2017年10月21日 (土)

「選挙」の後は「年賀状」


Img_20171021_0002

夜の8時過ぎになって、選挙カーの音も消え、やっと静かになりました。今日は最終日、しかも市会議員選挙もあって、昼は30分ごと電話があって、せわしい一日でした。

前にも書いたと思いますが、小さな地区で選挙事務をやっていた時、おばあちゃんが、「字を書けんから、代わりに書いて」。代筆は選挙事務2名でするのですが、「誰にする。」、「誰でも」、「誰でもじゃ、困るんですけれど」、「誰でん、一緒じゃろが」。という事で、あの時は困りました。

私の方は、明日は混むので、期日前投票をしましたが、おばあちゃんの真似をしてみようかとは思いましたが、立会人が全部知り合いなので、止めました。

選挙が終わり、いよいよ年賀状の季節になりました。誰が始めたのか知りませんが、最近、「歳で年賀を書く気力も、体力もなくなってきましたので、来年からご遠慮させていただきます。」という年賀状をいただく事が多くなり、私もボチボチだと思っております。

皆さん方の所にも年賀状は15日までだったかな、出してください、というお知らせが郵便局から来るとは思います。

上のお知らせ(裏は白です)は、新潟逓信管理局からのお知らせですが、逓信局は「郵便、小包郵便、郵便為替、郵便貯金、簡易生命保険、郵便年金、電信および電話の管理に属する事務、発電水力調査に関する事務ならびに電気事業および船舶海員の監督に関する事務を掌る」(Wikipediaより)ところだそうですから、今の郵便局より忙しいみたいです。

上のお知らせの年月日は、明治43年12月ですから、いまから107年前のものです。ですから、私たちは、100年近く、年賀状は早く出すよう言われているわけですが、私たち日本人は・・・・最も、私も年賀状を出すのは12月31日で、反省をしながら、今年は少し早めにと思っています。

皆様も早めに・・・・できれば、全部パソコンでなく、少しでも手書きを入れてもらえれば、暖かみがでると思うのですが。

最近の年賀状は同じようなものばかりで、面白くなくって、そう思いませんか?芋版で来た頃の年賀状が懐かしい postoffice




2017年10月20日 (金)

「院長選挙」~久坂部羊著

Img_20171020_0001

面白そうだったので何気なく買ったのですが、「主な登場人物」が紹介してあり、これが、なんと31名。前にも書いたように、私、3名以上の登場人物、覚えきれないんですよ。で、金使って買ったんだから読みましたが、面白かった。

「院長選挙」と言えば思い出すのが、「委員長選挙」。私、先生の推薦があったにもかかわらず、落選しました。それ以後、「選挙」といえば、トラウマになっています。で、今回の「町議会選挙」にも出なかったのですが・・・

個人病院、個人経営の総合病院なら問題はないのですが、舞台は超エリート天大病院。
病院長の突然の死去(これも問題の死に方)に伴い、病院長選挙が行われますが、副院長がなんと4名。それも仲が悪く、陰口は叩く、病院の宴会ではお互いに罵り合う、セクハラはある、パワハラはある。と、まあ、ほんまかいなという感じですが、病院の内部を抉り出した「白い巨塔」時代と変わりありません。だた、コメディタッチでは書いてありますが。

ところが、この4名、その医療技術にかけては最高のレベルを持っているのですが、そこのところは、視力訓練士長の言葉、「・・・・副院長たちは、白鳥か黒鳥かは別として、水面下では必死に水を掻いているのです。運や才能だけで今の地位に就いたのではありません。性格的に問題はあっても、患者を治療すること、医学の発展に寄与することにかけては、余人の追随を許さない努力を重ねてこられたのです。」

医者になるといえば、各大学の医学部に入るのが一番難しいのですが、特に跡継ぎの子供は、小学校から勉強ばかりで、長じては「先生、先生」と言われるので、多少、性格的に偏りがあるでしょうが、それは反面の事で、反面は上のような事です。

小説としてはフリーライターの、赤沢アスカが、「医療崩壊」についてルポをする形式をとっていますが、その中に、現代医療が抱える問題、投薬の問題等考えさせる事が書いてあり、あまり肩が凝らず気楽に読めますから、秋の読書にご一読を。








2017年10月19日 (木)

「今日も寂しく『週刊ポスト』です。」

Img_20171019_0001

今日、本屋さんに行って、ポストと現代を買ってきたのですが、現代を読んでいると、あれ?これ読んだな。

2誌とも同じように積んであったので、間違って買ってきたのではないのですが、多分、先週が「ポスト」がお休み、今週が「現代」がお休みだったのでしょう、という事で、「今日も寂しく『週刊ポスト』です。」

■「『政界乱交』が始まる」

「権力のためならだれとでも寝るー理念なき日本政治の野合」、「希望失速の選挙戦の後に待つ絶望の世界再編ー」、「ああ、この国の議会政治が爛れていく」。

と、どこかとどこかがくっついたり、分かれたり、選挙後を見通して動き出したり。
引退を表明した亀井静香さん曰く「乱交パーティーがはじまる。」で、あのおばさまも乱交に参加するんでしょうか?イヤだな。

■「小池知事が来春国政復帰まさかの自民党㊙シナリオ」
■「小池はなぜ”敗れた”のか希望の党『失敗の本質』」

世論調査によると、希望の党の支持率がジワリと下がってきたそうです。踏絵なんか踏ませるからこうなるんでしょう。

ところで、国政復帰というと、築地・中洲問題。東京オリンピック、見捨てていくんでしょうか。

■「重症骨折でスーパー歌舞伎が存続危機 市川猿之助も襲われた『歌舞伎座の呪い』」

歌舞伎座を建て替えた時、中村勘三郎、坂東三津五郎、石川團十郎さんが亡くなりました。市川海老蔵さんの奥様が亡くなりました。市川猿之助さんも酷い事故にあいました。都市伝説くらいですめばいいのですが・・・・

■「史上初『国宝新幹線』」

「11/19(日)運行 東京駅9時13分発 京都駅11時33分着」だそうですが、長崎は関係ないので、シカト。いつも長崎は仲間外れなんだから。と、言っても長崎まで新幹線は来ていませんが

■「その空耳は、認知症の始まりかも・・・・」

「1時を7時と間違えた」、「孫の声を聴きとれない」。
歳を取ると誰でも経験すると思いますが、「耳の異変は脳の異変」ということもあるそうですから、気になっても、ならなくても、病院へ。

■「長生きするほど得をする『トンチン保険』徹底比較」

「損益分岐点は『長生きするほど得をする』。そうです。わたし、この分野に弱いので、表を張り付けておきますのでご参考に。

Img_20171019_0002_2

■「広島中央署『8500万円盗難事件』で取り調べを受けた捜査員の”謎の死”

広島県警広島中央署の会計課の金庫から、詐欺事件の証拠品、現金8500万円が盗まれました。皆さんの記憶には少し薄れていると思いますが。

てっきり、警察署内の犯罪ですから、すぐに解決すると思ったら、あれから5か月間。なお、”謎の死”の原因は分からないそうですが、「カネが盗まれた時期さえ特定できてない」そうですから、解決はいつになるのやら。

■「スマホ老眼であなたの目の寿命は10年間縮む!」

スマホは3GS時代から長年使っているので、目に悪いのは分かっています。が、発売されたiPhone8をキャンセルして、iPhoneⅩを買う事にしました。受付が来週の27日(金)、午後4時1分だから待ち通しのですが、多分、手に入るのは来年かな?眼ですね、すでに手遅れです。

■「死ぬまで死ぬほど〇E〇 秋スペシャルサービス」

「40代人妻たちの〇ッ〇〇座談会」、「夫とは違う人と、こんなことしたい」ですって。私でよければ、いくらでもお相手しますよ。相手次第だけれど。




2017年10月18日 (水)

2017年10月18日「島原芝桜公園」のコスモス~島原市

Photo

マジ、寒かった。この数日雨が降って、お日様が全然見えないので、寒かった。どなたか、セーターを編んでくれる方がいるとありがたいのですが・・・

今日は、島原の病院で定期診断があるので、ついでに寄ってみました。
受付の所で、「花咲いてる?」「寒いので、みんな凍えています。」

歩くと、十分に咲いているところ、花が少ない所がありましたが、つぼみは十分ついていたので、天気がよく、気温が上がると全開になるような感じ。


Photo_2 2

全体の感じですが、まだ左右に広がっています。

Photo_3

入り口に立ててあった看板ですが、「ハチに注意」。見て歩くと、いるんですね。一匹だけでしたが・・・
ハチにあったら、餌をあげない、目を合わせない、いたずらをしない。猿とあった時と同じ注意が必要です。


Photo_4 2_2

あ~、良い風景ですね。私も若いときは・・・ところで二人がいるハートマーク、ピンクが良いんでないですか。白は少し地味かな?

Photo_5

と、まあ花の間を歩くのは気持ちが良いものです。

2_3 Photo_6

入り口に看板があって、「芝桜公園限定」のチェリー豆。好きなんですよね。
「向日葵」の看板があって、「向日葵咲いているの?」「夏だけですけど。」


2_4 Photo_7

帰りがけ見かけた「向日葵畑」です。以前は芝桜を植えていたのですが、土地が合わなかったのか、思うように咲かず、向日葵に変えたのでしょう。向こうに見えるのが、火砕流を防ぐための砂防ダムです。

向日葵畑はかなり広く、砂防ダムの上から見学でき、後ろは雲仙岳が広がっていますから、これは、見ものです。


Photo_8

限定販売のチェリー豆ですが、買っちゃいました。食べたら止めらないんですが。
ついでに、帰りに寄ったコンビニ。「長崎県立佐世保北中学校・高等学校」で作った、「ゆうよりパン」。「長崎の香酸柑橘類『ゆうこう』の果汁入りペーストを練り込んだ生地にゆうこうの果汁と皮入をクリームサンドしました」というのもですが、これは明日のお楽しみ。


Photo_11 Photo_12

まだ、しばらくは天候が回復しないようですが、良い天気になったら是非お出かけを。


2017年10月16日 (月)

2017 温泉神社秋季例大祭~当番名・木場名

Photo

以前にも書いたように、千々石には7つの名(みょう)があり、毎年、各名持ち回りで祭りの当番名になります。

木場名の岳地区というと棚田が有名で、米がおいしくウチも一年分玄米で買って、家庭用の精米機で精米をして食べていますが、水がきれいなところなのでおいしいですよ。

祭りは7年に一回ですが、当番名は夏頃から練習を行い、大変です。祭りは昨日の日曜日でした。

大体、秋祭りというと、青空が広がりいい天気なのですが、この日は雨。前の夜から、ひどい雨が降っていたので大丈夫かなと思っていたら、朝からも雨が止まず、奉納踊りをする場所もべちゃべちゃ。


4 Photo_2

昔は、おみこしは担いで御旅所まで行っていたのですが、最近は左の道具の上におみこしを載せて引っ張っていきます。
が、今日は雨がひどく、ご覧のようにシートを被せて御旅所までトラックで運送。


2 3

奉納踊りは、木場地区の第2小学校体育館で開催。さすが、ピッタリ息があっています。できれば、御旅所で見たかったのですが・・・・

Photo_3

後ろ姿も良いですね。

2_2

太鼓も見ていると大変です。笛は縦笛を使っていましたが、横笛より楽なんでしょうか?

Photo_4 Photo_5

木場名には、桂之迫(かつらのさこ)、飯岳(いだけ)、高野、西中組、東中組、己ノ鍔(みのつば)、白仁田(しろにた)、下岳(しもたけ)、上岳の9つの地区があり、各々記念写真を撮っていたので、順不同で載せてみますが、人数の違いが分かりますね。一番下の写真は役員さん方です。

Photo_6 2_3

3_2 4_2

5 6

7 8

9 10

帰りがけ、福石公園の御旅所に寄ったら、かなりの水たまり。

2_4

神様も寂しそうで、奉納踊りを見たかったものだと思いました。

Photo_7

【付録】
昼食を食べる暇もなく、出演者のお弁当を見ていたら、一ついただきました。感謝いたします。右は、かの有名な「ひまわりテレビ」さんで、カメラマン、アナウンサーその他いろいろやっている、年齢不詳の美女さんです。


Dsc_0317 Photo_9




2017年10月14日 (土)

「今日は淋しく『週刊現代』」

Img_20171014_0001

昨日、「週刊現代」が並んで、今日は「ポスト」が来るかな、と思っていたら、なぜか並んでいませんでした。連休のせいか、選挙のせいかは知りませんが、「今日は淋しく『週刊現代』」

■「自民が54議席減 希望84議席 立憲民主党40議席」

分裂したり、あっちについたり、こっちについたりですが、問題は選挙の後ですね。
今日は前日選挙に行ってきました。なにせ、今回の選挙は面白く、投票しなくて結果を見るのは、馬券を買わないで競馬を見るのと一緒です。不謹慎ですが catface

■「北朝鮮の次のトップはあの金正男の長男 キム・ハンソル 22歳」

数年前からこの方は噂にはなっていましたが、「本人はイスラエルの『隠れ家』で、じっとその時を待っている。」そうです。

■「カズオ・イシグロのいとこが本誌に明かした『一雄くんのこと』」

「カズオ・イシグロ氏」は長崎市出身で、私は現在、島原半島に住んでいますが、カズオ氏の本全然並んでませんね。もっとも読むひまがありませんが・・・・

■「年利10%、20パーセントは当たり前 この投信で儲けた」

前に銀行から勧められ、少し投資信託をしていたら、ほんの少しばかり儲かっていました。
また、勧められ、今が買い時らしいのですが、選挙の行方もあるし、トランプさんと金ちゃんのこともあるし、成り行き不透明でどうしましょう。

■「希望の党の政権公約は実現化可能か」

希望の党が政権公約を発表しました「12のゼロ」だそうですが、

➀原発ゼロ ②隠ぺいゼロ ③企業団体献金ゼロ ④待機児童ゼロ ⑤受動喫煙ゼロ ⑥満員電車ゼロ ⑦ペット殺処分ゼロ ⑧フードロスゼロ ⑨ブラック企業ゼロ ⑩花粉症ゼロ ⑪移動困難者ゼロ ⑫電柱ゼロ だそうですが、覚えましたか。全日本亭主関白協会長曰く、「人間は3つ以上のことは覚えられない。」

⑫のゼロ、読んだらなんとなく、幼稚園のお約束みたいですね。隠ぺいゼロといっても、国政選挙の出馬については隠ぺいしてたじゃないですか。最後まで、様子をみて。もっともこの方、大臣をやっていた時、したことというと、「クールビズ」だけでしたから。

花粉症ゼロ、カンタンですね、スギやヒノキやその他植物を全部刈り取ればいい話で。満員電車はどうするのでしょう?全員会社に寝泊まりすれば簡単ですが。

■「4年前の記者過労死 NHK『今頃発表』の訳」

4年前の記者過労死が、4年経っての発表とは何でしょう。「NHKは自らの不祥事件を隠したまま、電通の過労自殺を報じていたことになる。」、と矛盾してますね、NHK。

■「正しい本の読み方」「橋本マナミ”全編〇れ場”の最新写真集」

本の広告ですが、1ページの上の段に、「正しい本の読み方」。下の段に、「橋本マナミ”全パ篇〇れ場」の宣伝。上と下を替わりばんこに読んだら、なんとなく可笑しくて・・・

■「続発する悪質な『保険料逃れ』相次ぐ機構の『業務ミス』での処分は26万円」

相変わらず年金問題はずさんなもので、支払うべきものを支払わなかったり、まだ、逆だったり。「この10月からは厚生保険年金の保険料が引き上げられ、給与の18・3パーセントが天引きされる。」、そうです。前にも書いたように、給料明細は良く見るように。

■「『わろてんか』のモデルたちホンマにおもしろい話」

本屋さんを見ると、最近、「吉本喜劇」の創設者の本が並んでいますが、NHK朝ドラの「わろてんか」の主人公のモデルだったんですね。どうりで、変だと思った。

■「その『しびれ』、大丈夫?」

しびれだけじゃないですね。おかしいと思ったらすぐにお医者さん(藪医者はダメ)に。どういう病気が潜んでいるか分かりません。

■「私、脱いでも良いですかー  壇蜜のすべて」

巻末の袋とじの付録です。が、なんとなく見飽きました。ただ、QRコードがあり、読み取り、書いてあるパスワードを入れると、數分間の動画が楽しめます。が、大事なところはちゃんと隠してありました。それでも、見たい方は、「週刊現代」を、お買い求めください。



2017年10月13日 (金)

白い卵!

Dsc_0205

最近、白い卵があるとかで、ネットで探して注文してみましたが、すぐにメールが来て、TVで放送があったために、品薄で、しかもニワトリさんが生む卵で、いつになるかわからない。

まあ、一週間もあれば来るかなと思っていたら、思ったより早く、昨日到着しました。

本当に白いのか一つ割ってみたら、一番上の写真。本当に真っ白。右は普通の卵です。2,3個割ってみると、微妙に色が違っているのがありました。個体差でしょう。

で、調べてみると、普通の卵はトウモロコシなどを食べさせると黄色になり、米などを食べさせると白になるそうです。

それなら、ほうれん草を食べさせるなら緑色、ニンジンを食べさせるなら赤色。ここで考えるに、いろんなものを食べさせ、「七色の幸せたまご」を作るなら儲かるかな、と考えていたら、昨日のNHKTVで、いろんな色の卵を作っている方が出演をしていて、少しばかり思い付きが遅すぎました。


Dsc_0172 Dsc_0207

ということで、さっそく卵料理を作ってみました。簡単な目玉焼き、少し黄色い色が付いていますが個体差でしょう。

Dsc_0234

オムレツですが、もっと、ふっくらできるのですが、カミサンがフライパンをいじめていて、卵がくっついて、思ったようにまとまりませんでした。
卵焼きは、まあまあかな?


Dsc_0222 Dsc_0225

卵料理で一番簡単な、「卵かけごはん」。む~、白いご飯に白い卵。やはり、なんとなくシックリしませんね。これだけは、はやり黄色の卵がよさそうな。

Dsc_0235

ところで、卵が30個ほどあって、カミサンが数日留守なので良いのですが、これ見たら怒るだろうな。という事で、誰か一緒に食べていただけませんか?もちろん、35歳以下の美女、スタイルが良く、会話が上手な方。に限りますが・・・・

忘れていました。お味ですね普通の卵より、少々もっちりしていて、結構なお味でした。ケーキなどを作ると面白いかもヨ gawk
 


2017年10月12日 (木)

「昭和の男」~半藤一利・阿川佐和子著

Img_20171012_0001_2


最近は敬語の安売りがあるみたいで、ネットを見ていると、「『~させていただく』って使っていいの?敬語の専門家に聞きました、元は身分的な違いがない相手向け?」っていうのがありまして、就活をされている方、ヘタな敬語を使うと面接官の心証を害しますから、チェックしてみてください。

阿川佐和子さんは皆さんご存知だと思いまが、結婚をされるとか。私、ファンで話を聞いたときは、涙を流したものでした。あとは有働由美子アナウンサーに縋りつくばかりですが・・・

半藤一利氏は、阿川弘之氏の担当編集者でもあったらしく、文藝春秋の編集長を務め、「夏目先生ぞな、もし」、「昭和史1926-1945」、「決定版、日本の一番長い日」等を書いています。

現在、「とんでもございません」という言葉が流行っているようですが、阿川佐和子さんが、電話で、「とんでもございません」と答えたところ、阿川弘之氏が飛んできて、「とんでもございませんという日本語はございません!」と言われたそうです。

半藤氏も、これを言われたらしく、「とんでもないことでございますなら言うけど、とんでもございませんなんていう日本語がどこにあるんですか!」と言われたそうです。

本の題は「昭和の男」になっていますが、半藤氏が選んだ人が。「鈴木貫太郎(元首相)」、「今村均(元陸軍大将)」、「松本清張(作家)」、「半藤末松(半藤一利氏の父)」。

阿川佐和子さんが選んだのが、「ウィリアム・メレ・ヴォーリズ(建設家)」、「植木等(歌手・俳優)」、「小倉昌夫(元ヤマト運輸会長)」、「阿川弘之(父)」。

「鈴木貫太郎氏」は慶應3年生まれ。、「ウィリアム・メレ・ヴォーリズ氏」は明治13年生まれ。「今村均氏」は明治19年生まれ。「植木等氏」は昭和元年生まれ。「松本清張氏」は明治42年生まれ。「小林昌男氏」は大正13年生まれ。「阿川弘之氏」は大正9年生まれ。
というこは、「植木等氏」以外は昭和生まれではありません。が、それぞれに活躍した時代が、「昭和」なので、「昭和の男」と題をつけたのでしょう。

さて、私は純戦後生まれですが、昭和生まれも、戦前、戦中、戦後生まれとあり、見ているとそれぞれ特徴があります。

五木寛之さんだったか野坂昭如さんだったか次のように述べていました、戦中派にも二通りあり、「引揚者」派と「焼け跡」派。

「引揚者」派はとにかく、追われて、遅れては命を取られますから、持っているものはすべて捨てていく。「焼け跡」派は、何でも良いから売るものを持ってないと飢え死にする。ですから、ガラクタでもなんでもため込んでおく。ここの所、五木寛之さん(引揚派)と野坂昭如さん(焼け跡派)の小説を読んでいただくと良くわかると思います。

この本を読むと、各自の信念を持った生き方が良く分かります。私のような純戦後生まれはダメですね。


    夜の芍薬男ばかりが衰えて  鈴木六林男


さて、平成の男はどうなるんでしょう・・・・・・・?


2017年10月10日 (火)

「栗原玉葉」~文化について考える(書き直し)


Img_20171009_0001_2


思ひ出は芋の畑にあぜみちにとんぼ追ひたる古里の秋  玉葉


と書き始め、2時間ほどで書き上げたと思ったら、又もやPCの原稿が吹っ飛んで、書き直す気もおこらず、今日、書き直します。

昨日、調べ物があって、絵葉書を1000枚ほど探していたら、上の絵葉書が出てきました。「栗原玉葉」の絵です。

「栗原玉葉」といっても、専門家の方か、地元の人しか知らないと思いますが、生まれは、雲仙市吾妻町(旧、南高来郡吾妻町)。実家は酒造業でしたが、近隣の家の火事の巻き添えを食い、苦労しながら学業を続け、クリスチャンになっています。

各展覧会で入賞しながら、大正三第七回文部省展覧会に出品した、「さすらひ」が入選して画才を知られるようになります。


門下生は「銀葉會」と名づけて八十名にも及び、多くの女流作家を生み出したそうです。なお、東京の女性作家の創作グループ、「月曜会」は玉葉が中心になって誕生したそうですが、当時の女流画家のほとんどが入会したそうです。

「京都の松園・東京の玉葉」と並び称されたそうですが、四十歳で夭折。もうし少し長生きすれば、もっと有名になっていたと思います。


帰郷した折、知り合いに絵を描いてあげたそうです(ロハかどうかは知りませんが・・・・)。
私の知り合いのお婆ちゃんが仲が良かったみたいで、玉葉の絵を一枚持っていましたが、話では、町内で何枚かあるという話です。

さて、千々石には釧雲泉(くしろうんせん)という放浪の画家がおり、千々石町がまだ町村合併前に、掛け軸、屏風などを買ったそうですが、今までに一回しかお披露目をしていません。

と、ここまでは良いのですが、2,3支所を建て替えるとき、内部に図書室を作るので、計画の懇談会があったので行ってみました。

現在、雲仙市には、常駐の管理人がいる資料館関係施設が、南串山町、小浜町、国見町の資料館(無い町もあります)で、あとは,、合併前に作った町レベルの資料館ばかりで、この間見てきたら展示品は、ここ十年ばかり前のものばかりでした。

本庁の隣のふれあい会館の一室に資料館(室?)を作る予定があるそうですが、「町レベル」にならないように願うばかりです。以前、資料館を見て歩いた人に聞くと、「どこも一緒、農機具ばかり」と言われたことがありましたが・・・・


さて、懇談会で、「栗原玉葉もいるし釧雲泉もいるし、少し展示するところを作る考えがないか」と質問すると、「ありません」。

「釧雲泉の作品を買っているはずだが、展示する予定は?」、「探しましたが、どこにあるか分かりませんでした」。

アナタ、何百万もするものが無くなったら警察ものですよ。で、次の日、こっそり別の人に聞いたら、「3階の倉庫にありますよ。」と。一体どうなっているのでしょう。もっとも、美術館みたいに、空調がしてある場所ではなく、十年近くそのままで、一体、中身はどうなっているのでしょう?


地方と言っても、探せば、文化に限らず優秀な人材がおり、それを探し、紹介していくのが地味ながら文化の発展、ひいては観光面の発達、発展につながっていくとは思うのです・・・島原半島は島原市、南島原市、雲仙市の3市から成り立っています。島原市、南島原市では、ジオパーク、世界遺産指定で必死になっていますが、雲仙市では・・・・・このままでは、雲仙市の文化はどうなっていくのでしょう・・・・・・?と書きながら、あれ?玉葉さんについては、以前書いた記憶が
あるな、と調べたたら以前書いていました。まあ、今回は視点が違うので、良いという事にして・・・ボケの始まりですね coldsweats02 とにかく、地方文化を大切にしましょう。


はりつめしわれなりしかな昨日まで夕も朝も夢みるひまも  玉葉


(参考文献・引用:「山田町史」「吾妻町史」)



2017年10月 9日 (月)

「栗原玉葉」~文化を考える

Img_20171009_0001_2

思ひ出は芋の畑にあぜみちにとんぼ追ひたる古里の秋  玉葉

と書き始め、やっと終わりだなと思ったら、またもや、全部飛んじゃいました。書き直す気も無くなり。またね。



2017年10月 7日 (土)

「聖書と歎異抄(たんにしょう」~五木寛之・本田哲郎著


Img_20171007_0002

宗教というと苦手なのですが、この本意外と面白く読めました。

「五木寛之」さんはご存知だと思いますが、休筆をし仏教を学び、「親鸞」を書き、最近は宗教、人の生き方に関する本を書いています。時々「五木ひろし」さんと間違う方がいるので、注意してください。

「本田哲郎」氏は、上智大学卒業後、フランシスコ会に入会、71年司祭叙階。上智大学大学院神学部修士課程の後、ヴァチカンのローマ教皇庁聖書研究所を卒業。
のち、釜ヶ崎で日雇い労働者に学びつつ、聖書の翻訳、研究、失業者の生活支援等などに努めています。

面白いのが、本田氏がバリバリの聖書学者にも関わらず、現在の聖書に疑惑をもっていることで、随所にそのことが見られます。

イエスの父親は普通、大工だと思っていますが、「(『新約聖書新共同訳』『マルコ福音書』6章3節)が、本来の言葉『テクトーン』、石切人の事です。」とあり、「大工」は、「ステータスでもあり、名士ですよ。」という事ですが、「石切」は「昔の映画を見ていますと、そこでは犯罪人とか囚人が石切をよくやってますね。」ということで、「大工」と「石切」ではイエスの父親に対するイメージが全然違ってくるわけです。

「心貧しい人々は、幸いである」という言葉はよく聞く言葉ですが、50~70人のそれぞれの分野の聖書学者と連携して訳をおこなったとき、ほとんどの学者が「マタイ福音書」の「心貧しい人々は、幸いである」というのは「原文とまったく違う事を日本語で表現している」と一致したそうです。

ところが、「聖書を出版するキリスト教サイドとしては、それはいじらないでほしい」と。理由は「辞書などにも、たとえば『心の貧しい人々は、幸いである』という例文が出ていたりして、もうすでに長い間、一般化されている・・・・・まして教会の中ではずっと言い続けて来た。その表現がもし多少でも変わってしまうと、聖書として受け入れがたくなる。・・・・」ですから、「もっとちゃんと原文に近い表現に直そうとしているにもかかわらず、できませんということになる。」という事になるそうです。

さて、この本は五木寛之氏の学識の広さが伺え、聖書まの知識も広く、親鸞とキリスト教の勉強をするのに、ピッタリの本かと思います。巻末には、五木寛之氏の「歎異抄」の現代語訳ものっています。

なお、話は少し変わりますが、江戸時代には全員どこかの寺に属していました。
これは、島原・天草の乱後、キリシタンを取り締まるため、キリシタンではないことを仏教寺院に請け負わるためで、「寺請制度」をいいます。

年に一度程度、各村を回り、「宗門御改帳(地方、時代によって多少の違いあり)」を作っています。下の写真です、宗派別に作っているのが分かります。右から「天台宗」、「禅宗」、「浄土宗」、「真言宗」になります。

Dsc_0134

もちろん、お調べのときは、下の図のように踏絵をしていたそうです。前にも書いたように、この時使った、筆代、墨代、食事代(場合によっては、朝から酒)、お土産まで村のお金で賄ったそうですから、現代の役人のほうがましだ、と言えます。

Img_20171007_0001

なお、「宗門改帳」には、各家の一人一人の名前も書いてあります。

下は、「禅宗定津院」の檀家、儀右衛門さん41歳の家族で、女房、子供が16歳、8歳、4歳。37歳の茂吉さんかと思いますが、多分、歳から見ると、儀右衛門さんの弟で、嫁さんを貰い遅れたものと思われます。母は63歳ですから、当時としては長生きかな。

女の子は「娘」、男の子は「子」とあり、女性の名は書いてありません。時代が分かります。

Dsc_0136_2

男4人、女3人の家族だという事が分かります。
かように、私たちは、昔は強制的にどこかの寺に所属をさせられたわけです。

キリスト教にしても、十字軍、魔女裁判、異端諮問。また、第2次大戦にしても、宗教界がどのような態度をとってきたか、今の各地に勃発するテロにどのような態度を取っているのか、また、寺の仕事は葬式と言われる中、もう一度、宗教の本質を考える時代になっていると思っているのですが。





«2017年10月5日 コスモス園二つばかり~「干拓地のコスモス畑」・「白木峰高原コスモス園」

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ