2017年9月18日 (月)

今日は「敬老の日」



Img_2152

今日は、「敬老の日」。

雲仙市では各々の町の自治会単位で「敬老の日」を実施。本当はまだ人数は多いのですが、入院やらがあって、全員来られると会場には入れませんが・・・

私?まだ、参加する歳には達しておりませんが、今年は班長という事でお手伝い。ついでに、市長さんの祝辞とか、県知事さんの祝辞とか、「吉永小百合」さんからの祝電披露(私が勝手に作ったもの)とか、ついでに皿回しまでやってしまいました。

歌あり、踊りありでしたが、今日日(きょうび)は何といってもカラオケが多く、見ていると女性の方が曲をよく知って、男性はほとんど口が動いていませんでした。はやり、これを見るにつけ、女性の方が長生きするのは当然だと。

さて、前自治会さんから挨拶がありましたが、「老人の日」と「敬老の日」があるとかで、「老人福祉法」をみると・・・第5条2項

2 老人の日は九月十五日とし、老人週間は同月二十一日までとする。

ですね。でもって、ハッピーマンデーに伴い、国民の祝日として、「敬老の日」が9月の第3月曜日になったそうです。ですから、「老人の日」と「老人週間」と「敬老の日」があるという事です。ね。多分。

年を取ると、周りの知っている人が段々亡くなり、家に引きこもりがちな中、このような催しも必要だと感じました。

帰りがけ、天満宮に寄ってみました。最近、千々石ミゲルの墓と思われる場所の発掘が大きく報道されましたが、この小山(橘神社の裏の山)に釜蓋城があり、竜造寺信隆に攻められ、ミゲルの父が滅ぼされ、その際、平和を願い天満宮を作ってほしいと願って亡くなり、後年作られた。「天満宮」です。

以前は、小さな山でしたが、役場がロクな調査もせず、グラウンドを作り、現在は中学校野球部の専用グラウンドみたいなものです。

明治12年「千々石村村誌」には、「・・・・濠址数行アリ頂上ニ廃井アリ・・・」とありますが、グランド整備の折無くなっています。

なお、龍造寺に滅ぼされた折、千々石ミゲルは戦火を逃れ、後年、大村に身を寄せています。

以前、この鳥居には注連縄が無く、他の神社はあるのにという話があり、2,3日前に作ったという事を聞いたので、行ってみたら見事な注連縄が作ってありました。注連縄があると、感じが全然違いますね。作っていただいた皆さんに感謝です。
 
Img_2159





2017年9月15日 (金)

消えた山~雲仙市小浜温泉

Img_20170915_0002

今日は昼からバタバタしておりまして、というのが今日はiPhone8の受付日。

今日の朝まで悩んで、ここまで毎年替えたから、いまさら止めるわけにはいかないだろうと、またもや替えることにして、今回は使ったことがない、初めて5.5インチに決定。

いつものように午後4時1分からが受付で、ショップに並んでも受付までに時間がかかるので、ネットで注文をしようと30分前から、準備やら練習やらで過ごして、ジャスト時間にネット受付を始めたら、なんとなくおかしく、何とかつながって、確認のメールを見てびっくり。なんと県外のショップからの受付メールで、わざわざ県外まで受け取りに行くのかと慌てました。そこでキャンセルをかけ、お近くのショップに受け取りに行くように手続きをし直したら、4時30分。という事で、発売日の22日には現物は届かないだろうな。

という事はどうでもよく、一番上の写真は昔の小浜温泉です。絵葉書です。私が入手いたもので、手前に見える丸い桶のようなものが風呂桶です。

「小浜町史談」によると、「断崖絶壁の下、飛び石を伝うてしか行けなかった磯の温泉・・・」というところで、これでは温泉場としては発展しないという事で、本多西男氏(小浜の湯太夫・温泉の元締め)が自費を投げ出して、明治28年、明治38年、明治43年に埋め立て、現在のような温泉地に発達をしていったわけです。

矢印の部分家を支える柱が少し見えると思います。

Img_20170915_0004_2

      (「2005 小浜町80周年記念誌」より)

で、長崎大学でも古写真を集め、電子化コレクションとして公開をしており、一番上の写真もありましたが、同じような感じの下のような写真もあり、あれ、これ違うじゃん、と気が付く人は、カンの良い人で、それなりの人は気づきませんね。


Photo

(「長崎大学附属図書館幕末明治期古写真メタデーター・データーベース」より)

いちばん上の写真は左側に山が見えますが、下の写真は山が消えています。別に天災があって無くなったわけでもなく、現在もちゃんと存在しています。

以前、「小浜煎餅」の事を書いたことがありますが、その折、「この時代、日中戦争、太平洋戦争と続く時代ですから、溫泉案内記、郷土史等は全く姿を消していったそうです。」と書きましたが、多分、戦争をするとき地形が分かると不利になるので、山を消したのは軍部かもしれません。

時々、絵葉書などを見ると、「検閲済」と印刷したのを見受けることがありますがこれもその一つでしょう。と思います。




2017年9月14日 (木)

「また書き直し『週刊ポスト』『週刊現代』」

Img_20170913_0001 Img_20170913_0002

昨日、週刊誌がお店に並んでいたので、ブログにしようかと半分まで書いたら、またもや書いたものが飛んでしまって、私のPCも加齢でしょうか?という事で、「また書き直し『週刊ポスト』『週刊現代』」です。

■「あの金正恩でも、嫁さん(李雪主)には頭が上がらない」

カミサンは怖いですね。「幹部たちも恐れる夫人」。なんと、「夫の愛人を粛清」。「家庭内はもちろん、内政・外交にも口を出す『本当の実力者』核ミサイル攻撃も彼女の気分次第」というんですから、アントニオ猪木さんも、小泉さんも会いに行くなら、李雪主様ですね。

■「アベノミクス『立往生』で日本経済を蝕む7つの副作用」
■「安倍はもういい 民進は話にならない 小池百合子も最初だけ」

社会保険問題で、「最後の一人まで」、拉致問題で、「今年中に解決」と言ったのは誰でしたっけ。

「『地方創生』、『一億総活躍』、『女性活躍』ほか、放たれた矢が国民に向かって落ちてくる。」、言っているメッセージは口当たりのいい事ばかりですが。

「大規模財政出動→成果も財源もなお歳出増で負担増ラッシュ」、「地方再生→自ら煽った『ふるさと納税』潰しで倒産も!」、「一億総活躍社会→高齢者は”劣悪な労働環境”に放りだされる」、「『いざなぎ景気』再び→賃上げどころか『残業ゼロ法案』で年収ダウン!」、「人づくり革命→苦しむ若者は見捨てても増えすぎた大学を助けよう」、「女性活躍社会→保険料まで払わされるパート主婦が量産される!」、「黒田バズーカ→指揮官の”戦意喪失”で『悪いインフレ』だけが残る」。

と、まあ、本当の所でしょう。「気をつけよう、甘い言葉に、甘い罠」(いつも言っていますが・・)、と言っても、民進党は山尾さん問題で空中分解寸前だし、ですね。

■「『老後』も『再雇用』も役人はこんなに優遇される」

<「75歳まで働け」政策の正体>、「得することはまず公務員から、損することはまず民間から」「官ーボーナス支給、特別年金あり、希望者全員再雇用、人間ドッグも格安に」、「民ー給料は半減、保険料は自腹、手当なし、業務悪化ですぐクビ」

「一億総活躍」とは言ってますが、60代、70代まで働かせ、年金支給は75歳になり、税金はとられ放題、介護保険料も上げられ、役人に都合のいい制度ばかり、こっそり作り、それでも安倍政権の支持率は40%超。日本人の目は節穴なのかな?

■「応援したくなる!眞子さま、小室さんの『年収300万円生活』」

小室さん、サラリーマンをやっていますが、「おそらく現在の年収は300万円ほどでしょう」、という事です。

眞子さまは皇室から離れる際、一時金が1億2500万程度だといわれていますが、住むところも民間の6畳一間に住むわけにもいかかず、それにふさわしい生活が必要。

まして、三室さんは母親と、母親の祖父(81歳)の三人暮らしですから、これも考えなければ、という事を考えれば、なかなか厳しいですね。三室さん、昼食はワンコインですね。もっとも、眞子さまがお弁当を作ってあげるかな?

■「奇跡の腸内物質『スペルミジン』で長生きしても認知症にならない」

詳しいことは省きますが、「味噌などの大豆製品」、「豆類」、「ナチュラルチーズ」、「ヨーグルト」、「しめじ・エリンギ」、「ブロッコリー」、「オレンジ」、「サザエの肝」、「小麦胚芽」、「漬物」、「エビ」が「スペルミジン」を増やすそうですが、三日坊主では効果が無いでしょう。

■「”高いカネ払えば治る"は大誤解!『コスパ』の悪い最先端手術一覧」

高いカネを払って手術をすれば効果があると思うのが人情。はたして、効果があるのかどうかは、やらなければ分からないところですが・・・

「ステントグラフト内挿術(大動脈瘤)」、「陽子線治療(がん)」、「カテーテルアブレーション(心房細動)」、「腹腔鏡手術(肝内胆管がん)」、「ペースメーカー移植(上室性頻脈)」、「人工関節置換術(関節障害)」というところが載せてありますが、「カテーテルアブレーション」の手術は受けましたが、一年半、今のところは無事です。

■「『女房を男に寝取られた!』夫たちの周章狼狽」

「バレる確率『夫95%妻5パーセント』」だって言うんですから、怖いですね、おとうさん。ひょっとしたら、あなたの・・・・

妻であっても、きちんと女性として認めることが必要だと思うのですが・・・経験上。

■シリーズ「100歳まで〇E〇」

「人生観が変わる厳選20動画、かもしれない」、あわせて「特別小冊子とあわせてお読みください」、という事で、初心者の方は、「付録」は是非お読みください。

■巻末グラビアですが、「日活ロマンポルノ〇れる名言集」

田中真理さん、大谷直子さん、山東ルシアさん、美保純さん、谷ナオミさん、小川美那子さん、鹿沼えりさん、風祭ゆきさん、志水季理子さん、宮下順子さん。

みんな観ました、本当にあの頃はお世話になりました。感謝申し上げます。


2017年9月11日 (月)

「あるかしら書店」~ヨシタケシンスケ著・絵

Img_20170911_0002

この本、売れているらしく、2017年6月20日 第一刷発行、2017年7月28日 第五刷です。

舞台は「あるかしら書店」、主人公の名前は書いてありません。「店のおじさん」です。お客さんが「『ちょっとめずらしい本』あるかしら・・・?」とか、「『本にまつわる名所』の本ってあるかしら?」とか、なんとなく難しい本を探す人が来ますが、店主さん、「ありますとも!」と数冊の本を持ってきますが、その本の紹介をしてあります。

「ちょっとめずらしい本」、「本にまつわる道具」、「本にまつわる仕事」、「本にまつわるイベント」、「本にまつわる名所」、「本そのそのものについて」、「図書館・書店について」、各々、数種類の本が紹介してありますが、もちろん本当にある本ではなく、作者の想像の本ですが、これが面白い。

1番気に入った本ですか?1番好きな本はもったいなので、2番目に好きな本を紹介すると・・・・

「本にまつわる名所」のなか、「お墓の中の本棚」


Img_20170911_0001

1年に一度のお墓参りの時、お墓が開くようにできていて、その中に、本が好きだったあの人が良く読んだ本、影響を受けた本等が入っていて、その中から一冊を選び、代わりに、天国のあの人に読んでもらいたい本を一冊、お墓の本棚に入れて帰ります。持ち帰った本は、お参りにきた人が読むわけですが。

さて、これ良いなと思ったので、石工さんに相談に行こうと思ったのですが、考えてみれば、ウチのカミサン、全然本を読まないので、せっかくのグッドアイディアですが、あきらめました。

この本の中で、1番好きな本ですね。人それぞれなので、皆さんも「あるかしら書店」を読んで、好きな本を選んでください。でも、こんな本屋さんがある町って良いですね。




2017年9月 9日 (土)

「ミゲル墓所推定地」現地説明

Dsc_1199

昨日で発掘調査終了。という事で、地元へのお礼もかねて説明会がありました。

墓の調査、キリシタン遺跡のそれぞれの専門家による説明がありましたが、まだ、分析するところもあり、正式の報告は11月12日になるそうです。

この墓碑に関しては、この大きさの墓石。また、基盤を作り、その上に棺を置き、隙間を土と石で固め、さらに土と石を被せ、大きな石で蓋をし、その上に土と石を被せていくという、普通には見られない丁寧な墓の作りで、かなり位の高い者の墓だという事でした。

また、棺桶は長持ちの転用は無いかという事で、長持ちの金具、錠も出てきています。

Dsc_1200_2

新聞にも出ている通り、ガラス玉が出土しましたが、59個出たそうですが、ただ、首にかけるにはあまりにも小さいガラス玉でしたが、当時は木で作ることもあり、それなら、朽ちているのでは?という事です。

いずれにしても、ガラス玉を調査し、鉛などの測定で作成地区の特定もできるそうです。


Dsc_1212

発掘の成果物ですが、ガラス玉、錠、歯、長持ちの金具、ガラス等並んでいましたが、骨の部分はまわりの土ごと長崎大学で分析中で、その結果でかなりの事が分かると思います。

Dsc_1204

いずれにしても、分析の結果が待ちどうしいところです。なお、この後、元の通りに埋め戻しをします。




2017年9月 8日 (金)

「児島」へ~雲仙市南串山町児島 其の一


Photo

児島(こじま)です。左に長く伸びているのは養殖をしているので、防波堤です。

GoogleEarthで上から見ると、丸印の島、矢印は国崎半島になります。この半島の先の海岸、良い海岸なのですが・・・・

Photo_2

月曜日にこの島に調査に行ったのですが、島の一番上まで登り、と言っても手入れをしていないので、ヒーヒー言いながら登ってきましたが、まだ筋肉痛が残っていて、歳を感じます。この児島の事について、2,3回、飛び飛びになるかと思いますが、書いてみたいと思います。

さて、どうしてこの島の調査に来たかというと、南串山の古文書研究会で、馬場庄屋の文書に、臨済宗の開祖、また喫茶の習慣を日本に広めた、栄西の事が書いてあったからで、

Img_20170908_0002_2

読めないと思うので、概略書いてみると

栄西が宗から帰るとき、建久元年(1190年)に京泊の湖島(ママ・現在は児島)に弁財天を祀り、菩提樹を植え、また、漁夫が掛け声にエサイナトいうのは、栄西を慕い云っているという事が書いてあり、ここの所長くなりますが、菩提樹について書いてあり、普通は建久元年、菩提樹の枝を中国から送り、それが香椎宮に植えられたことになっているのですが。

湖島(児島)菩提樹越願い始て植えるの
始免也元亨釈書に僧栄西
京ゟ伝し建久元年ノ春
筑紫香椎の神詞(ほこら)の辺り
植えるを是を始めとすとハ偽也
此湖島に弁財天建立後
菩提樹を植置程絶て香椎へ
被参る由なれバ初めて植えられしハ
此の湖島也

とあり、菩提樹が初めて植えられたのは、香椎宮ではなく、この児島にであるという事が書かれてあります。

その後有馬一揆(島原半島の神社は、有馬晴信からほとんど破棄されています。千々石の満明寺もしかりです。)の節この弁財天も廃亡されたそうです。

でもって、無謀にもこの島に上がって、菩提樹があるかどうか確かめようと、大人(というより、高齢者)6名ばかりで調べに行ったのですが・・・

下の図は、明治二年の神社明細調帳の図です。

Img_20170908_0001

鳥居が書いてありますが、現在は壊れています。鳥居前の広場から上陸できるようですが、現在は全く違っておりました。島の形は、多分、昔はこのような形だったのでしょうが、現在は木が育ち(過ぎ)島の形が違ってきたような気がするのですが。

なお、この島は以前は女人禁制、石の一つ持ち出すことは禁止だったそうです。世界遺産の宗像・沖ノ島と一緒ですね・・・・・・(続く)





2017年9月 7日 (木)

悩みつつ[週刊ポスト」「週刊現代」

Img_20170907_0001 Img_20170907_0003_2

ボチボチ、「iPhone8」の発売の噂が流れてきました、現在、「iPhone7」を使って一年。新しいのが出るたび買い替えてきたのですが、年金生活ともなれば少し厳しく、替えるか、どうするか、「悩みつつ『週刊ポスト』『週刊現代』」です。

■「北のミサイルの照準は横須賀基地を向いている」

ロシアと中国の態度でどうなるかでしょうが、「北朝鮮」はアメリカ、日本等との取引の切り札ですから。

向いているのが横須賀基地だけなら良いのですが、原発を狙われたら、日本全滅です。対抗措置として、私の大砲を平壌の方へ向けておりますが、小さいので役に立たないだろうナ。

■「『今すぐ秘書官やめてやる!』安倍『執務室でひとりぼっち』」

言ったのは、安倍首相を支えてきた「今井尚哉・総理主席秘書官」。
一強と言われましたが、皆さん離れていって、三選は無理か?もっとも、民進党もスキャンダルが出て、日本の政界グチャグチャですね。

■「霞が関で『開成官僚』VS『麻布官僚』大戦争が勃発中」

「開成」は「開成高校」、「麻布」は「麻布高校」のことですが、学校を卒業しても同じ出身学校同士群れたがるのはどこも同じですが、国の政策まで引きずってははダメでしょう。政界もダメなら、行政もダメ。日本はどこに行くんでしょう。
ちなみに私の最終学歴は、中洲自動車学校です。

■「入院中の谷垣禎一いよいよ『9月復帰』で政局が動き出す」

谷垣氏、順調に回復をしているみたいで、復帰する予定のようですが、場合によっては今度の総選挙に影響する、かも、です。

■「なったら”イラッ”鳴らなきゃ”アレッ”『Jアラート』が鳴らなくて・・・・』」

先日も書きましたが、スマホから大きな音が出て、見まわすとまわりの方のスマホからも大きな音が出て、何かと思ってみると、災害情報のお知らせ、で、最後を見ると、「訓練です」。

Jアラートの誤報が重なっているようですが、今、ネットのニュースで「ラジオで『ミサイル発射』Jアラート誤送信、三重・四日市など」と流れていました。
Jアラートは100億円以上の税金を使っているそうですから、このままでは税金の無駄使い。

■「『定年後』やってはいけない10箇条」

「政策に期待するな」。確かに、年金の値下げ、年金支給の年齢の繰り上げ、医療費の負担増。何をとっても「政策」には期待できません。

「『資格』が職を遠ざける」。意外や意外ですが、「資格を取ってはいけない」、「学校に行ってはいけない」。
「人生の9回裏の作戦」~「語学の勉強をしてはいけない」、「ジムにいってはいけない」。
「『義理』は身を滅ぼす」~「葬式にはいってはいけない」。
「社会の『補欠』たれ」~「勲章をもらうな」、「本を書くな」、「NPOに参加するな」、「会社を創ってはいけない」

と、意外なようですが、読んでみれば、ナルホド。

■「激増!!認知症で『行方不明』1万5000人の衝撃」

数日前、市の防災無線で「〇〇町の〇〇さんが行方不明です、服装は・・・・見受けられましたらご連絡ください」と放送があっていました。

2,3か月前、毛布を引きずって国道沿いを歩いている老人があり、見るとお近くの高齢者の方で、以前からボケていると聞いてので、保護して家まで送っていきましたが、田舎だから知っている人が多く、大事には至らない事が多いみたいですが、都会ではどうなのでしょう。

医療・介護施設・費用等々の問題で、在宅での介護が多くなっていくようですが、最近の高齢者は体力があり、徘徊する人が増えてくると思います。

「交通事故起こして巨額賠償」、「7年間消息不明のまま施設で過ごす」とありますが、「姿が見えないと気づいた時には『1時間以内』がデッドラインになるという」という事で、世間体など気にせず、警察、周りの人の協力を得ましょう。日ごろからの、近所付き合いが大切ですが。

■「さあ、ドラフトだ『清宮と中村と増田』実力はどっちが上なのか」

プロ野球は入団してからが問題で、有望視された選手が何人消えたのか。今の段階で、なんだかんだ言っても無駄な感じみたいですが・・・・

■「『私が患者なら受けたくない手術』『私が患者だったら絶対飲まない薬』」

「60歳以上の名医たちが実名で明かす」です。
各自、病気を持っておられる方、心配ならお読みください。ただ、主治医さんの意見、また、セカンドオピニオンも受けられたらと思います。いつも書いていることですが。

■「新シリーズ『100歳まで〇E〇』」

「60すぎても〇ケ〇な人はここが違う、こんなに元気」という事で。

「頭の使い方次第で前〇と〇位はこう変わる」、「〇の中に突然できる『シワ』を見逃すな」、「〇体がフニャフニャに砕ける魔法の『音』と『言葉』、「〇クのは〇器ではなく『脳』です。
という事で、段々涼しくなってきたので、100歳の方は是非お試しを。

■「世界中の〇ロ動画を”タダ”で観られる奇跡の検索サイト」

「AVgie」という動画サイドがあるそうで、「AV業界が戦々恐々とする『最強検索視聴サイト』が上陸した。」という事ですが、お好きな方は自己責任でご利用を。
私?安全なサイトを利用をしております。



2017年9月 6日 (水)

え~!「阿波踊り」?

Img_20170906_0001

最近、ある古写真を捜しており、大量に写真を買い集めておりますが、その中に入っていた一枚です。何でしょう?大の大人が5人も「琵琶」を持って演奏しているのは?

写真の説明を読むと「奇抜極マル・徳島之盆踊(其九)」とあり、発行が、徳島市西新町の写真屋さんの名前が書いてありました。

裏面の赤の所、「徳島踊觀覧記念・大正九年八月」とあり、これ「阿波踊り」のことかいなと思い、徳島市役所に電話をかけると、学芸員の方の返事として、自分も「琵琶」で伴奏をしている写真を見たことがあり、昔はもっと自由に踊っていた、という返事でした。

ですから、この団体の踊りの伴奏は「琵琶」でしたのでしょうが、「三味線」は普通の家にもあり、音も大きいのですが、「琵琶」で踊りの伴奏ですね・・・どうなんでしょう?なんかピンとこないのですが・・・


Img_20170906_0002_2

という事で、Wikipediaを見ると下のような写真が載っており、説明が・・・

「『奇抜極まる阿波の盆踊り』と説明がある。『阿波踊り』の名称がさほど古い物でなく近年流布したことがわかる」とありました。

こちらの方は、後ろの女性、三味線を抱いているようですが。


Awaodoritaishou_2
          (「Wikipedia」より引用)

「徳島の盆踊」、「阿波の盆踊り」、「阿波踊り」と名前も変わったようで、踊り方も、伴奏も変わっていったような感じですが、こうしてみると、なんとなく昔の方が面白そう(残念ながら、見に行った事はありませんが)。



«「卵」について考えた

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ