で、なかなか楽しいですよ。



2019年7月 6日 (土)

二ヶ月待ち、だって。アホな。

             Img_20190706_0001

10日ほど前、朝起きたら物が二重に見える。7,8年前も同じ状況が起こり、開業医では限度があるということで、某総合医療センターを紹介されましたが、原因不明。その時は一週間ほどで自然治癒。

で、今回は、まったく良くなる兆候がない。もちろん自覚症状がでて、すぐに目医者さんにいったら、糖尿病でも同じような症状があるとか、butですね、先日血液検査をしたばかりで、何の異常も無し。一応、いろんな検査をしましたが、眼球にはまったく異常なし。片方だけだったらよく見えるんです👁。両目で見ると二重に見えるんです。不自由ですね。


あとは、脳神経から来ることもある、ということで脳神経外科に行って見てもらったMRIが上の写真、これも、まったく異常ない。


前回同様、開業医では限界があり、ただ、少し不自由だが特殊な眼鏡があるとかで、眼鏡を作るため、前の医療センターを紹介してもらいました。


ここまではいいのですが、予約を取ってもらったら8月28日ですって。あなた、二ヶ月も物が二重に見えるのを我慢しろですって。


たぶん、都会ではすぐにでも診てくれるのでしょうが、はやり長崎は医療発展途上県というより、後進県ですね。


ということもあり、私のブログ、かなりの間引き運転になると思います。スマホ、PC等目に負担をかけるものが多くなってきているので、皆様もご注意を。


本当に、このくそ暑いのに、物が二重に見えたまま二ヶ月も待てだって、そんなアホな。




2019年7月 1日 (月)

「ところ天」屋さんオープン★夏はなんてったって「ところ天」

Dsc_0327 Dsc_0336

毎年、同じ写真、同じ記事ですが・・・・

7月1日、お約束通り、いよいよ「ところ天」屋さんがオープンしました。9月31日までの営業です。


店の中、変わっていません。相変わらずのレトロな扇風機がレトロな風を運びます。

品物も変わらず、ところ天とラムネのみ。値段ももちろん変わりません。

ただ、オバチャンと話していると、材料の値上げ、消費税の値上げで、来年は値段をどうするか悩んでいるみたいでした。


Img_5053 Img_5052

ところ天、ラムネ、冷蔵庫でなく水で冷やすの良いですね。冷えすぎずに。パック入りの突いたところ天でなく、ちゃんと四角に切ったところ天を、ところてん突きで突いてくれます。

Img_5054 Img_5056

めまぐるしく変わる世の中。何年も変わらないお店って、なんとなくホットしますね。

今日は、家でゴマをかけて、タレに少し酢を入れて食べました。夏の味ですね。アイスなどと違って尖った冷たさではなく、柔らかい冷たさ。


夏は、なんてったって「ところ天」(^_^)v。



2019年6月27日 (木)

「One Stop挨拶」とは?

            Img_5028  

某学校の校庭を通りかかると、掲示版に「One Stop挨拶」と書かれたポスターを見かけました。

さて、「One Stop挨拶」とは、なんぞや?と考え込むことしばし。


多くの役所では「One Stopサービス」をしています。以前は、住民票を取るにも、住民課に行って書類を書いて、納付書を書いてもらい、それを出納室に持って行って料金を払い、納付書にハンコをもらい、納付書を住民課に持って行って、やっと、住民票をもらっていたのですが、「One Stopサービス」になって、担当の部署だけで、すべての手続きができるようになりました。


さて、この「One Stop挨拶」と「One Stopサービス」とは何か関係があるのか?考えても分からないので、そこらにいた生徒を捕まえて聞いたら「挨拶をするときは、立ち止まって挨拶をしましょう」ということだって。
確かに歩きながら挨拶をすると、なんとなく雑になってしまう感じはあります。

この学校は、挨拶が良く、部活で座ってストレッチをしているそばを通りかかると、みんなパッと立ち上がって「こんちは!」と挨拶をされたことがあり「オイオイ、そこまでしなくても良いよ」と思ったものですが・・・気持ちは良かったですね。若さが溢れて。


挨拶は人と人との繋がりの第一歩。最近は夫婦でも挨拶をしない家庭が増えているとか。家族、ご近所には「One Stops挨拶」とはいかないまでも、気持ちよく挨拶をしましょう。


「One Stop挨拶」が正しい英語かどうかは別問題ですが・・・・




2019年6月23日 (日)

「医者との対話」~スマホをめぐって

Dsc_0321 Dsc_0323 
私が、最初の頃使ったスマホです。

当時、他人に見せると「そんなもん、どうするの?電話が繋がればいいじゃない」と言われたものですが、今やスマホだらけ、私の先見の明がどれほど優れていたか分かります(^_^)v。


さて、私がお世話になっているお医者さんが先日まではガラケーでした。行くたびにスマホを勧めること二年間。先生のガラケーもガタがきたらしく、先日診察に行くと・・・


「スマホに替えました」

「何をお使いで・・・」
「iPhone7です(奥様のはiPhone8です)」
「何でまた?新しいのがあったでしょう?」
「ただ、だったから・・・」
「・・・・・・・・・・・・」

「・・・・便利でしょう?」
「特に、電子マネーはいいですね。いちいち財布を取り出さなくっていいし」
「・・・・・」
「ああ、そういえば、千々石ではあまり使う所無いですよね」だって(--#)。

確かに言われてみれば、使えるところを数えると、片手でたりますね。今のところ。


で、私らの時代は「いつもニコニコ現金払い」というのが流行って、これの影響で現金払いでなくては不安なのですが・・・


店で買い物して、

「オバチャン一円足りないから、まけてよ」
「まけたら、店が潰れるよ」
とか、
「孫が生まれたから、今日はおまけだよ」
とか言っていたものですが・・・・

先日、某コンビニにいって、計算をしたら「777円」

店員さんに
「セブンのぞろ目だけど、何かない?」
「ウチでは、そういうことはやっておりません」だって。

多分、以前のお店屋さんだったら、おばちゃんが

「あ~ら、おめでとう、私のチュウで良い?」なんて言っていたと思うのですが。

先日、某本屋さんに行ったら、レジにズラッと機械が並んで、画面で現金払いとかカードとかの選択がでて、それをタッチして、現金などを入れるとお釣りがでて、本を入れる袋が置いてあり、自分で袋に入れて帰りました。


能率と人件費の問題もあるでしょうが、なんと味気ない時代になったものか。人と人とのふれ合いが薄れていく時代になりました。



話変わって、いよいよ「ところ天屋」さん開業の7月1日が近づいてきました。この間から、店などを掃除して、まだ「準備中」のビラが貼られていました。いよいよカウントダウンです。

Img_5027

     こちらのお店は、電子マネーは使えません。お買い求めの節は現金の準備を(^o^)。



2019年6月20日 (木)

6月19日「あおぞら」&「半分青い」~見損なった人or気づかなかった方のために

Dsc_0299
昨日の「なつぞら」。気がつけば、よく気がつく人がいるもので、ネットで話題になっていますが、私、全然気づきませんでした。

NHK朝ドラは今回が100回とあって、以前、関係があった人、事、が随所にでてきているみたいで・・・ボーッとして見てはいられません。


前職警察官というアニメーターの下山さん、いつもスケッチブックを持ってスケッチをしています。なつは毎日、服を替えています。これも下山さん、毎日書いていますが、この日、以前着ていた服と一緒だということに気づきスケッチブックをチェックすると・・・


Dsc_0296

「7/30 さわやかな奥村女史 半分、青い。」と書いてあって、朝ドラの前作は「半分青い」で、思わぬ所に前作が顔を出しています。この日のなつの服装は、「半分青い」ですね。

私、朝から見て、昼の再放送を見て、ビデオに撮っているので、夕飯を食べて又見ているのですが、全然気づきませんでした。なんと、ボーッとして生きているのか、つくづく自覚した日でありました。




2019年6月16日 (日)

「天皇陛下のクッキー」&「夫を捨てないで!」

Img_5020
いつもの、某なかよし村というストアーに買い物にいったら、上のようなクッキーが置いてありました。単なるクッキーではなく、下の写真、赤丸印のところ「長崎国体の際、天皇陛下が召し上がられたクッキーです」です。長崎国体は平成26年に開催されました。

これを見て、ふと思いだしたことがあり、平成2年、全国記念植樹祭が長崎県国見町(現雲仙市国見町)百花台公園で開催されたおり、天皇皇后両陛下が来られ、途中に休憩所が設けられましたが・・・


事前打ち合わせで、〇〇庁の方が訪れられ、「お菓子は出されて結構ですが、食べて、音のしないものをお願いします」と言われたそうです(本当かどうかは責任持ちません)。もっとも、天皇皇后両陛下が煎餅を「ボリボリ」音をたてて、かじっている姿は想像できませんが・・・・


で、本当かどうか買ってきたわけですが・・・音はサクサクという感じで、あれが音かどうか、微妙な所ですね。味ですか?音に気を取られてよく分かりませんでした。


Img_5016_1


さて、今日は散歩していたら、公園の所に左側の看板が立ててあり、字が消えていたのでマジックの太字用を持ってきて、書き加えてきました。なにせ、最近は捨て犬ならぬ、「捨て夫」が増えてきているようです。「飼い主」の方は「持ち帰り」を。
「環境庁」ではなく「環境省」からのお願いでした。

        Img_5004 Img_5004_li

2019年6月10日 (月)

「裏昭和史探検」★小泉信一~風俗・未確認生物・UFO・・・

Img_20190610_0001

今日某TVを見ていたら、某市立図書館の司書さんがお薦めの本を紹介していましたが、頭脳明晰、健康優良児、学級委員長・眉目秀麗・優等生などという言葉を思い出すような本ばかりで、参考にはなりましたが、あまり面白くない。

世の中、光もあれば影もあり、表もあれば裏もあり、というのが面白く、上の本の中身は「夜の街をたどって」「対談 末井昭×小泉信一 『昭和のエロには愛があった』」「未確認生物をたどって」「UFO伝説をたどって」の構成になっていますが、後ろの3つは無視して・・・


さて、以下の言葉について、実際体験された方は〇印を、言葉だけ知っている方は△印を、全然知らない方は×印をつけてみてください。下の言葉は目次をそのまま書いたものです。


・額縁ショー ・トルコ ・愛人バンク ・ヨコハマメリー ・薔薇族 ・テキヤ ・キャバレー太郞 ・ストリッパー 

・ネオン街の「流し」 ・カストリ雑誌 ・ブルーフィルム ・赤線 ・フランス座 ・ピンク看板 ・秘宝館
・のぞき部屋 
・テレクラ ・ビニール本 ・赤、青、白、黒線 ・ポン引き ・アルサロ ・キャバクラ
・大人のおもちゃ ・ハッテンパ ・日活ロマンポルノ ・アダルトビデオ ・イメクラ ・SMクラブ 
・ステッキガール ・グルメ風俗


本の帯に書いてあるように「昭和の夜の風俗」で、現在、令和の時代になり、昭和は遠くなりにけり、ということで、全部〇印か△印をつけられた方は、かなりのお歳の方ですね。若い方は、ほとんど知らない言葉が多かったかと思います。


私ですね、花丸印💮が思ったより多かったですね。




2019年6月 6日 (木)

「ポキッと折れるんです」~梅雨の傘は郵便局でお求めを

Dsc_0261

いよいよ梅雨になりました。シトシトとした雨なら良いけれど、強風になると傘が上のようになります。
せっかく買ったばかりの傘がこれでは、ヤーですね。もう使えません。

一昨年、郵便局から「ポキッと折れるんです」という傘が発売され、話題になりましたが、私も一本買いました。上の写真のようになっても・・・もう一度折りたたんで・・・


Dsc_0265


                       広げれば、元どおり。

Dsc_0260

これで、税込み1080円。コンビニで500円で傘を買っても、強風で曲がり、また買い直しということを考えれば、お安いものです。

これ、残念ながらお近くの郵便局では売って無く、二年前、「郵便局の傘ってあります?」と郵便配達のお兄ちゃんにきいたら、「は?なんすか?」と言われ、調べてみたら、長崎で売っている郵便局は、長崎中央郵便局、長崎北郵便局、諌早郵便局、大村郵便局、佐世保郵便局の五箇所だけ。はやり、長崎は発展途上県ですね。結局、諌早郵便局に行って最後の1本を買って来ました。


今年も、梅雨時なので買おうと思って、確認のためにI郵便局に📞をいれたら、「しばらくお待ちください」ということで、なにやら調べているらしく、しばらくして、入荷していません。で、入荷するどうかも分からず・・・


民営化しても、郵便局は郵便局ですね。もっとも、郵便局まで行かなくても通販で買えますから、ご希望の方はこちらのほうでご利用を。


なお、傘はあまりひどい風だと骨が折れることがありますので、ご注意を。





2019年6月 4日 (火)

「護美箱」~「なつぞら」より

Dsc_0276

NHK朝ドラ「なつぞら」のワンシーン。いらなくなった原稿等を捨てる「ごみ箱」です。「護美箱」という文字。小さい頃見た覚えはあるのですが・・・

「ごみ箱」は何のためにあるのか、まわりを美しく護るため、「護美箱」。こちらの方が、分かりいいですね。


このシーンに対して、Twitterで話題になっているようですが、「ゴミ箱って護美箱ってかくのか~知らなんだ。」とツイートした方もおられ、「護美箱」は「ごみ箱」の当て字です。


平家物語に「ごみ」とう言葉があったっというツイートがありましたが、調べると、漢和辞典を作っている大修館書店のホームページのQ&Aの引用。


ただし、読んで見るとゴミについて「調べてみると『平家物語』にも出てくることばだといいますから、れっきとした日本語です。」と書いてあり、「調べてみると」「『平家物語』にも出てくることばだといいますから」ということで、「いいますから」と書いてあるので、これを書いた方が直接「平家物語」読んだわけけではなく、「調べてみると」と書いてありますが、何を調べたのかの出典もなく、漢和辞典を作っている書店としてはアウトでしょう。


また、このツイートなどを読んだ方、「ごみ」と言うことばは、「平家物語」にある、という情報が拡散しなければ良いのですが、本当にあるのなら「平家物語」をちゃんと読んで、その箇所を指摘していただきたいと思います。


さて、廣済堂出版「江戸時代の用語事典」の「塵溜(ごみため)」に次のように書いてありました。


「掃溜(はきだめ)とも申します。【長屋】には塵溜が必ずありました。紙くずは【屑屋】が持って行き、野菜くずは肥料などに農家が持って行きました。残ったゴミがいっぱいになりますと【大塵溜】に運び出し、最後は埋め立てに処理されました。


現代、食物の食べ残しが多く問題になっていますが、こうしてみると、昔の方がリサイクルが進んでいるような。また、空き缶のポイ捨て、山野の大量のゴミの廃棄、海岸に打ち寄せるゴミ(特にプラステック)の多いこと。


「護美箱」だけではなく、地球環境の「護美運動」を。




2019年5月31日 (金)

銀行にて・・・歳は取りたくないもので・・・

Img_20190531_0001

昨日、車の点検をし、点検費を銀行に振り込みに行きました。
銀行通帳でATMを使い、いつもの如く手続きをしたら、上のような利用明細表がでてきました。

・このお取引は成立していません。

・ATMを利用した特殊防止のため、お客さまのATM振込はお取扱いできません。
・ご利用明細票をお持ちになり、窓口にお問い合わせください。

と言うことで、窓口に行って「おんどりゃ、こりゃなんじゃ?」と言いたいのをこらえて、「すみません、これなんですか?」。するとですね、女性の銀行員のかたが・・・


「現在、振り込み詐欺防止のため、70歳以上でATMをご利用して振り込みされる方には、ロックがかけられておりまして・・・」(私、70歳になったばかりです)


「じゃ、どうすりゃ良いんじゃ、年寄りをバカにするな、舐めんじゃねえぞ」と言いたいのをがまんして、「どうすれば、そのロックとやらを外すことができるんでございますか」と聞いたところ、「書類がありますから、それに書いていただければ、ロックを解除致します」ということで、なにやら書いたら、しばらく待って、「解除しましたから、お使いになられます」だって。


で、「これ、TAMで振り込みするとき、一回一回手続きするの?」「いいえ、一回で結構です」「永遠に?」「はい」「5年して、ボケて振り込み詐欺にあったら意味ないじゃん」「・・・・」と、銀行員の女性の方がカワユかったので、これ以上はイビリませんでしたが・・・


よく考えてみると、悪いのは振り込み詐欺をする悪人が悪いので、銀行は悪くない。私たちが振り込め詐欺にあうのを、防いでいると思ったのではあります・・・


70歳以上の方で、ATMで振り込みをされる方は、上のような明細票が出て来ますので、驚かないで、窓口のほうへ持って行きましょう。本当に歳は取りたくないないもんで・・・・



«「ボーッと生きてんじゃねえーよ!」★天正遺欧少年使節

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ